期待値と値幅の罠に嵌るな[月光為替]

さて、前回で期待値というものについて詳しくお話しさせて頂きました。今回は、前回の続きで、期待値と値幅の罠について、お話しさせて頂ければと思います。

前回のように勝率が分かっている場合を考えましょう。簡単に期待値を挙げるなら、例えば勝率60%だとして、今まで勝ったとき3000円、負けたとき5000円だったとしましょう。

これなら、期待値は-200円で、トータルでは負けてしまいます。なら、勝ったとき4000円にすれば、期待値400円なので、トータルで勝てるのではないかと。 ですが、こう上手くは世の中ならないのです。

実は、勝ったとき4000円にすれば、勝率が変わってしまいます。

期待値でいくと手数料分負けるのが常

マーケットとは厳しいもので、ほぼほぼどの時点でも、上に行く確率と下に行く確率が50%なのです。これは、等距離だと50%なのですが、距離が変わるとそれに合わせて勿論確率が変動します。

大体どうしたって、期待値でいくと手数料分負けるように、確率がうまく操作されている、それがマーケットの世界なのです。

これを難しく言うと効率的市場仮説、と呼んだりしますが、ここではそれを覚える必要はありません。大切なのは、勝つ時と負ける時の値幅を操作すれば一見簡単にトータルでプラスに持っていけそうなのですが、その時は勝率が微妙に変わって、結局なかなか勝てないということなのです。

勝っている人は皆、確率的優位性を持っている

なので、マーケットで勝っていくためには、エッジと呼ばれる、確率的優位性がなければなりません。

確率的優位性とは、本来であればトータルでは必ずマイナスになるようにできている、この確率と期待値の法則を破って、トータルプラスになる収益機会を与えてくれる優位性のことです。

この優位性は、勿論勝っているトレーダーごとに違ったものをもっています。ですが、勝っている人は必ず皆、この優位性を持ってトレードに臨んでいるのです。

優位性を持つために選ぶ手段は何でも構いません。テクニカルでもいいし、ファンダメンタルズでもいいし、クォンツでもいい。でも、前の罠の部分でお話ししましたが、色々な情報を取捨選択して、自分だけの優位性をしっかり確立する必要があります。

それが出来ると、マーケットはとたんに収益性のある魅力ある場所へと変化するのです。今の時代、情報が溢れていますので、あなた次第で必ず優位性を手に入れることができるはずです。

では、次回から、第3の罠である、「一貫性のある手法確立への障害」をお話ししていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]