2018年8月23日

副業FX成功者はスキャルが得意[鹿内武蔵]

かつての分析はファンダだけでいけた

 このコラムに同封されている10月号では、副業FXで成功している10人の兼業トレーダーへの取材記事が掲載されています。

 本誌内のまとめ記事にもありますが、そのうち7人がスキャルピングで成功していることは、なかなかに重要なポイントではないかと思います。

 FX攻略.comは今年で創刊10年になります。最初から編集部にいた僕としては、スキャルピングに対する感覚の変化をちょっと感じています。

 FX黎明期から、もちろんスキャルピングはありましたが、当時としては異色のトレードスタイルという評価が強かったように感じます。

 というのも、まだ外国為替証拠金取引が世間に浸透していく時期だったので、私たちの雑誌や他のメディアなどでFXの情報やテクニックを配信するのは、外銀やファンドなどでディーラーをやっていた方が多かったです。そういった方たちへのインタビューも何度もさせてもらっていますが、その方たちは、まだパソコンが普及する前の時代から活躍されていました。なので、複雑なテクニカルなど表示できるわけもなく、自然とファンダメンタルズ情報の重要度が高かったです。また当時の相場、特に東京市場では、ファンダメンタルズ情報で激しく値動きしていたとも聞いています。

 よって、そういう方々が情報を配信すると、自然とファンダメンタルズ分析に寄ったスタンスになります。

テクニカルを極めるほどトレード時間は短くなる

 ですが、時が流れ、銀行に勤めた経験を持たない世代でも、FXの実力が抜群にあり、たくさんのファンを抱えている実力者が出てきます。彼らは最初からパソコンを使えた世代ですから、相場を分析する方法は、テクニカルだろうが、ファンダメンタルズだろうが、どちらでも良かったわけです。

 なので、今月号の特集に出てくる副業トレーダーは、全体的に年齢層が若いです。

 それでは、なぜ、いわゆるテクニカル派のトレーダーの多くが、スキャルピングで好成績を収めているのでしょうか。理由は大きく分けて二つ考えられます。

 一つ目は、テクニカル分析への依存度です。パソコンによるチャート分析を突き詰めていくと、テクニカル分析への依存度が自然と高くなっていきます。そうなると、トレードの時間軸も短くなります。基本的に長期的なトレードほどファンダメンタルズ要因の影響が大きく、短期的なトレードほどテクニカル要因の影響が大きくなるからです。

 テクニカル分析を極めるほど、短い時間でのトレードで有利に戦えるようになるというわけです。

 二つ目は、副業としてのFXと密接にリンクするのですが、トレードの時間軸が短くなるほど、トレードチャンスが増えるからです。

 FXで利益を出すためには、狙う利益幅に見合った値動きが発生している必要があります。10pipsを狙うなら、少なくとも10pips以上は値動きしていなくてはいけません。

 チャートを見ていればお分かりかと思いますが、分かりやすく何百pipsも動くことは、そんなにはないんですよね。なので、広い値幅を狙うトレードは、成功すれば大きな利益になるものの、そもそもチャンス自体が少ないことになります。

 それに対して、狭い値幅の値動きなら日常的に発生しています。分かりやすく10pips動くことは毎日のようにありえます。よって、トレードの時間軸を短くしていくほど収益チャンスが増えるため、特に仕事を抱えている副業トレーダーによっては、短期売買の方が都合が良いというわけです。

※この記事は、富士山マガジンサービス読者限定FX攻略.com編集部便りに掲載されたものを加筆・編集したものです。

鹿内武蔵の写真

鹿内武蔵(しかうちむさし)

株式会社tcl代表取締役。2008年のFX攻略.com創刊時から編集部に在籍、本誌と公式サイトの運営に携わる。取材や記事執筆の他、トレーダーとしてFXの運用も日々行っている。好きなテクニカルは平均足、好きな手法はブレイクアウト。

公式サイト:株式会社tcl