私がFXに費やす時間 日常生活を壊さないことがモットー[香澄ケイト]

大きなストレスは抱えたくない

私は兼業トレーダーですので、FXを中心に毎日を過ごしているわけではありません。また、私のトレードの基本姿勢は「日常生活に大きな影響を及ぼさない」こと。投資ですから、それは多少のストレスはあってしかるべきですが、大きなストレスを抱え込むのはイヤ。それによって睡眠不足になったり、不快な気分で毎日を過ごしたりするなんてまっぴらごめんです。

相場は毎日見ていますが、毎日トレードするわけではなく、時間がなければやらないし、気が向かなければやらないし、難解な相場であればなおのことやりません。「相場はまた明日も明後日もあるよね」という楽な気持ちの方が自分にプレッシャーを掛けずに済み、またストレスも溜まりにくいのです。もう一つ、“ほ〜ら、やっていたら利益が取れたじゃん”と思わないで、損しなくて良かったと思う気持ちがあればイラつきもしません。

3大時間帯で区切る 

ですから、相場をチェックしたりトレードしたりする時間は、他の人と比べて少ないのかもしれません。私がFXに費やす時間帯は、おおよそ以下のような感じです。

東京時間

・1週間の主要指標の発表スケジュールを確認

・自分が見ている通貨ペアの前日の高値と安値をチェック

・朝7〜8時から相場をチラ見しているが、東京株式市場がオープンするまでトレードはしない

ロンドン時間

・日本時間の18時ごろ(冬時間)に、PCの前にスタンバイ(英国経済指標が発表される少し前)

・日中にポンドのポジションを取ることはほとんどなく、動きが活発になりトレンドが出る(ポンドは順張り通貨)ロンドンタイムから参入

ニューヨーク時間

・この時間帯は、保有ポジションの手仕舞いやトレードノートをつけたりする。ただし、米雇用統計のような最も注目度の高いイベントのときはトレードする場合がある

【関連記事】
基本編6|24時間トレードが可能なFX!3つの取引スタイルから選ぼう
五十日の仲値狙い!東京時間を狙ったFXトレード手法[香澄ケイト]
東京・ロンドン・ニューヨーク|三大マーケットの気質[水上紀行]
FXがもっとも盛り上がる時間帯、ニューヨーク市場の攻略法[不動修太郎]

FXに費やす時間はそれほど多くはない 

トータルすると、FXに費やす時間は1日の内、多くても、2〜3時間、時間がない場合は相場のチェックを朝晩ちょこっとするくらいです。むしろあまり相場を気にしないように、PCを立ち上げないようにしています。私はスマホでもトレードしないし、だらだらと相場を見ないように心がけています。見ているとついついポジションを取りたくなるからです。このようにして取ったポジションで良い結果となったことはほとんどありません。

相場には、「売るべし、買うべし、休むべし」という格言があるくらいですから、トレードをする上で休むことも大切な要素です。以前、取材した大手銀行の為替ディーラーだった方からお聞きした話ですが、その銀行では「ペナルティ・ボックス」というものがあり、大きな損失を出したディーラーはその部屋で週刊誌を読むなど相場以外のことをして過ごしていたそうです。プロのディーラーでも、こうして一時相場から退いて調子を整えるのです。

メリハリをつけそのときを待つ 

私はFXをスタートして14年と年数だけは比較的長いですが、2〜3回続けて負けたりした場合は2週間近くトレードしないことだってあります。冷静になるようにするんです。でもトレードはしていなくても相場は見るようにして、トレードしない間でもここから上がるのか下がるのかというシナリオは描くようにしています。

それが当たるようになってきたら、またトレードし始めるといった具合です。このやり方も以前、銀行ディーラーだった方に教えてもらいました。休むというよりも、調子を整えつつ、またチャンス到来を待つという感じですね。

為替市場は、トレンドが発生してそれが終了すると、次はレンジ相場入りし、どこかでそのレンジをブレイクしてまたトレンド相場になる、という繰り返しで動いています。レンジはいずれ破られますので、レンジ相場が苦手であれば、ブレイクしてはっきりしたトレンドを確認できるまで待つのも方法だと思います。何も無理して苦手な相場付きで勝負することもないでしょう。「果報は寝て待てならぬ、果報は(作戦を)練って待て」で行きましょう!

FXでは“下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”方式は全く通用しません。むしろ、無駄玉(ポジション過多)を撃たないようにして、自分がここだ!と思ったときに出動できるようにメンタル・体力そして資金力を蓄えつつ「待つことが大事」だと思います。

※この記事は、FX攻略.com2018年3月号の記事を転載・再編集したものです

香澄ケイトの写真

香澄ケイト(かすみ・けいと)

為替ジャーナリスト。米国カリフォルニア州の大学に留学後、バヌアツ、バーレーン、ロンドンでの仕事を経て、帰国。外資系証券会社で日本株/アジア株の金融法人向け営業、英国系投資顧問会社でオルタナティブ投資の金融法人向けマーケティングに従事する。退職後、株の世界から一転してFXに関する活動を開始し、為替情報サイト、マネー雑誌などの執筆、ラジオ番組への出演およびセミナー等の講師を務める。著書に『あなたのお金を10倍にする外貨投資術』(フォレスト出版)、『今すぐ始めるFX5人の投資家が明かす勝利のルール』(すばる舎)がある。

FX力を鍛える有名人コラム | 香澄ケイトの最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]