ディーラーによる今週のドル円「急伸!いよいよ110円が見えてきた?」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「金利差拡大!ぐいぐい伸びるドル円」

先週を一言で表すと「金利差拡大!ぐいぐい伸びるドル円」です。

4月23日(月)に107.782円でスタートしたドル円。
月曜から大きく急伸!
大台108円を超え、108円後半まで上昇しました。
続く、24(火)25日(水)もしっかりと力強さを感じる上げを見せました。

25日(水)に高値109.45円をつけると小反落。
週末27日(金)には先週の高値109.50を超える場面もあったものの、結局109円ちょうど近辺でクローズしました。

1週間を通してみるとしっかり上昇しています。

今週の注目するニュースは2つ。

注目ニュースその1

第1は、24日「アメリカの長期金利が大台の3%を突破」したことです。
これは4年振りで、FX関係者もみんな口をそろえて話題にしています。 

「ドル円ってどうして動くの?」という質問を初心者の方からいただくことがよくありますが、それは「金利差と経常収支」です(経常収支に関しては今度機会を設けて解説します)。 

この長期金利が3%を突破したということは、日本(円)とアメリカ(ドル)の「金利差」に影響があります。
アメリカの長期金利が上昇すると(そして日本の長期金利がそのままの状態だと)、「金利差は拡大」してドル円は上昇します。

今回もこの大台3%を突破したことにより、今後の金利差拡大を見越したドル買いが進んで上昇しました。

注目ニュースその2

第2の注目するニュースは、27日「日銀が2%物価目標の達成時期に関する文言を消した」ということです。
展望リポートといわれる資料から、2%の物価目標の達成時期に関する「2019年頃」という表現を削除しました。
このニュースへの評価は分かれるところですが、一般的には円売りの材料と見る人が多いです。

「当分、物価目標に達成しなそうなので金融緩和政策を持続するだろう」→日本の長期金利は上昇しない→一方でアメリカの長期金利が上昇しており金利差が拡大→円売り→ドル円下落 

というシナリオです。

いずれにせよ、今のマーケットのメインテーマは「日米の金利差」です。
今後出てくるであろう関連ニュースに注意して下さい。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

ドル円、今週の見通し

EMAをチャートに表示(プロット)させてみましょう。

EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種でExponential Moving Averageの略です。
単純な移動平均(SMA)が過去の価格をすべて足して単純に割ったものに対し、EMAは直近の価格を重視して計算を行っています。

ムズカシそうな話をしていますが、かんたんにいえば「直近の過去のデータを重視して、今後の方向性(トレンド)を探る」方法です。 

3本の線はそれぞれ抽出する過去の範囲(例えば、5日分のデータなのか25日分のデータなのか)が異なっています。

短期線(白):5日
中期線(赤):25日
長期戦(黄):75日

見ると先週、短期線が長期線を上回っています。
これはゴールデンクロスといい、買いのサインです。 

さらに、今「中期線が長期線」を上回ろうとしています。
これも同じくゴールデンクロスです。
クロスしたらさらに買いの強いサインとなります。 

この「中期線と長期戦」のゴールデンクロスが形成されると、「短期線>中期線>長期線」とEMAが並びます。

この並びが「もっとも強い上昇トレンド」のサインであり、この形が形成されようとしています。

戦略は基本は「買い」(ロングともいいます)です。

直近の109円や、白色の短期線をサポート(損切りの目安。これより少しだけ下に逆指値注文を置く方法が一般的です)としてトレードをするのがよいでしょう。

ただ、先週の急伸のあとなのであっさり下がってしまうこともあります。
その場合はしっかり損切りをして次の戦略を立て直しましょう。 

FXは単発のトレードでは負けることもあり、その時にいかにダメージを最小限にして資産を残せるのかが非常に重要です。
1回のトレードで資産の30%も40%も失うようでは、FXで最終的に勝つことはできません。 

では、今週もリスク管理に気をつけてトレードしていきましょう。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶ・ゆうた)

ワイジェイFX株式会社ディーリング部。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

公式サイト:YJFX!

FX力を鍛える有名人コラム | YJFX! | 国府勇太の最新記事
米中貿易戦争でなぜドル円がさがらないのか[井口喜雄]
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]