期待値と値幅の罠に嵌るな[月光為替]

さて、前回で期待値というものについて詳しくお話しさせて頂きました。今回は、前回の続きで、期待値と値幅の罠について、お話しさせて頂ければと思います。

前回のように勝率が分かっている場合を考えましょう。簡単に期待値を挙げるなら、例えば勝率60%だとして、今まで勝ったとき3000円、負けたとき5000円だったとしましょう。

これなら、期待値は-200円で、トータルでは負けてしまいます。なら、勝ったとき4000円にすれば、期待値400円なので、トータルで勝てるのではないかと。 ですが、こう上手くは世の中ならないのです。

実は、勝ったとき4000円にすれば、勝率が変わってしまいます。

期待値でいくと手数料分負けるのが常

マーケットとは厳しいもので、ほぼほぼどの時点でも、上に行く確率と下に行く確率が50%なのです。これは、等距離だと50%なのですが、距離が変わるとそれに合わせて勿論確率が変動します。

大体どうしたって、期待値でいくと手数料分負けるように、確率がうまく操作されている、それがマーケットの世界なのです。

これを難しく言うと効率的市場仮説、と呼んだりしますが、ここではそれを覚える必要はありません。大切なのは、勝つ時と負ける時の値幅を操作すれば一見簡単にトータルでプラスに持っていけそうなのですが、その時は勝率が微妙に変わって、結局なかなか勝てないということなのです。

勝っている人は皆、確率的優位性を持っている

なので、マーケットで勝っていくためには、エッジと呼ばれる、確率的優位性がなければなりません。

確率的優位性とは、本来であればトータルでは必ずマイナスになるようにできている、この確率と期待値の法則を破って、トータルプラスになる収益機会を与えてくれる優位性のことです。

この優位性は、勿論勝っているトレーダーごとに違ったものをもっています。ですが、勝っている人は必ず皆、この優位性を持ってトレードに臨んでいるのです。

優位性を持つために選ぶ手段は何でも構いません。テクニカルでもいいし、ファンダメンタルズでもいいし、クォンツでもいい。でも、前の罠の部分でお話ししましたが、色々な情報を取捨選択して、自分だけの優位性をしっかり確立する必要があります。

それが出来ると、マーケットはとたんに収益性のある魅力ある場所へと変化するのです。今の時代、情報が溢れていますので、あなた次第で必ず優位性を手に入れることができるはずです。

では、次回から、第3の罠である、「一貫性のある手法確立への障害」をお話ししていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]