FX力を鍛える有名人コラム

ディーラーによる今週のドル円「その気持ちわかります。損切りがどうしてもできない人へ送るメッセージ」[国府勇太]

国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「動きなし!以上」

先週を一言で表すと「動きなし!以上」です。

先週5月22日(月)には、111.14円でスタートしたドル円。

先々週までのドル円は、ロシアゲート(トランプ大統領が連邦捜査に介入した疑いがある→それによりトランプ大統領が弾劾されるかもしれないという懸念)でリスクオフの動きが加速。ドル円は大きく円高に振れていました。

ただ、今週は一転。
値動きが落ち着いた展開でした。

「動かないね―。」というのが現場のディーラーの声です。
穏やかなマーケットです。

一般的にFXはある程度の値幅がないと稼ぐことは難しいです。つまりこういった穏やかなマーケットは「稼げないマーケット」ということ。無理をして取引をする場面ではありません。

値動きを見ると、「取引したいマーケット」と「取引すべきではないマーケット」というのは峻別ができます。
先週は明らかに後者でした(もちろん時間軸を5分足など短くしてするという方法はありますが)。

結局1週間を通して、111円と112円の間をうろうろし、111.30円で週末クローズしました。

ドル円、今週の見通し

EMA(指数平滑移動平均線)をチャートにプロットしてみましょう。

ここでおさらいですが、EMA(イー・エム・エー)とは、移動平均線(MA)の一種です。
Exponential Moving Averageの略で指数平滑移動平均線といいます。

直近の価格を重視して計算を行うため、「直近の動きから今後どうなりそうかな」という時に見ると便利なテクニカル指標です。

パラメータは、以下です。

・短期線(白):25日
・中期線(赤):75日
・長期線(黄):200日

見ると3つの線が3本ともほぼ水平状態です。
水平というのは方向感がつかめない難しい展開ということです。

しいてサインをあげれば、短期線と中期線のデッドクロス(短期線<中期線となった)ということ。

あえてトレードをしかけるとすれば、111円を割れたところで勢いにのってのショートをしたいところです。

前回安値110.23円まで下げたら一旦利益確定させ、再び2度目のショートを行う方法も有効です。
その場合の損切り目安は111円です。

(上昇して損切りしても始めのショートで利益を得ているから2本目のショートのマイナスと相殺されて損益をプラスマイナスゼロ。さらに下げが加速すれば追加分稼げるという利大損小のスタイルです)

この方法を行うと111円でショートをずっとしっぱなしの状態よりも、心理的な負担を若干減らすことができます(一旦は利益を確定している。)。ただ、あまりにも細かい値幅でやりすぎるとスプレッド分コストがかさむので注意して下さい。

「損切りできない」となげく方へ

これ、実は損切りのケースでも有効です。

例えば、1万通貨のショートで1円アゲインスト(ポジションと逆の方向)に行ってしまった。
切らないといけない水準なのにどうしても損を切れない。

でも、まずはいったん損を切ってスクエア(ポジションをない状態)にする。

この場合、心の中は1万通貨のショートを再度エントリーするつもりのままでも大丈夫です(つまり実質的には保有し続ける)。そういった精神状態で「エイっと」損切りをすると、意外とできてしまいます。

スクエアになったあとは見方が変わって冷静になり、再びショートをするつもりはなくなっていたりします。

損切りの大切さは皆さんが説くところですが、「言うは易し行うは難し」です。
実際には本当に難しいその気持ちもよくわかります。

なかなか損切りができない人は、一つのメンタルをコントロールする方法(「エントリーしなおそうというメンタルで一旦損切りする」方法。いいネーミングを誰かして下さい(笑))として参考にして下さい。

ほかにも実に単純ですが、あらかじめこのラインに言ったら損切りすると周りに宣言しておく人、「うっ」「よっし」と大きな声を発したら損切りできる人などいろいろな人がいます(こういった事例は実際のディーリングルームのプロディーラーでもいます)。

柔道ではじめに行う練習は「受け身」です。
攻撃の仕方よりも、やられたときにいかにダメージをおさえるかが重要です。

FXの場合も同じです。

まずは、しっかり受け身の練習(損切り)をしておきましょう。
それが結局は資産を増やすことにつながります。

今週は米雇用統計

最後に、今週は月に一度のビッグイベント雇用統計が6月2日(金)の21:30(日本時間)にあります。

最近、雇用統計も以前ほどは動かなくなり、肩透かしになることが多いですが、今でも月に一度のビッグイベントという位置づけは変わっていません。十分注意して下さい。

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい