モバイルトレード最前線【マネーパートナーズ】Hyper Speed Touch for iPhone/Hyper Speed Touch for Android

初心者のスマホFXデビューを、実際の画像でナビゲートする月刊FX攻略.comの企画「モバイルトレード最前線」(writer:ツーコニア)。今回取り上げるのは、マネーパートナーズの【Hyper Speed Touch for iPhone/Hyper Speed Touch for Android】です。

【マネーパートナーズ】圧倒的な約定率の高さで8年連続No.1に選ばれた実績

マネーパートナーズは、楽天グループで資本も安定しており、2007年にFX専業会社として初めて株式上場を果たした安定安心の会社。約定率の高さは100%を誇り、スリッページの発生率も0%となっている。また、取引は100通貨単位から可能で、初心者もトレードを気軽に行えるのが大きなポイントだ。

テクニカルチャート 16種類
米ドル/円スプレッド 0.3銭原則固定
ニュース配信 GI24/FX WAVE/その他
対応OS iOS7〜10/Android4.0〜7.1

※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです
※キャンペーン等の更新により、原稿制作時の画面と異なる場合がございます。あらかじめご了承ください

【マネーパートナーズ】選ばれる理由は多岐にわたる

スベらないことで知られる約定力の凄さだけではないのがマネーパートナーズである。

まず特筆すべきはトレーダーへの環境配備。スプレッドは最狭水準をキープしており、100円から始めることができる初心者に優しいnano口座が用意されている。また、取引のデータを数値化しレポート形式にまとめてくれるトレードレポートは投資手法の改善に役立てることが可能だ。オンラインセミナーも充実しており、初心者から上級者まで幅広くカバーした動画セミナーを開催、口座保有者なら誰でも閲覧可能となっている。

そして、何よりも高機能な取引ツールがマネーパートナーズの目玉で、中でも「HyperSpeed NEXT」は優れたビジュアルと使いやすさで一押しとなっている。テクニカルツールを利用して高度な売買ルールの設定やストラテジーの構築もできる上、数多くのテクニカルチャートを備え、プロ仕様の機能といっても過言ではない。ポップアップ通知にも対応してるのでパソコンに張り付いてチャートを見守る必要もない。その他、ASストリーミングという決済建玉を選択しなくても決済注文ができる機能もあり、スピーディーな取引が可能なのも魅力。

一方、スマホアプリの「HyperSpeed Touch」もHyperSpeed NEXT 同様に高機能な点が好評を博している。最初に紹介するべきは連続予約注文が搭載されていること。これは一度発注しておけば後はルールに従って順番通りに発注される仕組みとなっており、しかもレンジ相場だけではなく上昇下降トレンドのケースでも威力を発揮する。チャートはPCツールに引けを取らない豊富なテクニカル指標が搭載されているので、いつでもどこでも本格的な分析が可能。

また、当然のごとくチャート画面からの発注は標準装備となっている上、リアルタイム更新されるチャートを見ながら新規決済の同時発注までできる。タイミングを逃さない重宝すべき機能であるといえる。決済同時発注機能は、利食い幅や損切り幅をあらかじめ設定しておくことで新規注文発注時に設定幅の決済注文を発注する機能だ。これによって時間がないときにも決済注文を忘れることなく利用でき、リスク管理に大いに役立つシステムとなっている。

【Hyper Speed Touch】アプリの特徴

豊富な情報量を誇るレート一覧

レート一覧からチャートや経済指標などの画面へ1タップで移動ができる。

モバイルデバイスとして申し分ないチャート

スパンモデル/スーパーボリンジャーまで用意されたチャートは完成度が高い。 

【マネーパートナーズ】口座開設の手順

1.下のリンクもしくはバナーをクリックしてマネーパートナーズ公式サイトへ移動

マネーパートナーズ公式サイト

2.口座開設をタップ

開いたサイトの下部、枠内の口座開設ボタンをタップ。

3.必要な情報の入力

氏名や生年月日の他、これまでの投資実績などを順次入力する。

4.申し込みを完了

全ての情報を間違えないよう入力していき、最後に送信するをタップ。

【マネーパートナーズ】取引前にするべきこと

1.まずはログイン

ログインIDとパスワードを入力。チェックをしておけば次回の入力を省略できる。

2.口座から入金

メニューから会員専用サイトへ移動するとクイック入金画面を表示可能。

3.チャートの設定

画面構成は3画面まで、テクニカルとオシレーター指標は合計3種類表示が可能。

4.レート表示の設定

メニューから設定をタップすると更新間隔やスリッページなどの設定が可能だ。 

※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです
※キャンペーン等の更新により、原稿制作時の画面と異なる場合がございます。あらかじめご了承ください

ツーコニアの写真

ツーコニア(つーこにあ)

紙媒体を中心に、各種企画・制作・運営・プロモーションを手がける編集プロダクション。得意なジャンルはFX、パチンコ、パソコン、ゲームなど。

公式サイト:Twoconiah