FX力を鍛える有名人コラム

ディーラーによる今週のドル円「戻しが予想される今週、どこでショートを持つべきか?」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

では、今週の米ドル/円の見通しを見ていきましょう。見るのは日足です。

先週を一言で表すと「下げトレンド加速。100円を終値で割れる」です。

お盆明けの15日月曜こそ動きのない相場(十字線)でしたが、先週週明け火曜日に大きく下落、7月8日以来再び100円を割り込みました。

そのあとは大きく反発。水曜には 「やはり100円の壁は厚いな」と思わせてから、木曜には再び100円を割る展開を見せました。

この木曜が今後のテクニカル的にかなり重要です。

いままで、日足ベースの「終値」で100円を割ることはなかったのですが、この日にとうとう割れました。

「日足の終値で100円を割れた」ことは今後の下落トレンドの強まりを示唆します。

ドル円の今の主要テーマ「利上げがあるのか?」について

このドル安、「アメリカの利上げが年内無くなるのではないか?」との見方が強まったことが影響しています。

現在「アメリカは年内利上げをするのか?」がマーケットの主要テーマになっており、マーケットは「しない」という見方が多勢です。

もう日銀の追加緩和についてはマーケットはほとんど期待していません。現状、日銀が米ドル/円を「持続的に」上昇させることはあまり考えられません。

一方、FED関係者が年内利上げを示唆する発言を行えば、ドルは買われ上昇することが考えれます。

今週の見通し

今週も見通しは下です。

100円割った後は大きく反発していますが、そういった大きく戻すポイントがショートの絶好のポイントです。

EMA(指数平滑移動平均線、移動平均線の一種で直近のレートをより重視します)を見てみましょう。

短期・中期・長期いずれも下向きなので典型的な下げトレンドです。

次にボリンジャーバンドを見ていましょう。

直近の動きに注目してみて下さい。

-1σ(マイナス1シグマ)に沿って移動していることがわかります。
こちらも、下落トレンドのサインです。

前回にもこの−1σラインに沿った動きをしたことがあるのですが、その際中央の線(白:EMA21)がレジスタンスの役割をしており、前回もここでピタリと止まっています(その後再びしっかり下げました)。

より慎重なところでエントリーしたい方は、「セルオンラリー(戻り売り)」の一つのポイントとしてここまで戻るのをじっくり待ちましょう。
今回の中央の線(EMA21)のポイントは102円ちょうどです。

つまり今週は、100.88円か102円を戻り売りのポイントの参考にすることをおすすめします。

この際注意するのは、かならず上がって「下がりはじめたことを確認」してから売ること。

上昇が勢いづくなか、このポイントに近づいたからといって何も考えずに売るとそのままあっさりラインを抜けて大きな損失を抱えることになりかねません。

売るのは「下がったこと」を確認してからがセオリーです。

では、今週もトレードがんばりましょう。

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい