2014年12月9日

トラリピ最大の難敵、置き去りポジションとの対峙[鹿内武蔵]

トラリピを運用していて一番恐ろしいのが、天井や底で置き去りになるポジションです。

先週金曜の雇用統計のとき、この置き去りポジションが発生してしまいました。一瞬の値動きからの反転で、ほぼ完全な天井の水準で買いポジションを保有、そこからは下落の一途をたどっており、当然ながら含み損は100pipsを余裕で越えています。

買値は54.29、チャート上の最高値は54.33ですから、鮮やかとしか言うほかありません。これが逆に天井で売りを持ったというなら嬉しすぎますが、逆指値でトレンドを追う以上、こういった展開はやむをえないのです。

長くトラリピをやっている人にとっては、この程度の含み損はどうということではないのかもしれませんが、自分は9月下旬からトラリピを始めたばかりの新米です。そう、9月から11月末までのトルコリラ/円は、あまり押し目をつけずずっと上がり続けていたので、こういった本格的な含み損になるのは初めてなのです。

とはいっても、自分にできることは、ひたすら待つだけです。できることがあるとしても、生活費をさらに口座に注ぎ込み、口座破綻の可能性をより下げるくらいでしょうか。

なんとなく円安の流れは、年内はこのあたりで打ち止め感を感じなくもないため、場合によっては長い冬になりそうです。

(FX攻略.com WEB編集長 鹿内武蔵)

鹿内武蔵の写真

鹿内武蔵(しかうちむさし)

株式会社tcl代表取締役。2008年のFX攻略.com創刊時から編集部に在籍、本誌と公式サイトの運営に携わる。取材や記事執筆の他、トレーダーとしてFXの運用も日々行っている。好きなテクニカルは平均足、好きな手法はブレイクアウト。

公式サイト:株式会社tcl