月足トレードで生きてます|第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替]

前回に続き、月足トレードを実践する際に「経済指標分析がいかに効果的であるか」ということを、ゆったり為替さんに分かりやすく解説してもらいます。今回取り上げるのは、豪ドル円とNZドル円のスワップポイントです。

ニュース5分に、チャート5分。トレード時間は計10分。
「月足トレードで生きてます」第5回目、さっそくご覧ください!

 ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです

【関連記事】
月足トレードで生きてます|第1回 私が月足を選んだ理由[ゆったり為替]
月足トレードで生きてます|第2回 月足トレードを好む理由[ゆったり為替]
月足トレードで生きてます|第3回 経済指標との付き合い方[ゆったり為替]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]

スワップ派は現在も機能しているかどうか

豪ドル円、NZドル円と聞いて思いつくことは何でしょうか? いくつかあるでしょうが、「買いの側のスワップポイントが大きい」という特徴を挙げられるでしょう。

2008年のリーマンショック後、各国の短期金利は大きく下がってしまいました。そのため、「円を売って外貨を買うことにより、毎日のスワップポイントを稼ぐというトレード手法(スワップ派)」は人気がなくなってしまったように見えます。

では、スワップポイント狙いのトレード手法はもう駄目になってしまったのでしょうか。ここで事実を確認しましょう。月足トレードにおいては特に、「過去どうだったか」という事実確認がとても大切です。

なお、スワップポイントの大きさはFX各社で異なります。そこで、公的な性質を有するFX取引所「くりっく365」が公開している数字で確認しましょう。

豪ドル円の毎年のスワップ獲得額は?

図①は、くりっく365で豪ドル円を1万通貨買って持ち続けた場合の、毎年のスワップポイント獲得額をグラフ化したものです。2008年のリーマンショック後に各国の金利は大きく低下しました。それを受けて、スワップポイント獲得額も次第に低下している様子が分かります。しかし、マイナスになった年がないことに注目できるでしょう。

年間合計でマイナスになったことはなくても、1日単位で確認したら、さすがにマイナスになった日があるかもしれません。ドル円やユーロ円では、しばしばマイナスになりました。

確認しましたところ、豪ドル円のスワップポイントがマイナスになった日はありませんでした。買って持つ、それだけで毎日のスワップポイントはプラスだったのです。

2006年~2008年に比べれば金額はかなり小さくなりましたが、スワップポイントを狙うトレードは完全に駄目になったというわけではないようです。

日豪政策金利の推移

では、将来のスワップポイントはどうなるでしょうか。これを確実に知る方法はありませんが、日本と豪州の政策金利を比較すれば、何となくでも見えてくるかもしれません。

というのは、スワップポイントは各国の短期金利差を基にして決められます。政策金利は短期金利に多大な影響を与えますので、政策金利の推移を概観すれば、スワップポイントのおおよその傾向把握に役立つでしょう。

図②を見て明らかなのは、豪州の政策金利の方が高いということでしょう。日本は0%近辺に張り付いています。このため、このデータから判断できる範囲においては、今後も豪ドル円を買えばスワップポイントがプラスになるだろうと期待できます。

ただ、豪州の政策金利が徐々に低下傾向にあるのが気になります。このまま低下傾向になるでしょうか、それとも反転するでしょうか。豪州の景気次第の面があるでしょうから、景気動向にも注意を払いましょう。

NZドル円のスワップポイントと政策金利

次に、NZドル円についても同様に確認しましょう。最初に、1万通貨買って持ち続けた場合のスワップポイント獲得額です。  

図③を見ると分かるように、豪ドル円以上に2008年までと2009年以降の差がはっきりしています。しかし、毎年プラスになっています。そして、毎日のスワップポイントを確認しても、マイナスに転落した日が1日もありませんでした。

そして、政策金利差も豪ドル円と同じような感じに見えます(図④)。ニュージーランドの政策金利が低下傾向にあるのが気になりますが、このデータから予測できる範囲においては、NZドル円を買うとスワップポイントは毎日プラスになると予想可能です。

豪ドル円とNZドル円をいつ買うべきか

FXで利益を獲得するのは大変なことです。しかし、「過去の実績では」という条件付きながら、豪ドル円やNZドル円を買えば、スワップポイントが毎日プラスになると分かりました。では、今すぐに買ってもOKでしょうか。ここで、月足チャートの出番です。豪ドル円のチャート①を見ながら考えましょう。

 

2005年~2007年ごろ、スワップポイント狙いのトレードが人気を博していたと記憶しています。獲得できるスワップポイントがとても大きかったからです。

そして、2008年~2009年ごろ、そのトレード手法は大きなダメージを受けたようです。それはなぜでしょうか。チャートを見れば簡単に分かります。「急激に大きく円高になったから」です。

円高になると含み損になりますから、基本的には円安の方が望ましいです。しかし、相場は上昇することもあれば下落することもあります。どちらになるか、事前には分かりません。そこで、円高になっても大丈夫なように証拠金を入金して取引するのが基本でしょう。そうすれば仮に円高傾向になっても、強制ロスカットにならずに済むでしょう。また、毎日もらえるスワップポイントが積み重なれば、それが証拠金として働いてくれるので、円高への耐久力が上昇します。

しかし、2008年のリーマンショックほどの急落下があると、どうしようもないかもしれません。では、どうしましょうか。容易に見つけられる解決策は二つでしょう。

解決策① 月足チャートを見て円高のときに買う

円安のときに買うから、その後の円高で大変な目に遭うのかもしれません。ならば、円高のときに買えばいいのでは? ということです。円高になったときに買って、その後円安になれば、含み益とスワップポイント益の両方を得られます。この分析をするために、月足チャートは必須アイテムです。

解決策② レバレッジ設定を2倍以内にする

レバレッジを高くすると、円高になったときに一気に資金が目減りしてしまいます。それは強制ロスカットの危険を招くため、レバレッジは少しでも低い方が良いでしょう。しかし、レバレッジを1倍よりも小さくすると、何だか面白くないかもしれません。

そこで、最大でも2倍までの範囲で取引するのが良いのでは? と考えています(ただし、2倍ならば強制ロスカットにならないという意味ではありません)。

ローソク足の形はあまり気にせずOK

今回のスワップ派の場合、月足トレードの使い方は「現在値は過去数十年の中でどれくらいの位置にあるか」を確認するだけです。陽線だから、あるいは陰線だから…という話ではありません。

月足トレードをする際のチャート分析方法は、かなり大ざっぱにできるのが特徴です。そして、取引開始時期も大ざっぱ、決済時期も大ざっぱです。何しろ一つの足ができるのに1か月もかかりますからね。

ゆったり為替さんの月足トレードスタイル

売買スタイル

長期トレードとリピート系注文に力を入れています。週足から月足を使うトレードが中心です。

トレードのスケジュール

【午前6時〜7時ごろ】
NYクローズ後のニュースを流し読み(5分くらい)。その後チャートを確認(5分〜10分)し、スプレッドが狭くなってきたところで売買。トレードに要する時間は、1日10分〜15分くらいです。

【日中】
日中は、バックテストをしたり、経済指標の分析やFX各社のツールの研究をしたりします(時間は決めず、満足できるまで没頭)。これをトレードに含めるならば、かなり長い時間FXをしているということになります。

取引しているFX会社

用途に応じて多数。最も資金を投入しているのはセントラル短資FXで、スワップ狙いをしたり、実験的なトレードをしたりしています。

チャート分析の環境

セントラル短資FX「クイック・チャート・トレード・プラス」を使用しています。


⇒ セントラル短資FXが選ばる理由をチェック!!
口座開設(無料)はキャンペーン中の“いま”がお得!!

FX攻略.com公式サイトでセントラル短資FXの基本情報を知る
⇒ セントラル短資FX [FXダイレクトプラス]

主にトレードする通貨ペア

20通貨ペア以上を取引対象としています。週足〜月足のトレードの場合、通貨ペアを幅広く確認しないと取引機会が少なくなるためです。

トレードスタイルのポイント

キーワードは「老後」「年金不安」。年老いて働けなくなり判断力が衰えてもなお、FXを収益源にできるか、ということに重きを置いています。

 ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです

【関連記事】
自動売買とは?インヴァスト証券シストレ24「フルオート」のメリット[ゆったり為替]
インヴァスト証券のシストレ24は他のシステムトレードとどこが違うのか?[ゆったり為替]
インヴァスト証券のシストレ24「フルオート」仕組みを徹底解説![ゆったり為替]
シストレ24「フルオート」リアルトレードによる成功例と失敗例[ゆったり為替]

ゆったり為替の写真

ゆったり為替(ゆったりかわせ)

FXで生計を立てている個人投資家。取引回数が極めて少ない「ゆったりトレード派」。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日。あらゆるFX会社の口座を保有し、業界内の様々なサービスに精通。

公式サイト:FXゆったりトレード派

FX力を鍛える有名人コラム | スイングトレード | ゆったり為替 | 月足トレードで生きてますの最新記事
FXオプション取引 基本と戦略|第5回 攻めにも守りにも活用できるゼロ・コスト・オプション[大西洋平]
トルコ大統領選に向けて警戒レベルを最大に[井口喜雄]
エリア手法の極意・実践編|第7回 エントリーの前後にすべきこと[FXプランナー]
【速報】FXトレードニュース|2018年6月18日〜6月24日[FX攻略.com]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第11回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析④[浅野敏郎]
外資系FX会社のあるべき姿[中里エリカ]
ディーラーによる今週のドル円「重要イベントも無難に終わる!意外と堅調な1週間!」[国府勇太]
FOMCは予想よりタカ派的!日米の金融政策格差広がりドル高へ[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その2|リバーサルフォーメーションとは[マックス岩本]
ケルトナーチャネル&RSI、平均足、MACD、DMI|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
FXオプション取引 基本と戦略|第4回 プレミアムの変動状況を計る指標[大西洋平]
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第12回 金や原油など商品市場はFXと関係性あるの?[井口喜雄]
【速報】FXトレードニュース|2018年6月11日〜6月17日[FX攻略.com]
エリア手法の極意・実践編|第6回 エリアの値幅を許容範囲まで絞り込む考え方[FXプランナー]
マーケットはリスクオン!乗らざるを得ない[井口喜雄]