ディーラーによる今週のドル円「FOMCの意外な結果!マーケットへの影響は?」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です

先週の一言「FOMCサプライズ!ただ動かない」

先週を一言で表すと「FOMCサプライズ!ただ動かない」です。

1月28日(月)に109.527円でスタートしたドル円。
110円の壁が重い展開が続くなか、この日は小幅に下落。

とくに注目は30日(日本時間31日午前4時)のFOMCです。

この日、FRBは「利上げを一時見送り」することを表明しました。

2018年に4回行って、2019年には2回と、順調なペース想定していた利上げですが、ここに来て暗雲が立ち込めました。
無理に利上げをすることで経済に悪影響が出ることを避けるためです。

さらに、保有資産の縮小について、そのペースを落とすことも検討していると表明しました。

いわゆるかなりタカ派(経済引き締めに慎重な立場)な発表に市場関係者は驚きました。

どちらも一般的にはドルが安くなる材料です。
そして、発表を受け、ドル円は一時下落(ドル安)しました。

発表時の1時間足はこちらです。

その後も下落が続き、31日(木)のNY時間には先週の最安値108.498円をつけました。

しかし週末1日(金)には雇用統計の良い結果を受けて反発し、109.505円でクローズ。
結局、1週間を通してみると週明けオープンと週末クローズのレートがほとんど一緒でした。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

ドル円、今週の見通し

ボリンジャーバンドをプロップしてみましょう。

みると、バンド幅がかなり収斂(しゅうれん)していることがわかります。
これは、ボラティリティ(変動率)がなくなってきているということ。
値動きのない状態が続いています。

こういった状態はどちらに行くのか方向感がつかめず、取引がしづらい展開です。
110円が重しになってトライしようとしても、超えられなかったことからどちらかといえば下(売り)推奨です。

その場合の損切り目安は110円です。

ただ、こういった相場ではスイングトレードをしてもレートが行ったり来たりすることで、焦って売買をしてジワジワ資産が減っていく方もいます。

こういった相場では取引回数を意図的に減らすことも有効な戦略です。

それでは、今週もリスク管理に気をつけてトレードしていきましょう。

↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

YJFX!の評判、口コミ、取引サービスをチェック!

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府勇太の写真

国府勇太(こくぶ・ゆうた)

ワイジェイFX株式会社ディーリング部。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

公式サイト:YJFX!