金融を知らない主婦がFXで勝てるようになった勉強法[ケッティー]

私がFXに興味をもち始めたときに書店に足を運んで、初心者向けのFX本を手にしたのがキッカケです。ですが、読んでも何が何だかわからない状態でしたので、最後まで読んではみたものの、そのまま数カ月前に進まない状態です。

そして、2つのトレード塾に入りました。そのうちのひとつはまったく私には合わないもので、理解しがたいロジックでしたので、情報はあるものの、何も活用することはなく、もうひとつの塾で、オンラインではなく、オフラインでトレード仲間ができ、トレード仲間や先輩と一緒に勉強会を開き、トレードをするうえでのイロハや特定のロジックを決めて過去検証の方法などを学ぶ機会を得ることができました。

しかしながら、自分の勝ちパターンをつくることはできずに、そのまま情報商材を買う日々が続き、ひとつ買ってやってはみるものの、ものにできずに、また次の商材に目を向けることの繰り返しをしておりました。また、誰か目標となるトレーダー、直接トレードに関する疑問をぶつけられる師匠が欲しくて、金融業界で働いた経験のある方に教えを乞いました。

結果的には、その方は全然勝ててなくて、反面教師にする部分が多かったですが、別の信頼できるトレーダーさんの教材から学び取り、独学で自分のトレードスタイルを構築していきました。

まったく金融とは縁のない世界で過ごしてきた私は、FXトレーダーを目指す多くの一般投資家の皆さんと同じ問題でつまづき、同じ悩みを抱えながら勉強をしてきました。今回はこのような経験から、できるだけ早く結果を出すために、私が大切だと感じた秘訣をお伝えしたいと思います。

秘訣その1~まずはパソコンに強くなること!!

今、このコラムを読んでいる自分自身に問いかけてみてください。あなたはパソコンでたいていの操作は問題なくできますか? 例えば、インターネットで検索して欲しい情報を調べることは難なくできますか? 新しいソフトをダウンロードしたら、解説を読まなくてもちょっと動かせばだいたいの機能は把握できますか? 文字を打つのは、スマホよりキーボードの方が早いですか?

トレードをする上で、パソコン操作は避けて通れません。パソコンを使えば、現代ではできないことはほとんどありません。いろんなことがパソコン1台で解決できます。匂いを嗅ぐことはできませんが(笑)。いかにパソコン操作にストレスを感じずに自分のやりたいことをできるかどうかでトレードが上達するかが変わってきます。

ただ、自分はパソコンが苦手だからといって、町のパソコン教室にワードやエクセルの操作の仕方を習いに行くのは方向性が違います。決して役には立たないわけではありませんが、必要なスキルはマニュアルを読みながら、インターネット上からソフトをダウンロードして、使いこなせるようになることやトレード日誌を作るうえで、デスクトップをキャプチャして編集したりする能力です。できるだけトレード日誌を作成するのに時間を掛けず分かりやすく作れるかで、毎日の作業負担が軽減されます。

その他にSNSを使いこなし、スマホも使いこなせるほうがトレードの勉強はとても有利になると思います。私はすきま時間で勉強をしていたので、教材の動画などはスマホで子供を寝かせながらよく見ていました。スマホで動画を見るためにはアプリをダウンロードしなければならなかったりもしますので、こういったことを自分でできるスキルがあればどんどん勉強ははかどります。

トレーダーの相棒はまさにパソコンになりますので、うまく使いこなせるようになるということは有能な相棒がいつもあなたを助けてくれるということです。

秘訣その2~腑に落とすまでの検証作業

手法探しの旅に出るのは大いに結構ですが、どこかで早くトレードで勝つには手法ではないという答えに行きつくことをお勧めします。これは初心者だったころの時に私は先輩から言われていました。ですが、その時思ったことは、『そりゃそうかもしれないけど、それでも絶対勝てる手法があるはずだ!』と心の中では思っておりました(笑)。

手法だけで勝つことはできないとわかるには、ある程度自分に合って納得できる手法に出会わなければなりません。そして、その大前提には相場の流れを読む力(環境認識力)も必要になります。相場環境認識力と手法を合致させてこそ、検証作業は進み、腑に落とすまで行き着けることになるので、ここにできる限り早く気づくことが大切です。

また、検証作業をする時におススメなのでフォレックステスター2というソフトです。過去の値動きを自由に動かしながら売買をしていくので、本当にトレードをしているように練習ができます。MT4でさかのぼってローソク足を1本1本動かしても限界があります。複数の時間足を同時に動かすことができないので、相場環境認識を高める練習にはあまり効果を発揮しません。

そしてFT2に似た安価なソフトもありますが、トレードをした成績(勝率やPF,最大利益、最大損失など)を自動で計算してくれないものもありますので、注意したいところです。安価なものを購入して、結局パフォーマンスの計算に時間を費やしてしまうのであれば、最初からよりよいソフトで練習した方が時間短縮と技術を磨くことに専念できるので、決して高い買い物にならないはずです。

秘訣その3~基準は自分自身に合うかどうかで判断する!

私のトレードスタイルはノートパソコン1台でトレードをします。何面もモニターがあり立派な椅子があるような、ザ・トレードルームというような部屋にこもってトレードをしていません。このスタイルに落ち着くまでには試行錯誤がありました。

勉強を始めた頃は、モニターを数台おいて、自分なりにトレード環境を整えました。しかし、主婦の私には椅子に座ってゆっくりパソコンだけを眺めている時間なんてありません。そこで、モニターは撤去し一番大きい画面のノートパソコンをキッチン横において、家事をしながら立ってチャートを見るように変えました。またトレード時間も決めずにトレードをするのが私のスタイルです。

市場の変わり目やそれぞれの市場時間の癖は押さえますが、自分が立てたシナリオのエントリーポイントに来たら、昼間であろうと夜中であろうと、その瞬間に自分がチャートを見ていたらエントリーをします。トレードスタイルのみならず、チャートに表示させるインディケーターもしかりです。

インディケーターは、自分がトレードをする上でエントリーや損切、利確をする際に根拠を見出すために表示させます。ですので、これも自分が基準です。新しいインディケーターを表示させてポジションをどうするかの判断が良くなったり明確になったと感じるならばそのインディケーターと相性が良いと言う事になりますが、逆に分かりづらくなったり迷うだけだと感じるのであれば、そのインディケーターは表示しない方が良いでしょう。

以上のように、自分の生活と性格を優先して自分のトレードスタイルを確立しています。他の人からこうしたらいいよとアドバイスを受けても、それが自分の日々の生活には合わないスタイルであれば、結局長続きしません。

トレードスタイルに自分が合わせるのではなく、自分の生活に合ったトレードスタイルを構築していくことがトレードを継続して続けていく上で大切な要素になります。

秘訣その4~勝っているトレーダーと縁を持つ!

当たり前のことですが、自分がトレードで成果を出したいと思うのであれば、身近に勝ってるトレーダーと繋がりを持つことです。

勝ってるトレーダーがどのような思考回路をしているか、日々の相場の着眼点などを実際に聞けることはとても刺激になります。私は勉強を始めた早い段階で兼業トレーダーとして10年以上投資をしている先輩に直接いろんな質問ができるようになりました。これはとても有難いことでした。

書籍や動画などから得る情報もとても大切ですが、素朴な疑問を解決し、トレーダーに必要な知識や能力はどういうもので、何が自分には足りないかを明確にしていくことは勝てるようになるための近道に他なりません。

秘訣その5~トレーダーとしてのマインドセットの重要性

トレーダーとして成功するためにはメンタルが強くないといけないとよく言われます。感情に流されず、一つ一つのトレードに一喜一憂していては一定の利益を出し続けることは大変です。メンタル強化とマインドセットははっきりと区別することは難しいですが、意味合いは少し異なります。今回お伝えしたいのはメンタル強化ではなくマインドセットです。

トレードの勉強をしていく上で何より大切なのは、このマインドセットだと私は思います。マインドセットができている人はテクニカルの知識と経験を積めば勉強期間は短くても勝てるトレーダーになる可能性が十分にあります。

しかし、このマインドセットができていない人は、どんなにテクニカルレベルの知識と経験を積んでも結果を出すのに時間がかかります。多くのトレーダーを見てきてそう感じます。

私はトレードを始める以前は、お金を稼ぐことは苦労して苦労した結果やっと手に入るものだと思っていました。また、ビジネスで成功するには自分の意見より他人の意見を尊重し、我慢することがとても大切だと思って生きてきました。

ところが、こういった考え方をしている限りトレードで利益を出すことは無理なのではないかとふと気づいた瞬間がありました。思考は現実化するという有名な書籍がある通り、やはり人間は想い通りの人生を歩みます。そこで、私はトレードで勝てるようになるにはやらなければならない事は沢山あるが、決して難しいものではないと思うようにしました。

また、トレードで沢山利益が出ることは苦労をして手に入れるのではなく、自分が心地よいと感じることを追求した先に手にはいると信じて、がむしゃらに勉強をしました。

全ての答えは自分の中にあります。ポジションを持つ瞬間、一瞬でも迷いがあればそれはやめるべきです。あ~今が利食い時だと最初に思った瞬間が実は一番良い利確になることも良くあります。ですから、勉強をしている最中も同じです。自分が理由はなくてもこれだ!と思うものがあればどんどん取り入れ、そして削ぎ落としていく作業が大切です。

そしてトレードをすることに後ろめたさは一切持ってはいけません。トレードは自分の生活を豊かにし、自分も周囲の人間も幸せにする素晴らしいものだと信じ切ることが大切です。

ケッティーの写真

ケッティー(けってぃー)

ごく浅のストップロスで大きく利を伸ばす天底トレードが特徴の主婦トレーダー。子育て中のため、『ながらトレード』を日々実践、研究中。常識にとらわれないトレードがモットー。見た目は大原櫻子、口を開けば上沼恵美子張りの軽快なトークで、日本一笑いあり涙ありの実践に役立つセミナーを全国で開催中。

公式サイト:双子子育て主婦ケッティーのFX

twitter:https://twitter.com/FXketty