Exciting米国株|第6回 日本株 vs 米国株、三菱UFJフィナンシャル・グループ vs ウェルズ・ファーゴ[福島理]

日米大手銀行株を徹底比較!

 今回も日本株vs米国株、個別銘柄で比較します。日本の優良、有名企業の株と同業種の米国株を比較することで、どうせ同じような業種に投資するなら米国株の方が良いのでは?と思っていただければと考えています。

 日本では長期的な金融緩和で、なかなか金利上昇が期待できず、業績が上向かない銀行株ですが、高配当銘柄であることや庶民が必ず利用するサービス機関であることなどから売買も多く、保有している投資家も非常に多いです。今回はメガバンクの一つである三菱UFJフィナンシャル・グループと、米国の銀行大手ウェルズ・ファーゴを比較してみました。

 ウェルズ・ファーゴは、1852年に設立された歴史のある会社で、あの伝説の投資家ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイのポートフォリオで一部売却が見られるものの、依然としてNO.1の14.4%(2017年9月末)を占めており、堅実経営で伝統的な貸し付けに集中し、業績が安定していることで有名です。株主還元にも積極的で、非常に投資妙味の高い銘柄といえます。しかし、営業慣行の不祥事の発覚などがあり、現在は失った信用回復に全力を投じている状況です。一方の三菱UFJフィナンシャル・グループといえば、やはり三菱UFJ銀行ですが、個人4000万口座と圧倒的な顧客基盤を持っており、3大メガバンクの中で最も収益力がありますね。

 まずファンダメンタルズ指標で比較してみると、割安感は三菱UFJフィナンシャル・グループに軍配は上がりますが、割安感は今の日本の銀行関連全般的な傾向であり、裏を返せば期待されていないということにもつながるため、比較材料になりにくいです。やはりROEや時価総額で勝るウェルズ・ファーゴの方が期待できそうです。

 変化率チャートは2008年4月からの10年間になりますが、その差は一目瞭然ですね。リーマンショック後の2009年頭ではウェルズ・ファーゴの方が下げているものの、それから急回復をして大きく上昇しています。それに対して三菱UFJフィナンシャル・グループは、いまだに2008年4月の株価を回復することができていません。長期投資として配当が高いため、魅力的ではありますが、実は配当利回りもウェルズ・ファーゴの方が高いです。金利上昇がなかなか見込めず、業績の上向かない日本の銀行株よりも、やはりウェルズ・ファーゴなど米国の銀行株の方が魅力的ではないでしょうか。ぜひ注目してみてください。

※この記事は、FX攻略.com2018年6月号の記事を転載・再編集したものです

【Exciting米国株[福島理]】
第1回 史上最高値を更新し続ける米国株
第2回 日本株vs米国株 制度で徹底比較
第3回 米国企業の100社弱が30年以上の連続増配中!
第4回 日本株 vs 米国株 株主になるにはどっちが安い!?
第5回 日本株 vs 米国株、アマゾン vs 楽天

↓↓ 公式サイトでマネックス証券の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

福島理の写真

福島理(ふくしまただし)

マネックス証券、マネックス・ユニバーシティ。国内外のマーケット事情をはじめ、個人投資家の売買動向、指標分析など幅広く研究。国際テクニカルアナリスト連盟・国際テクニカルアナリスト(CFTe)。

公式サイト:マネックス証券

FX力を鍛える有名人コラム | マネックス証券 | 世界の株価・CFD | 福島理の最新記事
テールリスクがくすぶる米為替報告書[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「急落!世界同時株安!ドル円は一時111円台へ突入!」[国府勇太]
金利上昇下での株安は成長痛!押し目買いスタンス継続[雨夜恒一郎]
SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座|第3回 負けないための思考を身につける
米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「とうとう114円!勢いは続くのか?」[国府勇太]
米国金利上昇と株高は共存できるか?[雨夜恒一郎]
ギリシャショックの再来?イタリア財政不安の影響は[井口喜雄]
TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第1回 3つのココがすごい![佐々木徹]
ディーラーによる今週のドル円「いよいよ113円到達!まだまだ伸びるのか?」[国府勇太]
ドット・プロット・チャートが上方シフト!ドル円も新たな上昇局面入りか[雨夜恒一郎]
今夜のFOMCは如何に!ドル円は年初来高値更新なるか[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「アメリカ絶好調!113円も見えてきた?」[国府勇太]
FOMC利上げで材料出尽くしの反応に注意[雨夜恒一郎]
ドル円はレンジブレイク!このトレンドは本物?[井口喜雄]