ディーラーによる今週のドル円「反発!年内一勝負あるのか?」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「反発」

先週を一言で表すと「反発」です。

12月18日(月)に112.705円でスタートしたドル円。
先々週のFOMC後に大きく下げましたが、今週は反発しました。

反発の勢いは木曜まで続き、高値113.63円をつけました。
週末はほとんど動意なく113.315円でクローズしました。

ドル円、今週の見通し

SMA(単純移動平均線)をプロップしてみましょう。
パラメータ(設定値)は以下です。

短期線:5
中期線:25
長期戦:75

先々週の下落は、長期線がローソク足の実体で反発し、短期線が中期線手前で上昇に転じています。
サインとしては「買いのサイン」です。悪くはありません。

仕掛けるならロング(買い)です。
この場合、短期線をサポートの目安とします。

年末となり取引が閑散とするなか流動性が低いので一気にマーケットが動く可能性もあります。
とはいえ、このままなにもなく今年が終わるというのがメインシナリオです。

トレードをする人は十分に注意しましょう。
では、今週もリスク管理に気をつけてトレードしていきましょう。

※ 編集部より
国府勇太さんの連載コラムにつきまして。次回は2018年1月15日公開となります(2018年1月1日・8日は休み)。あらかじめご了承ください。

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶゆうた)

ワイジェイFX株式会社ディーリング部。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

公式サイト:YJFX!