ディーラーによる今週のドル円「これでいいのか?FX」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「FOMCで下落!」

先週を一言で表すと「FOMCで下落!」です。 

12月4日(月)に113.51円でスタートしたドル円。
前週までの上昇の勢いに乗りきれず、4日(月)、5日(火)は小動きでした。

そして、6日(水)は注目のFOMC。
結果は予想通りの「利上げ」(0.25%)発表で、まったくサプライズのない展開となりました。

しかし、この発表後、ドル円は大きくさげました。

なぜでしょうか?

通常「アメリカが利上げ→ドル上昇」が教科書通りの展開ですが、この利上げはすでに織り込まれていたため、発表をうけむしろ落ち着いた結果です。

このように、FXは結果そのものではなく、マーケットのコンセンサス(総意)が重要です。
雇用統計などの重要指標でも同じことが言えますが、いくらアメリカの経済指標が強くても「マーケットのコンセンサスがそれを織り込み済みならば」ドル円のインパクトは少ないです。

そういう意味で、ファンダメンタルズ分析においては「アメリカの経済は今後どうなるか?」ではなく「アメリカの経済は今後どうなるか?と、マーケットのコンセンサスが考えているか?」を考える必要があります。

話を戻しますが、下落は15日(木)に112円で下げ止まりました。
そして16日(金)は反発。結局112.62円で週末クローズしました。

ドル円、今週の見通し

SMA(単純移動平均線)をプロップしてみましょう。
パラメータ(設定値)は以下です。

短期線:5
中期線:25
長期戦:75

3本の線が密集してきています。
つまり動きがない(読めない)展開ということ。

正直まったくおもしろくない展開です。
ミセスワタナベがFXから仮想通貨に流出してしまうのも理解できます。

参考:ブルームバーグ ビットコイン価格急騰の裏に「ミセス・ワタナベ」

もう年末が近づいてきました。無理は禁物です。
毎年この年末の時期は市場参加者が少なくなってきて動きがチョッピー(レートが飛んだり跳ねたりすること)になりやすいです。
トレードをする人は十分に注意しましょう。

では、今週もリスク管理に気をつけてトレードしていきましょう。

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶ・ゆうた)

ワイジェイFX株式会社ディーリング部。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

公式サイト:YJFX!

FX力を鍛える有名人コラム | YJFX! | 国府勇太の最新記事
FXオプション取引 基本と戦略|第5回 攻めにも守りにも活用できるゼロ・コスト・オプション[大西洋平]
トルコ大統領選に向けて警戒レベルを最大に[井口喜雄]
エリア手法の極意・実践編|第7回 エントリーの前後にすべきこと[FXプランナー]
【速報】FXトレードニュース|2018年6月18日〜6月24日[FX攻略.com]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第11回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析④[浅野敏郎]
外資系FX会社のあるべき姿[中里エリカ]
ディーラーによる今週のドル円「重要イベントも無難に終わる!意外と堅調な1週間!」[国府勇太]
FOMCは予想よりタカ派的!日米の金融政策格差広がりドル高へ[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その2|リバーサルフォーメーションとは[マックス岩本]
ケルトナーチャネル&RSI、平均足、MACD、DMI|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
FXオプション取引 基本と戦略|第4回 プレミアムの変動状況を計る指標[大西洋平]
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第12回 金や原油など商品市場はFXと関係性あるの?[井口喜雄]
【速報】FXトレードニュース|2018年6月11日〜6月17日[FX攻略.com]
エリア手法の極意・実践編|第6回 エリアの値幅を許容範囲まで絞り込む考え方[FXプランナー]
マーケットはリスクオン!乗らざるを得ない[井口喜雄]