2016年8月3日

FXに役立つITツール紹介 その1:Gyazo[鹿内武蔵]

今回からは数回に渡って、FXのトレード続けていくにあたり、便利なツールを紹介していこうと思います。第1回はGyazoという画像キャプチャソフトを紹介します。

1.Gyazoとは?

そのとき、パソコンの画面に表示されている画面を、画像として保存できるソフトです。

2.どう使うの?

Gyazoのクライアントをパソコン本体にインストールしてください。こちらのGyazoウェブサイトから入手できます。

インストールとユーザー登録が完了したら、すぐに使えます。

  • アイコンをクリック
  • Control+Shift+C

を行うと、画面の好きな部分を選択でき、選択した部分が自動的に自分専用のサーバにアップされ格納されます。

格納された画像は、後からでも参照や保存できるので、とりあえず必要な画像を保存しまくるような使い方もありです。

3.FXに使う場合は、チャート保存が便利

トレードしているときにチャートが良い形になったら、とにかく保存。

画面を保存する方法は他にもありますが、Gyazoの場合、最初から必要な領域だけを選択するので、保存した画像を切り抜く手間がありません。そのままブログなどに貼り付けられます。

4.有料版だとどう違う?

画像の保存期間が無制限になり、さらに画像に文字や図形、矢印を入れるといった加工が、Gyazoの中で完結します。つまり、落とした画像を別の画像加工ソフトで編集する手間がありません。

実は私が雑誌やWEBに記事を書くときの画像保存は、基本的にGyazoを使っています。この記事の画像もGyazoで保存したものです。

こんな感じで、キャプチャした画像が一覧になります。無料版の場合は、見て、使えるのが1ヵ月前までのものに限定されます。

5.まずは無料版から!

こん感じでGyazoはとても使いやすいですし、FXトレーダーが記録を残していくのに相性が良いと思います。

まずは無料から使ってみてください。

Gyazo無料版ダウンロードはこちら!

(FX攻略.com WEB編集長 鹿内武蔵)

鹿内武蔵の写真

鹿内武蔵(しかうちむさし)

株式会社tcl代表取締役。2008年のFX攻略.com創刊時から編集部に在籍、本誌と公式サイトの運営に携わる。取材や記事執筆の他、トレーダーとしてFXの運用も日々行っている。好きなテクニカルは平均足、好きな手法はブレイクアウト。

公式サイト:株式会社tcl