米貿易戦争VS米ファンダメンタル[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

マーケットはいま「米貿易戦争VS米ファンダメンタル」このような構図が描けます。ドル円は好調な米ファンダメンタルを背景に上値をうかがうものの、不透明な米貿易戦争が足かせとなっている展開です。週末にはFOMC議事要旨、米雇用統計、米国による対中関税発動などビックイベントを控えており、この戦いでどちらが優勢となるのか注目です。

FOMC議事要旨、米雇用統計で今年4回の利上げを正当化できるか

FOMC議事要旨ですが、前回のFOMCではタカ派となった各メンバーの発言を確認したいところです。年内4回の利上げ確率は未だに50%前後のため、4回の利上げを正当化できるか注目です。一方、米雇用統計ですが、コンセンサスは雇用者数変化が+19.8万人、失業率が3.8%、平均時給0.3%となっており、申し分ない数値に見えます。あしもとの米経済指標は引き続き堅調なので今回の米雇用統計もポジティブな結果になる可能性は高いとみています。しかし、マーケットは米国の良い指標に慣れてきているので上昇トレンドを形成していくまでのイメージは持っていません。

不透明な対中関税発動は要警戒

7月6日の米中の関税発動に関心が集まっており、ドルを強き一辺倒で攻めきれない要因がここにあります。

トランプ政権が実際に発動するかどうなるかは不透明要素が多く、警戒が必要です。発動、延期、回避と多くのシナリオが考えられますが、どれもマーケットインパクトは大きいと思っています。また、同時に中国は対抗措置を発動する予定となっており、かなり神経質な展開が予想されます。

しっかりと内容を精査してからトレードしたいとは思いますが、スピードが速い場合にはチャートを見ながらになります。ドル円の予想レンジは上値が5月21日高値の111.40円付近、下値は6月25日安値の109.36円付近と考えており、このあたりで戻るようなら基本的には戻りや押し目を狙えるかもしれません。ただし、レンジをブレイクして突っ込んでくれる展開があるなら抜けた方向について行きます。

★スプレッド業界最狭水準宣言。★

みんなのFXなら主要6通貨ペアすべてのスプレッドが業界最狭水準!
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
これら主要通貨が常に低コストで取引できます!

▽ぜひチェックしてみてください▽
https://min-fx.jp/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
買いスワップポイントが何と100円!トルコリラ円の取り扱いでいま熱いのはトレイダーズ証券!!

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、ドル円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。FX攻略.com公式サイトでもコラムを連載。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu

FX力を鍛える有名人コラム | トレイダーズ証券 | 井口喜雄の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]