ポジションをコントロールしてボラティリティから身を守ろう[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

世界的に株価が暴落したことでマーケットに緊張が走っています。株価暴落の要因は先週の米雇用統計がポジティブサプライズとなり、米長期金利上昇からの株価暴落です。昨日は自律反発もありましたが、不穏な空気が漂っており嫌な予感がします。今週は大きなイベントこそないものの、株価の乱高下から為替トレーダーもポジションを縮小してボラティリティから身を守るべきなのかもしれません。

ボラティリティから身を守ろう

ドル円に関しては米10年債との相関が崩れるなど神経質な展開です。100円を中心として大きなレンジを形成する可能性もありますが、下方へブレイクした場合は新しい領域にはいりますので警戒すべきはダウンサイドとみています。繰り返しになりますが、ボラティリティは上昇しており、これまでのポジションサイズだと思わぬロスカットや想定外の損失をしてしまう可能性があります。ちょっと大げさですが、リーマンショックやチャイナショックを思い出してみてください。数分間に2円~3円の下落は過去何度もあります。私はディーラーになり多くのことを学びましたが、もっとも重要なのは、このようなモメンタムでのリスク管理だと思っています。

NY時間には警戒を

「株価暴落→リスクオフ→円高」このように明確なリスク局面となった時、円高はNY時間に進むことが多いです。理由としては買い支える本邦勢がいないので売りが加速しやすくなります。特に日本時間の深夜1時以降は参加者も少なくなり、NY勢にとってはロスカットを狙った仕掛けがやりやすくなります。また、NYクローズする日本時間の早朝6時~7時は本当に参加者が少ないのでスパイク(一瞬長いヒゲがでてすぐに戻る値動き)することがあります。この不要な値動きに巻き込まれないよう、やはりロングのプレイヤーは余裕をもったポジションでの取引をお勧めします。

テクニカル的にも年初来安値が急所となる

短期的なレジスタンスは先週金曜日の高値110.48円付近になり、サポートは年初来安値である108.28円付近(赤線)と考えています。このサポートライン(赤線)に関しては強固だと考えているプレイヤーが非常に多いので急所となります。ここをブレイクされるとその下には主だったサポートが見当たらないだけに注意が必要です。

【PR】

★みんなのFXにてトルコリラ/円取扱い開始★

今話題の高金利通貨、トルコリラ/円の取り扱いが1月29日(月)より開始!
気になるスワップやスプレッドは、買スワップ 100円! スプレッド 1.9銭!
どちらも業界最高水準!

▽ぜひチェックしてみてください▽
https://min-fx.jp/tryjpy/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。


限定タイアップキャンペーン!
今なら雑誌FX攻略.comを3か月分無料購読!!

【関連記事】
何が変わった?!トレイダーズ証券「みんなのFX」が大幅リニューアル!お得な記念キャンペーンも必見!!
モバイルトレード最前線【みんなのFX】みんなのFX for iPhone/みんなのFX for Android

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐちよしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。FX攻略.com公式サイトでもコラムを連載。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu