米雇用統計、ECB理事会後も続く「米ドル高」の本日の行方[田代岳]

先週5日の米雇用統計は非農業部門雇用者数が予想の23万人を上回る32.1万人、9月、10月分も4.54万人上方修正され、失業率も5.8%と非常に良い数字だった。時間当たり賃金が24.66ドルと0.4%上昇し賃金の上昇も確認され内容的にも良い指標となった。

この数字を受けてドル円は121円台後半に上昇したが、それ以外の通貨でドルの上昇は限定的となった。ユーロドルは1.22台後半と前日のECB理事会直後の安値をやや下回る程度、オセアニア通貨は本日も下落しているが、数字の割にはドル円の上昇が限定的になっている。ダウも58ドル高、米10年国債利回りの上昇も2.3%までと数字の割には金融市場の反応が冷たい気がする。

明けて東京市場では日本のGDPの数字が予想に反して下方修正されたこともあり日経平均は一時100円超の上昇となったが、終値では15円高とさえずドル円も上値が重く海外時間で120.70〜80に下落している。本日はダウも70ドル安(執筆時)と下落しておりドル高、株高の調整となっている。ドル円は120円台前半ぐらいまで下落するのではないだろうか。

田代岳の写真

田代岳(たしろ・がく)

ADVANCE代表取締役。米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かり易い解説を行っている。長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。「YEN蔵」の名でブログを開設。為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。

公式サイト:YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資

twitter:https://twitter.com/YENZOU