米中貿易戦争でなぜドル円がさがらないのか[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

パウエルFRB議長は上院議会証言で堅調な米経済成長を改めて示しました。発言はサプライズが起きることなく、やや面白みに欠ける内容でしたが、「当面ゆるやかな利上げ継続が最善策」としたことで、年内あと2回の利上げが示唆され、ややタカ派となりドル円は113円台に乗る展開となっております。

米中貿易戦争でなぜドル円がさがらない?

米中貿易戦争ですが、緊迫状況(リスクオフ)にも関わらず、円買いではなく、ドル買いで反応しています。教科書通りにいけばドル円は下がりそうな展開ではありますが、今のマーケットは「安全通貨としてのドル買い」「有事のドル買い」として反応しています。腑に落ちない部分もありますが、マーケットは常に変化しており、今のルールに従っていくしかありません。そうなると日米の金融政策が真逆になるうえ、貿易戦争での円買いもないのであればドル円にとってのポジティブです。ドル円の次のターゲットは去年末にもみ合った113円ミドルになります。ここを明確に抜ければ115円の大台の節目も見えてきます。

ただ、今月末にライトハイザー米通商代表と茂木経済財政相による日米通商協議が開催されます。日米貿易是正へ圧力が高まることは必至のため、もし日米の通商問題がテーマとなった場合、リスクオフの円高になるかはしっかりと確認したいところです。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

どうなるブレグジット!不穏な動きを見せるポンドは何処へ

8月2日に行われるBOEでの利上げ期待が高まっており、あしもとでポンドは底堅く推移していましたが、英政府の与党内はブレグジットに対する考え方で分裂しており、ポンドは神経質な展開となりつつあります。

メイ首相は、16日に欧州懐柔派から提出された修正案を承認し、英下院を僅差で通過させました。ただ、EUとの穏健な離脱を望む議員から批判されるなど、板ばさみの状況が生まれており、さらなる修正案が準備されている上院での審議で互いの溝を埋められるか、メイ首相の手腕が試されることになります。

また、EUも離脱による「いいところ取り」はさせないでしょうから、こちらの交渉も難航することが予測されます。現段階ではEU離脱交渉に大きな進展が見られておらず、このままいくとブレグジット最悪のシナリオとしてEUが英国に対して合意のない離脱、いわいる「ハードブレグジット」の可能性も否定できなくなります。残された時間は限られており、英国の今後の交渉次第でポンドは一気に視界不良となるかもしれません。

★スプレッド業界最狭水準宣言。★

みんなのFXなら主要6通貨ペアすべてのスプレッドが業界最狭水準!
米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
これら主要通貨が常に低コストで取引できます!

▽ぜひチェックしてみてください▽
https://min-fx.jp/

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

↓↓ 【FX攻略.com限定】新規口座開設(無料)&1lot取引で月刊FX攻略.com3か月分もらえる!! ↓↓

【関連記事】
買いスワップポイントが何と100円!トルコリラ円の取り扱いでいま熱いのはトレイダーズ証券!!

井口喜雄の写真

井口喜雄(いぐち・よしお)

トレイダーズ証券市場部ディーリング課。認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティ市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、「米ドル/円」や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通している他、テクニカルを利用した短期予測にも定評がある。最近では、みんなのFXの無料オンラインセミナーにも登場し分かりやすい講義内容が好評を得ている。さらにTwitterでは、プロディーラーが相場についてリアルな意見を発信しているので要チェック。

公式サイト:トレイダーズ証券

twitter:https://twitter.com/yoshi_igu