全てのページの検索結果 : 2709件

  • 詳細へ
    私が使う移動平均線の期間[不動修太郎]
    2020年8月3日
    私が使う移動平均線の期間[不動修太郎]
    移動平均線は数あるテクニカル指標の中でも歴史が長く、そして今でも多くの投資家が使っています。それだけにFXで移動平均線の期間の設定をどうすべきか、あれこれ悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回は、不動修太郎さんに移動平均線の期間について教えてもらいましょう。 長期の移動平均線とは  移動平均線の最も基本的な使い方は、1本の移動平均線の傾きは右肩上がりであれば相場が上昇、右肩下がりなら下落と予想する方法でしょう。長期移動平均線を使うと、相場の大きな方向性が分かりやすいです。専門家が株価や為替の日足で数か月の値動きを説明するときには、数か月以上の長期チャートに75日、200日などの長い期間の移動平均線が使われるケースが多いですね。 期間を変えるとどうなるのか?  チャート①は、2020年3月のドル円日足チャートです。このチャートの前半では、もみ合いのレンジ相場でしたが、水色の縦の破線で示した3月25日以降は欧米で新型コロナウイルスの感染者が大幅に増え、ドル安円高に動きました。チャート①の上側は、期間75の単純移動平均線、下は全く同じローソク足に期間25の単純移動平均線を表示していま…
  • 詳細へ
    眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第10回
    2020年8月3日
    眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第10回
    当企画は、投資家の眞壁憲治郎さんが募ったトレーダーの皆さんにFXで「わらしべ長者」を目指していただこうというもの。「労働者から資本家へ」をテーマに掲げ、参加者が知識と技量をしっかりと身につけながら、わずかな資金からでも大きく勝てるようになっていくことを目標としています。 自作EAを引っ提げておきらくFXさん参戦 眞壁 第1回から第4回まではトレード技術に関しての解説、第5回より実際の運用状況を基にお伝えしています。同時にトレードバトル(以下、MKB杯)を開催しました。これは30万円以下の資金で運用をスタートし、3か月間の成績を競う企画です。ツイッターにてメンバーを募集しており、どなたでも参加可能です。30万円から積み上げていくというのも「労働者から資本家へ」がテーマになっています。 眞壁 MKB杯の期間は、この記事を書いている時点で残り半分です。現在4月半ばですが、この記事が皆さんの目に触れるのは5月末の閉幕間近です。今回は「自動でおきらくFX」さんをお招きしました。MKB杯では30万円から1か月で47万円まで増やし、上位にランクインしています。お名前の通り自動売買でトレードされていま…
  • 詳細へ
    コロナ感染者数が示唆する為替相場[雨夜恒一郎]
    2020年8月3日
    コロナ感染者数が示唆する為替相場[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年8月3日号 先週のドル円相場 米中の政治的対立エスカレート懸念やコロナ感染第二波による米景気の先行き不安を背景にドル売りが継続。火曜日には3月以来となる105円台割れとなり、金曜日には一時104.19円まで下落した。 しかし米国株式市場が比較的落ち着いていたことからここで下げ止まり、週末・月末を前にしたショートカバーで106.05円まで反発。結局この週の下げ幅を取り戻して終了した。 なお先週開催されたFOMCは、金融政策の現状維持を全会一致で決定。声明の内容もほぼ前回の内容を踏襲した。また木曜日に発表された米4-6月期の実質GDPは前期比年率マイナス32.9%と過去最大の落ち込みとなったものの、予想(マイナス35%)ほどは悪くない結果だった。いずれも相場への影響は限定的だった。 コロナ感染者数推移を日米で比較する はたして現在のドル円は下落局面の中のアヤ戻しなのか?それとも104円までの下落は一時的な下振れだったのか? 今回はほかの要因を一切考えず、コロナ感染者数の推移から予想してみたいと思う。 まず米国だが、全米の一日当たりの新…
  • 詳細へ
    【犬トレーダーがるちゅーぶFXX】[Masato Shindo]]
    2020年8月2日
    なぜあなたはFXで勝てないのか?FXは一貫性 – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]
    はい、どうも。がるちゅーぶFXXのMasato Shindoです。お疲れ様でございます。いかがお過ごしでしょうか。 僕の方はというと謎の咳、たんに苦しめられ、外で咳するたびにババアどもの注目を浴びる今日この頃です。 さてさて、FXで95%の負け組にならないために知っておきたい、なぜ95%の負け組が誕生してしまうのかという謎に迫るシリーズ。今回は「フレキシブルすな」というテーマでいってみましょう。 フレキシブルすな 簡単に説明すると「一貫性のある条件付けをしましょう」ということです。一貫性のあるエントリーね。 エントリ―ポイントA、エントリ―ポイントBがあって、そこでエントリーする条件を考えないといけない。その時に今回は勝ちました、今回は負けましたってなって。「同じことをしているのに今回はなぜ負けたんだろう」ってバカそうに首をかしげる。そのときに、糞商材みたいに「今回はこういうところ気を付けないといけなかったよね、次から気をつけようね?」みたいに、条件が次々出てきたりコロコロ変わるのは本当によくないですね。 「先に言えよ!」ってなっちゃうよね。土壇場で生理を告白される気分だよね。なんだよ…
  • 詳細へ
    私のFXトレードの時間割[田向宏行]
    2020年8月2日
    私のFXトレードの時間割[田向宏行]
    人それぞれ生活リズムはまちまちであり、トレードできる曜日や時間帯は異なります。また、自身のトレードスタイルがスキャルピングなのかデイトレードなのかスイングトレードなのかによっても、1日のスケジュールは大きく変わってくるでしょう。ここでは専業トレーダーの田向宏行さんに、トレードの時間割を教えてもらいます。 午前中はチャートを確認して情報を収集 FXは24時間いつでも取引できるので、「じゃあ、いつ取引するのが一番良いのか」と迷う方もいるでしょう。今回紹介する私の1日が、どなたかの参考になれば幸いです。 知人のトレーダーの中には完全に夜型で、夕方に起きて欧米時間を戦場として朝方に寝る、という人もいます。しかし私は50代のオッサンなので、夜遅い日が続くとだんだん疲れるようになってきました。また、私はトレーダーとしては少し特殊で、FX関連の企画や本誌のように文章を書く仕事もさせていただいています。こうした仕事の打ち合わせは日中に入るので、あまり夜型にならないようにしています。 トレーダーは出社の必要がありません。普段は午前8時から10時ぐらいに腕にした活動量計Fitbitのバイブレーションで起こ…
  • 詳細へ
    FXライフ♪はじめよう|第5回ゲスト 齊藤トモラニ
    2020年8月1日
    FXライフ♪はじめよう|第5回ゲスト 齊藤トモラニ
    女性トレーダーへのロングインタビュー企画第5回は、老舗のFXスクール講師として多くの受講生を送り出してきた、齊藤トモラニさんをお迎えしました。初心者時代の勉強法や勝っているとき、負けているときの心構えなど、トレーダー目線の良いお話をたくさん聞くことができました。 200万→40万に。最初の大失敗を乗り越えて 編集部 FXを始めたのはいつごろですか? トモラニ 2006年8月です。もともと2002年くらいから株をやっていたんですが、2006年1月にライブドアショックがあって。これからの時代は株が難しくなるかもしれない、他の投資も探し始めなきゃ、と思っていたときに出会ったのがFXでした。 編集部 FXの存在が世間に認知され始めた時期ですね。 トモラニ ネット上にたくさん広告が出るようになって、1万通貨での取引がやっと可能になったくらいの時期ですね。当時、旅行会社に勤めていたので、仕事柄ドル円の値動きを毎朝チェックしていたんです。為替なら自分にもできそうだと思ったのがスタートです。 編集部 株の経験はFXにも生かせそうですね。 トモラニ ところが、そううまくもいかなくて。株のくせがついていた…
  • 詳細へ
    スワップポイントの仕組みを理解しよう[遠藤寿保]
    2020年7月31日
    スワップポイントの仕組みを理解しよう[遠藤寿保]
    FXには、為替差益とは別にスワップポイントという二つの通貨の金利差で利益を得る方法があります。FXの魅力の一つに挙げられるスワップポイントですが、どのような状況やタイミングで発生するのか、また仕組みが似ているといわれる外貨預金の金利とは何が違うのか。遠藤寿保さんに解説していただきます。 スワップポイントとは何か? FXでは、為替差益以外で利益を出す方法があります。それは、スワップポイント(金利差調整分)と呼ばれる2国間の金利差から得られる利益のことです。 FXは通貨の取引であるため、同時に金利の取引も行っています。2国間に金利差があれば、高金利の通貨を買い持ちしていると、金利差調整分のスワップポイントを受け取ることができます(図①)。ただし、売り持ちしている場合は逆に支払うことになります。スワップポイントは、ポジションを保有している間、毎日発生し土日も日数の対象となります。 受取日はポジションを持った日の2営業日後 スワップポイントは、ポジションを持ってからNYクローズといわれる、その日の締め時間をまたいで保有したときに発生します。この状態のことを「ロールオーバー」といいます。 実際の…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術【今月のテーマ|長期金利や中央銀行の金融政策が為替レートに与える影響】
    2020年7月31日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|長期金利や中央銀行の金融政策が為替レートに与える影響】
    今回は為替レートに多大な影響を与える「金利」について考えます。金利には長期と短期があり、10年国債の金利が長期金利の代表、中央銀行が決める政策金利が短期金利の指標になります。金利と為替レートには連動性があるので具体的なチャートで検証しましょう。各国中央銀行の今後の金融政策やテクニカル分析を基に、3大通貨&英ポンドの年末までの目標レートを探ります。 ※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。 ドル円相場は長期金利の代表指標・米国10年国債と密接に連動している 2017年の年末に向けて、為替市場では、 ●米連邦準備制度理事会(FRB)が12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を1.5%まで引き上げるか? ●欧州中央銀行(ECB)が量的金融緩和の段階的縮小(テーパリング)に踏み切るか? ●来年4月に任期満了が迫る黒田日銀総裁は世界的な金融引き締めトレンドに逆らって、今後も量的緩和策を続けるか? ●「今後、数か月以内に利上げが必要」という方針のイングランド銀行(BOE)は1…
  • 詳細へ
    2020年7月30日
    才色兼備なフィスコ企業リサーチレポーターの何でもコラム 馬渕の目|第4回 米国は「戦時下」の態勢で新型コロナに立ち向かう![馬渕磨理子]
    「スペイン風邪」の教訓、第2波に備える  新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大が進んでいます。このパンデミックによる経済的な影響として、例に挙げられるのが「スペイン風邪」です。1918~1920年に世界で大流行したスペイン風邪は当時の「新型インフルエンザ」で、第2、第3の波がありました。世界人口が約20億人であった中、5000万人以上もの死者を出したともいわれています。  中国政府は4月8日、2か月半ぶりに武漢封鎖を解除していますが、解除が早すぎるとの声もあります。また、専門家たちは感染拡大の第2波が訪れる可能性があると考えています。日本では梅雨の時期にいったん落ち着く可能性があるものの、世界的な流行は収まらないかもしれません。秋以降の再流行に備えるべきでしょう。 戦時並みの厳戒態勢を敷く米国  米国は、朝鮮戦争下の1950年に成立した「国防生産法」を復活させています。このトランプ米大統領による「戦時下の態勢」である新型コロナウイルス対策は、国家安全保障に必要な製品の受注を満たすため、民間企業に増産を指示する権限を大統領に与えるものです。人工呼吸器や医療用マスク、手袋などを生産する民間…
  • 詳細へ
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|「ボリンジャーバンド」で見るコロナショックの衝撃と為替変動率】
    2020年7月30日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|「ボリンジャーバンド」で見るコロナショックの衝撃と為替変動率】
    欧米の感染者・死者はピークアウトしそうになっているものの、新型コロナウイルスの蔓延がいまだ世界経済と金融市場を席巻しています。変動率マックスの相場分析に役立つ指標といえば「ボリンジャーバンド」。95%以上の確率でその中に値動きが収まるといわれる±2σバンドなどを使って、「驚き」といえるドル円横ばい相場など、コロナショック下の為替市場の現在を分析してみましょう。 ドル円の短期乱高下相場を制するのはボリンジャーバンドのバンドウォーク  新型コロナウイルスの世界的な感染拡大はとどまるところを知らず、感染者400万人、死者30万人越えは確実の情勢です。  米国が世界一の感染地になったことで、金融市場で注目されるようになったのが、米労働省が毎週木曜日に発表する「週間新規失業保険申請件数」です。申請した失業者の数は3月中旬から4週間で2200万人に達し、過去10年で創出した雇用がたった1か月で消失してしまうという凄まじい状況になっています。2月時点では3.5%と過去最低水準だった失業率が20%超に跳ね上がるという最悪のシナリオが現実になりそうです。  4月中旬に国際通貨基金(IMF)が発表した世界…
1 2 3 4 271