ディーラーによる今週のドル円「とにもかくにも、日本銀行の発表に注目!」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「111円でわかりやすい攻防」

先週を一言で表すと「111円でわかりやすい攻防」です。

先々週末のトランプ発言の急落から週末をあけた23日(月)は111.399円でスタート。

111円ちょうどを割り、安値110.752円をつける場面があったもののすぐに反発しました。

続く、24(火)、25(水)、26(木)、27(金)も大きな動きはなし。
下ヒゲでは111円をしっかり割っているのですが、終値(おわりね)では111円ちょうど近辺にとどまるという、「111円の意識過剰な状態」が続いた一週間でした。

さらにファンダメンタルズ的には、「日銀に警戒をしつつ、様子見」でした。

31日(火)に控える「日銀の金融政策発表」にマーケットの視線が注がれています。
(メディアの話題もそればっかりでしたね)

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

ドル円、今週の見通し

ラインを引いてみましょう。
もちろん引くのはこのライン。

111円ちょうどのレベルです。
上述しましたが、このラインかなり意識されています。

このラインを終値(おわりね)で割るようなことがあればさらに下げが加速するおそれもあります。

とにもかくにも日銀の金融政策発表に注目です。

概要をわかりやすく説明すると以下です。

① もともと日銀は「2%の物価目標」を掲げていますが、今年はもちろん来年や再来年にも目標を達成できる気配はまったくありません。



② そんななか、日銀が続けている金融緩和が長期戦となり、銀行などの収益を圧迫しています(いわゆる緩和の副作用と言われています)。



③ この長期化しそうな事態に対して、「なにか政策の変更」をするのかに注目が集まっています(そんなこと今するべきでないという反対論も根強いですが)。

発表の内容次第ではマーケットが急激に動きますので十分注意しましょう。

では、今週もリスク管理に気をつけてトレードしていきましょう。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶ・ゆうた)

ワイジェイFX株式会社ディーリング部。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

公式サイト:YJFX!