マックス岩本

  • 詳細へ
    「ボリンジャーバンド」を理解する その2|標準偏差[マックス岩本]
    2020年4月23日
    「ボリンジャーバンド」を理解する その2|標準偏差[マックス岩本]
    マーケットの価格は正規分布にならない 前回はボリンジャーバンドの概要と活用する際の注意点に加えて、親類関係にあるエンベロープとの違いについて解説しました。今回は、ボリンジャーバンドを実践で活用いただくためにも、さらに突っ込んだ部分について解説していきたいと思います。 まずは簡単なおさらいです。ボリンジャーバンドは移動平均線を応用したトレンド系指標の仲間で、そこに統計学を盛り込むことにより、相場の方向性だけでなく一定期間における価格のばらつきをも教えてくれる万能指標であるとお伝えしました。ボリンジャーバンド最大の特徴は、ミッドバンドと呼ばれる単純移動平均線の上下に伸縮する+1σ、−1σ、+2σ、−2σ、+3σ、−3σの各ライン、つまり「標準偏差」にあります。そのため、ボリンジャーバンドを活用して適切な売買タイミングを捉えるためには、この標準偏差に対する理解が欠かせません。 まれに、統計学上のデータが±1σ〜±3σの間にデータが収まる確率が68.3%〜99.7%であるということを根拠に逆張りを推奨される方がいますが、それは大きな間違いです。あくまで、この統計的なアプローチが有効なのは、その…
  • 詳細へ
    「ボリンジャーバンド」を理解する その1[マックス岩本]
    2020年4月22日
    「ボリンジャーバンド」を理解する その1[マックス岩本]
    フォーメーション分析に続き、今回からは「ボリンジャーバンド」について学んでいただきます。ボリンジャーバンドは統計学を用いたFXのメジャーなテクニカル指標ですが、その特性を表面的にしか理解していない人も多いのではないでしょうか。ここではマックス岩本さんに、ボリンジャーバンドの基礎から実践的な活用法までを徹底的に解説してもらいます。 特徴を把握することで高い効果が期待できる 前号まで6回にわたりフォーメーション分析について解説してきましたが、今号からは「ボリンジャーバンド」を取り上げ、基礎から応用、実践的な活用方法をお伝えしていきたいと思います。 まず、あなたはボリンジャーバンドと聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 中には“移動平均線を応用した逆張り指標”というイメージをお持ちになる方もいらっしゃると思います。ただ、私としてはそういった偏った見方・使い方をするにはもったいない指標だという認識があります。 ボリンジャーバンドを活用して失敗する方の多くは、偏った見方をしすぎることと性質の理解が甘いことが原因となるケースが多いです。ボリンジャーバンドは、その特徴をしっかりと理解し、幅…
  • 詳細へ
    2018年9月4日
    フォーメーション分析を理解する 最終回|すぐに実践できるダマシの回避方法[マックス岩本]
    過去5回にわたりお届けしたフォーメーション分析についての解説も、今号で最後となります。これまでにフォーメーション分析の基礎から応用、そして実践的な活用方法をしっかりと学ぶことができたと思います。今回は総集編として、フォーメーション分析における「ダマシの回避方法」をマックス岩本さんにレクチャーしてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年10月号の記事を転載・再編集したものです 【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】 ・その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは ・その2|リバーサルフォーメーションとは ・その3|ダブルフォーメーションとは ・その4|コンティニュエーションフォーメーションとは ・その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] パターンを見誤るとダマシに遭う可能性も 前…
  • 詳細へ
    2018年7月10日
    フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
    マックス岩本さんに、相場動向の予測に役立つ「フォーメーション分析」を教えてもらう当企画。前号では短期完成型のペナント、フラッグ、ウェッジのチャートパターンを学習しました。それに続いて、今回はスパイクやソーサーといった「リバーサルフォーメーション」について解説してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年9月号の記事を転載・再編集したものです 【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】 ・その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは ・その2|リバーサルフォーメーションとは ・その3|ダブルフォーメーションとは ・その4|コンティニュエーションフォーメーションとは 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] ソーサーはトレンド転換が認識しづらい 前号では、コンティニュエーションフォーメションの代表格であるペナント、フラッグ、ウェッジについて解説しま…
  • 詳細へ
    2018年7月1日
    フォーメーション分析を理解する その4|コンティニュエーションフォーメーションとは[マックス岩本]
    マックス岩本さんに、相場動向の予測に役立つ「フォーメーション分析」を教えてもらう当企画。今回は、ペナント、フラッグ、ウェッジといった中段保ち合いの場面でよく見られる「コンティニュエーションフォーメーション」について解説してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです 【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】 ・その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは ・その2|リバーサルフォーメーションとは ・その3|ダブルフォーメーションとは 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] コンティニュエーションは短期完成型のパターン 前号では、リバーサルフォーメーションの代表格ともいえるダブルフォーメーションについて学びました。それに続き、今回はペナント、フラッグ、ウェッジといったコンティニュエーションについて解説してい…
  • 詳細へ
    2018年6月26日
    フォーメーション分析を理解する その3|ダブルフォーメーションとは[マックス岩本]
    フォーメーション分析を題材にしたこの連載も、3回目を迎えました。トライアングルフォーメーション、ヘッドアンドショルダーズに続き、マックス岩本さんが教えてくれるのは、初心者から上級者まで愛用しているチャートパターン「ダブルフォーメーション」です。 ※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです 【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】 ・その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは ・その2|リバーサルフォーメーションとは 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] トレードスタイルを問わず使える分析法 今回解説するダブルフォーメーションは、ヘッドアンドショルダーズ同様に、天井や大底など、トレンドの転換局面に現れるチャートパターンです。ヘッドアンドショルダーズに比べて、発生頻度が高く汎用的なボトムやトップを形成するチャートパタ…
  • 詳細へ
    2018年6月17日
    フォーメーション分析を理解する その2|リバーサルフォーメーションとは[マックス岩本]
    前号では、数あるフォーメーション分析の中でも、比較的に発生頻度の高いトライアングルフォーメーションについて学びました。それに続き、今回はトレンド反転型のリバーサルフォーメーション、および市場参加者の心理を読み解く極意をまとめてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです 【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】 ・その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] ヘッドアンドショルダーズトップ 相場の継続的なトレンド(上昇or下落)を形成後の値動きには、大きく二つのパターンがあります。一つは、そのトレンドが反転するケース、もう一つはそのままトレンドが継続するケースです。前者は、天井や大底局面などのトレンドの終盤に現れるのに対して、後者はトレンド中盤の保ち合い局面に現れま…
  • 詳細へ
    2018年6月12日
    フォーメーション分析を理解する その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは[マックス岩本]
    初歩的な分析手法であるトレンドラインを理解したところで、次に学んでもらいたいのがチャートのパターン(形)から売買のタイミングを読み取るフォーメーション分析です。そんなフォーメーション分析の基礎から実践的な活用法までを、今号から数回にわたりマックス岩本さんにレクチャーしてもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年5月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 ・トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本] ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] 市場参加者の心理が読み取れるチャートパターン 前号まで3回にわたりトレンドライン分析を取り上げてきましたが、今号からはフォーメーション分析を取り上げ、基礎から応用、実践的な活用方法を解説していきたいと思います。 では初めに、フォーメーション分析と聞いてどんなチャートパターンをイメージしますでしょうか。三角保ち合いや三尊天井、ダブルトップ(ボトム)はあまりにも有名ですが、それ以外に…
  • 詳細へ
    2018年6月10日
    トレンドラインを理解する その3|トレンドラインとチャネルラインの実践的活用方法[マックス岩本]
    マックス岩本さんに「トレンドライン」の基本から応用までを体系的にまとめてもらう当企画。今回はトレンドライン分析の総集編として、トレンドラインとチャネルラインのより実践的な活用方法を教えていただきましょう。 ※この記事は、FX攻略.com2017年4月号の記事を転載・再編集したものです 【トレンドラインを理解する[マックス岩本]】 ・その1|トレンドラインとは? ・その2|エントリーや決済の判断方法 【関連記事】 ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] トレンド転換局面とエントリーポイント 前回は、トレンドライン分析を使ったエントリータイミングの見極め方と、トレンドの継続性を図る上で欠かすことのできないチャネルラインの活用方法についてお伝えしました。 トレンドライン分析を取り上げて3回目となる今回は総集編として、具体的なチャート事例を対象に、より実践的な活用方法について解説していきたいと思います。 それでは、はじめにおさらいです。図1(「米ドル/円」15分足)をご…
  • 詳細へ
    2018年6月8日
    トレンドラインを理解する その2|エントリーや決済の判断方法[マックス岩本]
    マックス岩本さんに「トレンドライン」の基本から応用までを体系的にまとめてもらう当企画。今回のテーマは、トレンドラインを用いてエントリーや決済の判断をする方法についてです。新しい「チャネルライン」の概念も加わります。 ※この記事は、FX攻略.com2017年3月号の記事を転載・再編集したものです 【トレンドラインを理解する[マックス岩本]】 ・その1|トレンドラインとは? 【関連記事】 ・移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本] ・【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本] どのタイミングでエントリーする? 前回は、2点以上の高値同士もしくは安値同士を結んで引いたラインがトレンドラインであり、その傾きによってマーケットの方向性が示唆されるということ。そして、トレンドには“一定期間続く”という特徴があるため、マーケットの方向性が分かり、売買戦略を構築する上でも有用な情報になるということをお伝えしました。今回もトレンドラインについて、さらに掘り下げて解説していきたいと思います。 それでは問題です。図1のように、2点の…