超初級MT4講座|第2回 豊富なテクニカルを使う準備をしよう[鹿内武蔵]

FXのトレードを勉強していると、必ず「MT4」という単語に出くわすはず。また、雑誌やWEBで見かけるチャートの多くは、MT4のものです。この企画は、これから始める人のための、チャート分析を通じて無理なく覚えるMT4入門です。

※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです

前回までのまとめ

  1. MT4はロシア製の無料チャートソフトで、2004年から提供を開始。
  2. MT4は多機能で、チャート分析、自動売買、バックテスト、裁量トレードができる。
  3. 裁量トレーダーがMT4でチャート分析をするメリットは大きい。
  4. 日本国内でMT4を取り扱っているのは、2017年4月時点で8社。
  5. 海外にはMT4を取り扱っているFX会社が多数あるが、日本国内での免許を持たず、金融庁の管轄外のため、トラブル発生時にどこにも相談できない。

 

超初級MT4講座|第1回 チャート分析はMT4が一番!な理由[鹿内武蔵]  

初期状態からテクニカル分析を表示する方法

MT4の導入はもうお済みですか? 今回は、MT4でできる多彩なチャート分析と、初期状態からテクニカル分析を表示するまでの流れを解説します。

MT4は最初から51種類のテクニカル分析が搭載されています。これは個人投資家が使えるチャートソフトの中でもかなり多い部類に入り、多くのプロトレーダーの取引環境が、MT4だけで構築可能です。

また、カスタムインジケーターの存在が、MT4によるチャート分析の幅をさらに広げます。

MT4では、世界中の有志が開発したオリジナルのインジケーターが多数公開されています。有料のものもありますが、無料でも十分に効果的なものがたくさんあるので、検索エンジンで関連キーワードを検索してみてください。

とはいえ、初めてMT4を起動したときは、誰でも戸惑うもの。まずは全てのウィンドウを閉じてから、落ち着いてチャートを開いてみましょう。慣れてきたら、様々なテクニカルを表示してみてください。

様々なテクニカルが自由自在に使えるMT4

最初から51種類のインジケーターを使用可能

インストール直後のMT4(YJFX!を使用)で、51種類のインジケーターが標準搭載されています。移動平均線のようなメジャーなものから、マイナーなものまで豊富に揃っており、多彩な分析が行えます。上のチャートはP22で解説している為替鬼さんの分析画面。マイナーな部類に入るエンベロープもMT4では標準搭載なので、特になにもせずとも、プロの環境を再構築できます。 

追加インジケーターが世界中で開発

上の画像は「mt4 インジケーター 無料」とGoogleで検索したもの。MT4の追加インジケーターは世界中で開発・公開されており、無料なのに使いやすいものも少なくありません。こういった追加のインジケーター(カスタムインジケーター)を使うことで、より幅の広いチャート設定が可能となります。また、プログラムの知識がある程度あれば、自分だけのインジケーター開発も可能です。

カスタムインジケーターとは?

後から追加したインジケーターは、このカスタム欄に並びます。無料でも、有用なものはたくさんあります。

チャートを出して移動平均線を表示するまでの流れ

1.最初に開いている余計なウィンドウを全て閉じる

インストール直後のMT4はこの画面

MT4を初めて起動すると、上のような画面が表示されます。あらかじめ4種類のチャートと、気配値、ナビゲーター、ターミナルが開いていますが、まぎらわしいのでまずは一度全部の窓を閉じてしまいましょう。全ての×ボタンを押してください。

最終的には複数のチャートやウィンドウを表示して使用することになりますが、最初は1枚のチャートを画面一杯に表示して操作に慣れていきましょう。

2.好きな通貨ペアのチャートを開く

まっさらになったところで、チャートを開いていきましょう。緑色のプラスボタンを押すと、通貨ペアのリストが現れるので、好きなものをクリックしてください。その通貨ペアのチャートが開きます。

通貨ペアの表示数を増やす方法

MT4は初期状態では全ての通貨ペアが表示されていません。「表示」→「気配値表示」→開いた画面を右クリックして「すべて表示」とすることで、そのFX会社で取り扱う全ての通貨ペアが開けるようになります。

3.チャートを見慣れたローソク足に変更する

MT4でチャートを開くと、最初はバーチャートになっています。ローソク足のアイコンをクリックすることで、見慣れたローソク足になります。さらにチャートを拡大することで、チャートが見やすくなります。

4.チャートに移動平均線を表示してみる

移動平均線を表示しようとすると、上のような設定画面が現れ、期間(移動平均を取る期間)、種類(SMAやEMAなど)、線の形(破線や太さ)、色を決めることができます。デザインが洗練されているのもMT4の特徴で、132色の中から線の色を決めることができます。

※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです

MT4でチャート分析ができる主な国内FX会社一覧

MT4を提供している日本のFX会社を8社紹介します。海外のFX会社でもMT4は使えますが、トラブル発生時に頼れる機関がないため、よほどの自信か事情がなければ国内FX会社をお勧めします。

自分にとって最も使い勝手のよいMT4口座を見つけるには、全ての口座を開設してみて使い比べることが一番の近道ですが、一気に口座開設手続きするというのもなかなか骨が折れる作業ですよね。なのでまずはここで取り上げている「MT4を提供している日本のFX会社」の中からどこか一社を選んでMT4口座を開き、MT4に触れるところからスタートしてみてはいかがでしょうか?

FXトレード・フィナンシャル[限定タイアップキャンペーン中!]

裁量トレード・自動売買ともに対応した「FXTF MT4」、話題のバイナリーオプション「バイトレ」と、さまざまなニーズに対応した取引サービスを提供しています。取引ツールで注目なのが、ダウンロードなしでMT4を利用できる「FXTF MT4ウェブトレーダー」。

Macにも対応しており、MT4をストレスなく使いたいMacユーザーなら口座開設しない手はない。また、投資サポートツールとして、過去の値動きから未来の値動きを予測する「FXTF未来チャート」も無料で提供。初心者から上級者まで満足できる高レベルの取引環境が整っています。

<FXトレード・フィナンシャル × FX攻略.com限定タイアップ>
当サイト限定!当ページ経由で期間内に新規口座開設&諸条件を満たすと、FX攻略.com作成『5人のプロが教える即戦力テクニカル手法(PDF)』をプレゼント! 5人のプロが伝授する手法の詳細は、上のバナー画像をクリックすると移動するタイアップページ(公式ページ)にてご確認いただけます。

アヴァトレード

アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設

海外から本格参入したアヴァトレード・ジャパンは、国際的に展開しているAVATRADEグループに属するFX会社。外資系の企業ではあるものの、日本語のサポートが充実しており、初心者も安心して利用できます。高性能な分析チャートソフト「メタトレーダー4(MT4)」だけでなく、自由度の高い自動売買が可能な「ミラートレーダー」など、秀逸な取引プラットフォームを活用できる点が最大の魅力。また、1000通貨単位の少額取引から1千万通貨を超える大口取引まで、幅広い顧客層に対応しています。

EZインベスト証券

EZインベスト証券

2016年から日本でサービスを開始した新興FX会社ながら、投資家一人ひとりに寄り添うサポート体制と、スキャルピングからスイングトレード、自動売買にまで対応した取引システムで急速にユーザーを増やしているEZインベスト証券。

「EZ MT4」は約定スピード・約定力に定評あり。NDD(ノンディーリングデスク)方式を採用しており、透明性の高い公正な価格で取引が可能です。専門スタッフによる電話やメールでのサポートにとどまらず、対面相談も行なうなどサポート体制も充実。

OANDA JAPAN

OANDA Japanは、世界で初めてインターネットで為替レート情報の提供を開始するなど、為替業界でに長い歴史を持つOANDAのグループ企業。裁量取引メインの人にお勧めの「ベーシック」、MT4による自動売買をする人にお勧めの「プロ」という2つのコースがあり、MT4は世界最狭水準の低スプレッドを実現しています(OANDA調べ)。

投資コンテンツでは「OANDAFXラボ」が人気。本番口座所有者に対して、為替レート情報配信の老舗ならではの詳細なマーケット情報や、MT4のインジケーター・EAを提供しています。

外為ファイネスト

外為ファイネスト 口座開設

世界中で金融事業をグローバル展開しているHantec Groupに属する外為ファイネスト。「MT4 ZERO」のコースでは、最狭水準のスプレッド、1000通貨単位から取引が可能。EAを使用したシステムトレードができるだけでなく、バックテストによるEAの検証ができるのが「MT4 ZERO」の強み。

FOREX.com

FOREX.com 口座開設

世界180カ国で14万人以上のトレーダーに利用されているグローバルなFX会社、それがFOREX.com。透明性の高い価格配信、システムの安定性、約定力の高さなど高品質なサービスが魅力です。盤石の顧客サポート体制で5年連続「MT4顧客満足度1位(2016年12月 Klug調べ)」を獲得。2009年からMT4を提供しており「MT4の老舗」として有名です。

楽天証券

楽天グループのインターネット証券会社「楽天証券」は、1999年6月に日本初のオンライン専業証券会社としてスタート。FXでは、スタンダードな「楽天FX」と、大手ネット証券で唯一MT4を導入した「楽天MT4」といった2つの口座があります。

楽天FXでは、ドル円0.3銭(例外あり)の業界最狭水準のスプレッド、グッドデザイン賞(2012年)を受賞した「マーケットスピードFX」をはじめとする各種取引ツールなど、充実した取引環境が用意されています。

YJFX!

あのヤフーグループのFX会社なので、安心感は抜群。業界最狭水準の低スプレッドや、25万DL(2015年4月7日調査時点)されたスマホ取引アプリ「Cymo」、1000通貨単位からの取引可能などなど、投資家のあらゆるニーズに対応しています。新規口座開設のキャッシュバックキャンペーン金額も魅力的。 

鹿内武蔵の写真

鹿内武蔵(しかうちむさし)

株式会社tcl代表取締役。2008年のFX攻略.com創刊時から編集部に在籍、本誌と公式サイトの運営に携わる。取材や記事執筆の他、トレーダーとしてFXの運用も日々行っている。好きなテクニカルは平均足、好きな手法はブレイクアウト。

公式サイト:株式会社tcl

FX力を鍛える有名人コラム | MT4 | 超初級MT4講座 | 鹿内武蔵の最新記事
ディーラーによる今週のドル円「個人投資家がビットコインに夢中の中、ひっそりと上昇の始まり?」[国府勇太]
市場の関心はFRBトップ人事へ パウエル+テイラーでドル一段高も[雨夜恒一郎]
週刊FXシナリオ|週明けドル円はギャップアップ!(10/23 5:44)[阪谷直人]
週刊FXシナリオ|ユーロドルが約1週間ぶり高値を更新(10/20 7:46)[阪谷直人]
一目均衡表入門|第1回 一目均衡表の原点[監修:細田哲生(三世一目山人)]
トラッキングトレード入門|第5回 トラッキングトレードが注目される理由[斉藤学]
価格ベースのFXテクニカル分析|ストキャスティックスとは?[月光為替]
FRB議長レース大詰め 候補者は5名に絞られる[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第2回 MT4を利用したシストレ運用[ゆきママ]
コイントストレードを実運用するための準備中[木里ゆう]
月足トレードで生きてます|第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替]
トラッキングトレード入門|第4回 要人発言やイベントに注目し、トレンドをつかむ![斉藤学]
ディーラーによる今週のドル円「さえない動き!112円を死守できず!」[国府勇太]
どうなる衆院選?「希望」失速・安倍首相続投なら株高・円安へ[雨夜恒一郎]
システムトレードで資産運用!season2|第1回 選択型シストレ・ストラテジーの選び方[ゆきママ]