楽天MT4新規口座開設
ひろぴー

ビットコイン座談会〜ビットコインが今夏に高騰する理由

座談会参加者プロフィール

ひろぴーさん/専業トレーダー

ひろぴーさん

投資歴6年目の昨年、会社を退職し投資専業に。FXからビットコイン、スイングからデイトレ、シストレまで何でもこなす雑食型。

http://fxhiropi-turbo.com/

国府勇太さん/ワイジェイFXディーラー

国府勇太さん

ワイジェイFXの現役ディーラー。ビットコインへの造詣も深く、ウェブではビットコインについての『現役ディーラーが語る!今週のビットコインの見通し』を連載中。

https://news.bitflyer.jp/category/news/
(カテゴリー「ビットコインニュース」で連載)

白石咲華さん/ビジュアル系投資家

白石咲華さん

ビジュアル系バンドのボーカリスト、ネイルサロン経営者、大学生などさまざまな顔を持つ個人投資家。ポートフォリオの10%ほどをビットコインで保有する。

高城泰/投資ライター

高城泰さん

FXやビットコイン関連の取材を中心に活動する。ビットコインについて解説した書籍に『ヤバイお金』。FXに関する連載も。

http://fx.aol.jp/author/taka/

※座談会は2016年4月13日に開催。その日の「ビットコイン/円」は約4万7千円。
※この記事は、FX攻略.com2016年7月号を転載したものです

安倍内閣はビットコインの環境整備へ

高城 皆さん、ビットコインとはどう付き合っているんですか?

ひろぴー 長期的な値上がりに期待して買っています。(1ビットコインが)4万円くらいの時期に購入したので、今は含み益ですね。

国府 私は買ったのが4万7千円ほどだったので、損益ゼロくらいですね。

白石 僕はビットコインに興味を持ったきっかけがマウント・ゴックスの破たん。それから買ったり売ったりしていて、今の平均単価は2万円台後半だと思います。短期というよりは長期保有が基本ですね。

高城 マウント・ゴックスのニュースが印象に残っているのか、ビットコインへの不安、不信感を持っている人は多いですよね。

ひろぴー 安倍内閣は3月の閣議でビットコインなどの仮想通貨に対する規制案を閣議決定しましたし、社会的な認知度も高まってくると思います。

白石 伊勢志摩サミットが開かれるころ(5月26・27日)には、国会で法案が可決されているでしょうね。

高城 2月にはDMMがビットコイン決済を採用するなど、決済手段としても少しずつ浸透してきていますね。株式市場でもビットコインが大きなテーマとなり関連銘柄が高騰しましたし、徐々にビットコインの認知度が高まっているのを感じます。

ビットコインは「クラウド版のゴールド」

国府 私たちのようなFX会社としても、座視していられなくなりそうです。

高城 マネーパートナーズのようにビットコインへ積極的に乗り出そうとしているFX会社がありますし、FXトレーダーの中からもひろぴーさんをはじめビットコインを積極的に取引対象にしようとする動きも目立ってきました。

ひろぴー 僕は雑食トレーダーなので値動きがあれば取引対象は何でも良いんですけど(笑)。でも、真面目な話、中長期的に見ればビットコインは上がると多いますよ。

国府 ビットコインは総発行量が2100万枚に限られています。供給に限りがあることや価値の交換手段として使えることなどの共通点があるため、「ビットコイン=ゴールド」とイメージすると理解しやすいんですよね。インフレ率を加味すると、ゴールドの価値は1802年から現在まで13倍になりました。ビットコインもゴールドと同じように今後上昇を続けても不思議はありません。

ひろぴー 「クラウド版ゴールド」ですよね。ゴールドが「有事の金」と言われて戦争やテロがあったときに買われやすいのと同じく、ビットコインもリスクオフ局面では買われやすい性質を帯びていくのかなとイメージしています。次のリスクオフ局面で高騰しないかなと期待してるんですけど。

高城 過去にはギリシャやキプロスの金融危機が起きたとき、ビットコインが注目されました。最近だとマイナス金利の施行でタンス預金が増加して金庫が売れているそうですが、そうした資金の一部がビットコインに流れる可能性もありますよね。ビットコインなら金庫がいらないですし。

白石 無尽蔵に紙幣を印刷している円と違って総発行量が限られているため、インフレリスクが少ないメリットがあります。そのため資産の保全方法として優れていますし、新興国、とくに自国の通貨が信用できない国ほどビットコインのニーズが高い傾向もあります。国際送金も簡単だから出稼ぎの送金にも便利なこともその理由の一つだと思いますが、新興国の需要が上昇のきっかけになるかもしれないですね。

チャートは持ち合い形成中上放れが有力

高城 今後の値動きについては、どう考えていますか?

国府 私は「bitFlyer」(ビットフライヤー)というビットコイン取引所でチャート分析を書いているんです。そこでも指摘したのですが、ビットコインのチャートを見ると「シンメトリカル・トライアングル」(対称三角形)になっています。

ひろぴー 三角持ち合いですよね。

国府 持ち合いもかなり煮詰まってきていて相場のエネルギーが溜まった状態ですから、このトライアングルを抜けたときには大きな値動きとなる可能性が高いんです。

高城 抜けるとしたら上と下、どちらでしょうか。

国府 シンメトリカル・トライアングルでは統計上、前回と同じ方向に放れる可能性が濃厚。前回は上放れでしたから、今回も上方向に抜ける可能性が高いと見ています。

白石 ファンダメンタルズ面を見ても今年の春・夏はタイミング的にも良さそうです。伊勢志摩サミットなど今後は国際会議でビットコインが議題になることもあるでしょう。そうしたタイミングで買いが集まるかもしれないですし、夏頃には「半減期」が到来します。

高城 新規のビットコインは「マイナー」(採掘者)に対する報酬として発行され、発行ペースは上限の2100万枚に向かって逓減するように設計されています。最初は50ビットコインずつ発行されていたのが、2012年に25ビットコインへと半減しました。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

サミットや半減期が上昇シグナルに?

白石 次の半減期が今年7月ごろと予想されているんです。単純に考えれば半減期を通過すると新規の供給量が半分になるので、需給的には値上がり要因となるはずです。

国府 ターゲットとしては前回高値、対米ドルの1200ドルが意識されますね。

ひろぴー そのとき1ドル=100円としても1ビットコイン=12万円。4月中旬時点で4万7千円前後ですから、まだまだ買える水準ですね。

白石 本当にそうなんです。ビットコイン投資に二の足を踏む人がよく言うのは「今からじゃ遅い。もう割高水準なのでは」ということ。社会のビットコイン対応はまだ始まったばかりだし、チャート上の上昇余地を考えても、全く遅くない。

ひろぴー 米ドルやユーロが今から2倍、3倍になることは考えづらいですが、ビットコインは2倍どころじゃなく上がる可能性が高いんですよね。

高城 しかもビットコインは下値リスクも限定されていますよね。原油市場で採算分岐価格が意識されるように、ビットコイン市場でもマイナーの「採掘コスト」が意識されます。「これ以上、下がったら採掘しても採算が合わない」とされる価格が200ドルと言われており、それ以下に下がることは考えづらい。過去にも何度か200ドル割れを試しましたがサポートされてきました。

白石 のんびり待てる人なら200ドルを下限にして買い増していくのも良いでしょうね。

2人が一致した信頼性抜群の有力取引所

高城 そこで問題となるのが取引所選び。マウント・ゴックスの破たん後、日本でもビットコインの取引所がいくつか生まれていますが、未経験者は「どの取引所が良いのだろう?」と迷ってしまいます。皆さんはどこを使っているんですか?

ひろぴー 僕が使っているのはビットフライヤーです。

国府 私もですね。

ひろぴー シェアもトップクラスですし、資本金は8億円(編注・現在は約39億円に増資)。その辺のFX会社より大きいですし、株主にも三菱UFJや三井住友海上のベンチャーキャピタルやリクルートなどの超大手企業が並んでいる。初心者には安心感があると思います。

白石 僕はビットフライヤーも使っていますが、メインは「coincheck」(コインチェック)ですね。

高城 どちらも「JADA」(日本価値記録事業者協会)に加盟していますね。JADAはビットコインなど仮想通貨関連企業の自主規制団体として活動していて、政府との折衝窓口ともなっている。JADAに加盟しているかどうかは、信頼性を測るものさしの一つとなりますね。4月時点だとビットフライヤーとコインチェック、それに「kraken」(クラケン)の3社が加盟しています。

購入手続きはFXより簡単

ひろぴー あとは使いやすさですね。僕がビットフライヤーでビットコインを買ったときは、すごく簡単でした。メールアドレスだけで口座を作れるし、免許証などの本人確認書類の提出やパスワードの受領などもネット上の手続きで完結できて、銀行振込はもちろんコンビニでも入金できる。「えっ、これで良いの!?」っていうくらい簡単に買えました(笑)。

国府 よく「いくらから買えるの?」と聞かれることもありますが、ビットフライヤーだと最低取引単位が0.0000001ビットコイン。極端な話、1円からでも買えるんです。ただ、それでは持っている実感がわかないと思うので、最初は0.01ビットコイン=500円弱くらいで試してみてはどうでしょうか。

ひろぴー 少額で使い方や仕組みが飲み込めてきたら、だんだん金額を大きくしていけば良いんですよね。

白石 分からないことも多いと思いますが、実際にビットコインを持ってみるとブロックチェーンや、「オルトコイン」(ビットコイン以外の仮想通貨)への関心も高まってくると思います。

(編注)JADAはJBAへ改組しました

座談会で名前の上がった日本価値記録事業者協会(JADA)は4月15日に改組し、一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)が設立されました。同協会は、改正資金決済法(近日成立予定)が定める「認定資金決済事業者協会」となることを目指し、活動していくそうです。

公式サイト:http://jba-web.jp/

※この記事は、FX攻略.com2016年7月号を転載したものです

FX攻略.com編集部がオススメする仮想通貨取引所

GMOコイン


GMOコイン公式サイトはこちら≫≫≫

FXトレーダーなら誰もがご存知のFX会社、GMOクリック証券。GMOコインは、そこと同じGMOインターネット(東証一部上場)グループですから、初めての仮想通貨用の口座として安心感があります(取引ツールがFXネオのものと似ている点も嬉しいところ)。またここは、仮想通貨の現物売買取引だけでなく、レバレッジを効かせた仮想通貨FX(取扱通貨ペアは、ビットコイン/円。2017年12月21日時点)も可能です。

【関連記事】
【ビットレ君】使ってみたら驚いた!GMOコイン仮想通貨FX専用スマホアプリの実力&使い方解説
3日で3倍になった仮想通貨リップルをGMOコインが販売開始!お得なプレゼントキャンペーンも!!
話題の仮想通貨をGMOコインでトレード!

口座開設・申込み(GMOコイン公式ページへ)
ABOUT ME
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい