ディーラーによる今週のドル円「年明けの急落!なんと104円台!」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「年明けの急落!なんと104円台!」

先週を一言で表すと「年明けの急落!なんと104円台!」です。

12月31日(月)に110.313円でスタートしたドル円。
大晦日ということで商いが薄いマーケットでしたが、下落。
2018年の最後に110円を割りました。

1月1日はお休みで1月2日(水)からの年明けも下落。
安値108.709円と、とうとう108円台まで下落。

そして、3日(木)。
この日はパニック相場となりました。
商いが薄いマーケットを狙って仕掛け売りともとれる動きをし、一気に105円割れ。
なんと安値104.837円をつける大混乱のマーケットとなりました。

4日(金)には反発し、108.497円で週末クローズしました。

年末年始、かなりハードな動きになりましたね。
ビックリされた方も多かったと思います。

ドル円、今週の見通し

RSIをプロットしてみましょう。

RSIとは株価の「売られすぎ」、「買われすぎ」を見る指標です。
上昇した日の上げ幅の合計と下落した日の下げ幅の合計とを比較し、相対的な相場の強弱を測るもので「相対力指数(=Relative Strength Index)」といわれるものです。

今回のパラメーターは9です。

年末に入り、「売られすぎライン」である30%を2回割っています。
いかに年末の混乱が凄まじい売られ方をしているのかがここからわかります。

現在の水準、テクニカル上は「売られすぎ」です。
104円台はいわずもがな、108円台でもロングのコストとしては良いと考えます。

スイングトレードの戦略としては、「108円台でロング」を個人的には推奨します。
その場合、108円を損切りラインの目安にするといいでしょう。

マーケットは大きく荒れています。
変動が大きいということは大きな利益を得られるチャンスでもあります。

いつも以上にリスク管理をしっかりしてトレードして下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶ・ゆうた)

慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。その後会社を退職し、独立。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。