ディーラーによる今週のドル円「トレンドが変わる?まさに転換点!」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「良い地合い(じあい)」

先週を一言で表すと「良い地合い(じあい)」です。

4月16日(月)に107.48円でスタートしたドル円。
月曜、火曜と連続で下落し一時107円を割りました。

しかしその後は3営業日連続で上昇。
週末20日(金)には注目ライン107.50円を超えました。

特に週後半は良い「地合い」(じあい:相場の雰囲気のこと。地合いが良いといいます。)でした。

要因は、懸念されていた2つのリスク、

1. 地政学リスク(シリアへのアメリカによるミサイル攻撃→アメリカとロシアの関係悪化→ドル下落)
2. 貿易戦争(アメリカと中国との報復関税合戦が激化→ドル下落)

の懸念が後退し、さらに日米首脳会談も無難に乗り切ったことでドルが買われやすい地合いとなりました。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

ドル円、今週の見通し

EMAをプロットしてみましょう。
EMAとは移動平均線(MA)の一種でより直近の価格を重視したMAです。

■パラメータ
短期:5
中期:25
長期:75

今年に入ってから続いた下落トレンドが底を打って、短期線と中期線のゴールデンクロスが形成(上昇のサイン)され、さらに今度は「短期線と長期線」のゴールデンクロスが形成されようとしています。

テクニカル的には「いよいよ上昇トレンドが本格化」といった形をしています。

今回おすすめするトレード戦略は2つ。

1. 重要ラインの107.50円をサポート(損きりの目安)のロング
2. 短期線をサポートとしてのロング

のどちらかです。

アナリストも強気になってきており、「110円を目指す」という方もいます。
今週、重要ラインの107.50円を割れることなく、しっかり足固めができれば、そういった展開も十分期待できます。

今週の動きに注目です。
では、今週もリスク管理に気をつけてトレードしていきましょう。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶ・ゆうた)

ワイジェイFX株式会社ディーリング部。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

公式サイト:YJFX!

FX力を鍛える有名人コラム | YJFX! | 国府勇太の最新記事
米中貿易戦争でなぜドル円がさがらないのか[井口喜雄]
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]