ディーラーによる今週のドル円「分水嶺!今後のFXは投資対象として魅力的といえるか?」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「111円少し割れるも、大きく反発」

先週を一言で表すと「111円少し割れるも、大きく反発」です。

11月27日(月)に111.157円でスタートしたドル円。
月曜にさっそく、11月20日週からの要注目ライン111円を割る軟調な展開となりました。

しかしその後は戻して再び111円台へ。終値ベースでの111円割れは実現しませんでした。
その後は週を通してしっかり反発しました。

ハイライトは12月1日(金)。
特に大きく振り回されたのがこの2つのニュースです。

①税制改革法案のポジティブなニュース
(→ドル円上昇の材料)
②ロシア疑惑関連のネガティブなニュース
(→ドル円下落の材料)

完全にこの2つのバランスによりドル円の動きが左右される展開でした。

まずこの日、NY時間に米税制改革法案の期待の高まり(①)から、ドル円は上昇し、112.873円の高値をつけました。

しかし「フリン前大統領補佐官がロシア疑惑に関するトランプ大統領の関与を証言した」とのニュースによりドル円は一気に下落(②)、111.50円を割る大荒れの展開となりました。 

その後は、「米税制改革法案可決に必要な共和党票を確保」したとのニュース(①)が流れると再び反発。

結局112.165円でクローズとなりました。

さらに、今週、上院が税制改革法案を可決したことを背景に(①)、週明け大きく上昇してスタートしています。

ドル円、今週の見通し

移動平均線(SMA)をプロットしてみましょう。

パラメーター(設定値)は以下です。

短期:5
中期:25
長期:75

現在の足が短期・中期と長期の間に挟まれています。
これはあまり方向感が定まらない見通しの悪い状態です。 

「どっちつかず」ですね。

あとは、しいてあげれば直近で短期・中期がクロス(ゴールデンクロス)しており、これを買いのポイントと見る人もいます。一方で長期線が上値を抑えつけている状態にあり、この線がレジスタンスとして現状ワークしています。

ということで、勝負ポイントとはいえないので今週は様子見。
大きな動きがあるまで無理をしないことが一番です。

FXがオワコンに!?

最後に。

このままグダグダな動きが続くと本当にFXはオワコン(終わってるコンテンツ)になってしまうかもしれないと危惧しています。
例えば、ビットコインは今年1月には1BTC10万円前後でしたが今では120万円(約12倍!!!)です。100万円投資したらレバレッジなしで1年で1,200万円になっています。

一方のFXは今年のボラティリティはさんざんでした(そもそも現在の1ドル112円前後が1年で1ドル1,120円になったら経済大混乱してしまいますが)。

今後さらにレベレッジ規制も進む一方です。

FXに魅了されFXディーラーにまでなった僕としては寂しい気持ちでいっぱいです。
もっと盛り上がるといいんですけどね。

もちろん仮想通貨はボラティリティが高すぎるのでその分リスクもかなり大きいです。
どの通貨(仮想通貨ももちろん通貨です)をやるにせよ、リスク管理は徹底して下さい。

では、今週もリスク管理に気をつけてトレードしていきましょう。

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶゆうた)

ワイジェイFX株式会社ディーリング部。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

公式サイト:YJFX!