FXの知識がそのまま活きる!世界に幅広く投資できるCFDはむずかしくない[GMOクリック証券]

CFDなら幅広く投資できる

FXを勉強し始めると、必ず出てくるキーワードがあります。「日経平均」「NYダウ」「原油」「ゴールド」といったあたりは、ちょっとニュースを読んでいれば毎日のように聞く単語でしょう。

FXは外国為替、つまり通貨と通貨の交換比率へ投資する金融商品ですが、先ほど挙げたキーワード、つまり他の商品と連動しています。地球は一つの大きなマーケットであり、その中であらゆる商品が影響しあって、相場は動いていきます。

こういったさまざまな商品に、幅広く投資できるのがCFDです。日本にいながら、パソコンやスマートフォンだけで、経済大国の株価指数に投資をしたり、原油や金を実質的に保有したりできます。また米国や中国の世界的に有名な企業の株式を持つこともできます。

CFD取引とは?世界とつながれる魅力的な商品

日本にいながら世界中の商品へ投資!

この世界には様々な投資商品があります。例えば日本の代表的な企業の株価を平均した日本225、米国の有名な企業の株価を平均した米国30あたりは毎日のニュースで流れますので、ほとんどの方が聞いたことがあると思います。また原油や金は、世界中で取引をされているメジャーな商品で、為替や株価とも深く関連しています。さらに、日本の株式市場では取り扱っていない、Amazon、テスラ、ネットフリックス、Apple、ピンアン・インシュアランス(※1)といった海外企業の個別株も人気があります。これら魅力的な世界中の商品に、自由に投資できるのがCFDなのです。

※1 GMOクリック証券CFD売買代金ランキングにおける、2017年7月の外国株CFD上位5社

CFDはFXとよく似ている!

CFDと聞くと難しく感じるかもしれませんが、FXとの共通点は非常に多いです。取引の手数料を気にする必要はなく、FXと同じく証拠金取引(口座に預けたお金が取引結果により増減)なので、新規売りでエントリーできますし、レバレッジもかけられます。さらにほぼ一日中相場が動いています。

一つのアカウントで全部できる!

GMOクリック証券の場合、一つのアカウントで、FXだけでなくCFDや株式、投資信託、バイナリーオプションなど、たくさんの商品をまとめて扱えます(PCのブラウザ版の場合)。また、CFD専用のスマートフォンアプリも提供されており、こちらも気軽にチャート分析やトレードができるので、世界中の魅力的な資産がより身近な存在になるでしょう。

FX投資家ならあっさりCFDデビュー?

CFDという単語を見るとなんだか難しそうですが、FXのことを少しでも知っていれば共通点はたくさんあります。意外に迷わずデビューできる方もたくさんいるはず。

GMOクリック証券の口座を持っていれば、FXだけでなくCFDもすぐ取引できます。CFDをもっと知りたい方は、こちらの特設ページがお勧め。分かりやすいオリジナルの動画で、CFDの魅力が1分ほどにまとめられています。パソコンだけでなく、スマートフォンからも視聴できます。

★かんたん動画でCFDをもっと知る!(GMOクリック証券公式サイトへ移動します)
⇒ http://goo.gl/RVR1rj

GMOクリック証券 会社情報

GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

CFD取引は、デリバディブの対象となる株式、株価指数、その他指数、金利、為替、商品現物、商品先物、上場投資信託の価格の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失の額が証拠金の額を上回る可能性があります。証券CFD取引に必要な証拠金の最低額は、株価指数CFDは各建玉の対価の額の10%、その他指数CFDは各建玉の対価の額の20%、商品CFDは5%、株式CFDは20%、上場投資信託を原資産とするCFDは株価指数に連動するものは10%、その他のものは20%に相当する円価格です。取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。スプレッドは相場急変時等に拡げる場合がございます。取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、その結果、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。

※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです