感情に任せた「ルール破り」は負けて当然[月光為替]

では、一貫性のある手法確立において、もう一つの大きな障害である、「ルール破り」についてお話していきます。

なぜ人は自分が決めたルールを守れないのか

基本的にトレードは、最初のうちは自分で期待値がプラスであると考える売買ルールにのっとって、余計なことはせずにトレードを続けていくべきです。

勿論、上級者を目指していく過程では、どこかで裁量を増やして行かなければならないのですが、まずは機械的にというのも変ですが、一貫したトレードルールを構築していかなければなりません。

ですが、それをしたくても、出来なくなってしまうのが人間の性で、やはり値動きによって「ルール破り」をしたくなってしまうものなのです。

自分のルールとは違うけど、雇用統計で勢いよく伸びているから、とびつきたい!

ルール的にはまだエントリーサインはでていないけど、すこしでもリスクリワードを上げたいから早めにここでエントリーしたい!

この勢いだと、ちょっと逆張りエントリーが怖いから、様子見してみる…

などなど、ルールを破る行為というのは様々です。

人間というのは、「もしここでこうしておけば…」という後悔と、「あぁ、余計なことをしなければよかった…」という後悔では、前者の方が精神的にその後残ってしまうものなのです。

なので、その時々の自分の感情に身を任せてルールを破ってしまう。

やっていい「ルール破り」もある

私は、全てのルール破りについて勿論否定はしません。ルールを破らなければ、進歩もないし、改善もないので必ず負けていってしまいます。

ですが、そうした検証改善と、感情的なルール破りというのは、似ているようで全く違うものです。

この前の連敗の話もそうですが、例えば3連敗して、「あぁ、もうやだ、やっぱり無理だ。ほかの手法にしよう」と感情的に考えるのは、ルール破りの一種であり、これでは改善につながりません。

「今までの統計上、3連敗のあとは次に勝つ確率が80%、負ける確率が20%だ。そして、統計上5連敗をしたことはない。なら、逆にあと2回分、今までよりポジション量を増やしてみるのもありか? 勿論6連敗する可能性もあるから、無理に増やさず、最適なポジション量を計算してみよう」となると、これは一見ルール破りではありますが、次の改善のためへの検証と考えることができます。

次回は最後に、ただの感情からの「ルール破り」を、更に期待値を上げていく「ルール改善」へ変えていくにはどうすればいいのかを、説明していきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase