上がるか下がるかを予想することの無意味さ[月光為替]

さて、今日は「値動きの予想」に関して話していきたいと思います。

トレードは「上がるか下がるかを予想する」だけのゲームではないということをこの前話しましたが、同時に、「上がるか下がるかを予想」しなければなりません。

勿論、世の中には様々なトレード手法があり、価格スプレッドの収縮を狙ったものや、オプションを用いてボラティリティに賭けるものなど、直接方向に賭けはしないトレード手法もあります。

(ちなみに、方向に賭ける、つまり上か下かに賭けることを、オプション用語でデルタを取る、若しくはデルタに賭けるといったりします)

ですが、基本的にほとんどのトレーダーはデルタを取りに行っていますし、普通の個人FXトレーダーはデルタを取りに行く手法でトレードをなさっていると思うので、その前提で話を進めます。

私も勿論、毎日「上か下かを予想」しています。ですが、ほとんど当たりません。実際動画やメルマガを見られている方はお分かりだと思うのですが、ほとんど予想は外します。

でも、利益はしっかりと上げます。これは、一見矛盾しているようですが、矛盾していないのです。

「億万長者のアナリスト」なんていない

そもそも、上がるか下がるかを精度よく予想することは不可能です。いやいや、アナリストは予想が当たるからアナリストなんじゃないの? とお思いでしょう。

では、逆にお尋ねします。あなたは「億万長者のアナリスト」に遭遇したことはありますか? もしアナリストがかなりの精度で上か下かを常に当てることが出来るのであれば、フルレバレッジでトレードをすればいいだけのこと。

実際には「億万長者のアナリスト」なんていませんし、「アナリストの言うとおりにして儲けた億万長者」もいません。この事実が、上がるか下がるかを予想することの無意味さを物語っています。

そして、世の中のアナリスト集団は、とても頭のいい人ばかりです。そのような頭のいい人が、毎日朝6時から夜11時ごろまで働いて、調べに調べ、考えに考えて、出した予想が外れるのです。

では普通のトレーダーが、トレードのかたわら少し調べただけで、そのアナリスト集団より良い予想が出来るというのでしょうか? 頭がさらに良ければできるのでしょうか? いやいや、真実はこうです。

「アナリストも、トレーダーも、予想を外しまくっている」

でも、トレーダーは儲けなければなりません。予想は外れても儲ける、その一見矛盾したことを次回もう少し詳しく話していきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]