ディーラーによる今週のドル円「反発!今週はMAラインに注目!!」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「しっかり反発」

先週を一言で表すと「しっかり反発」です。

週明けの25日(月)に109.986円でスタートしたドル円。
この日は大きな動きなし。

しかし翌26日(火)にはすぐに110円台へ回復すると、110.68円までしっかり上昇。
その後、28日(木)に110円ちょうどまで下げる場面もあったものの、29日(金)には110.815円と高値圏でクローズ。

1週間を通してみると、先々週の110円割れの下落からしっかり反発した週となりました。

ドル円、今週の見通し

前回と同じく、ボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。
パラメータ(設定値)は±2シグマ(黄線)、±3シグマ(緑線)です。

前回、110円台に回復すればしっかり反発すると指摘したように、1週間を通して反発しています。
そして、利食いの目安の一つであるMAライン(白線)にほぼタッチしそうな勢いです。

このままMAラインを超えてしっかり上昇すれば次のターゲットは+2シグマのラインです。
ただ、MAラインが下向きなので、レジスタンスとして超えられずこのポイントで下げる展開も十分考えられます。

いずれにせよ、MAライン上での動きが「カギ」となります。
戦略は2つです。

①超えれば、ロング(買い)
②超えられず、反落すればショート(売り)

トレードが少しむずかしいマーケットなので、リスク管理には十分注意して下さい。

では、今週もがんばりましょう。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶ・ゆうた)

慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。その後会社を退職し、独立。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。