ディーラーによる今週のドル円「年末に大荒れ!とうとう110円台!」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「急落!110円台へ!」

先週を一言で表すと「急落!110円台へ!」です。

17日(月)に113.341円スタートしたドル円。
週明けからしっかりと下げ、113円を割れると18日(火)、19日(水)も続落。

そして、20日(木)にさらに下落が加速。
112円を割り、さらに111円も割り安値110.812円をつけました。

21日(金)は反発するもその後戻し、結局111.222円で週末クローズしました。

気になる先週のニュースは2つです。

① 19日:FOMCが利上げ(今年4回目)→(一般的には)ドル円上昇要因
② 20日:日本銀行の決定会合で金融政策の現状維持が決定→(一般的には)ドル円下落要因

年末、為替に限らず株式市場が大きく荒れています。

米国株(ダウ平均)・日本株(日経平均)がともに年初来安値を更新し、金融マーケットが大荒れです。
とくにダウ平均は先週1週間の下落率としては金融危機の2008年10月以来の大きさです。

原因は、「景気減速の懸念」という曖昧なもので、これといったイベントがなく全体的に大きく下げています。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

ドル円、今週の見通し

SMA(単純移動平均線)をプロットしてみましょう。
パラメーターは以下です。

短期:100
長期:200

今回の下落によってずっとワークしていた100SMAをとうとう割ってしまいました。

その下を200SMAが支えています。
長期では上昇トレンドに変更ありません。

下に行き過ぎたマーケットです。
特に長期投資の方にとっては押し目を拾ういいタイミングになります。

一度のタイミングで買うのではなく、タイミングを2回か3回に分けて、少しずつエントリーをしていく方法が有効です。
そうすることでさらなる下げの場面があったとき、保有コストを下げるチャンスとして有効活用することができます。

多くの投資家は「ここが底だ」という思い込みによって自滅するケースが多いです。
底を当てるのはプロでも難しいです。
タイミングを分けることでより有利な保有コストでポジションを持つことができます。

年末、荒れに荒れています。
十分リスク管理に気をつけてトレードして下さい。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

YJFX!の評判、口コミ、取引サービスをチェック!

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶ・ゆうた)

ワイジェイFX株式会社ディーリング部。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

公式サイト:YJFX!