楽天MT4新規口座開設
FX力を鍛える有名人コラム

ディーラーによる今週のドル円「反発!戻り売りのチャンス到来?」[国府勇太]

こんにちは。国府勇太です。

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

先週の一言「反発!!」 

先週を一言で表すと「反発!!」です。 

1月29日(月)に108.086円でスタートしたドル円。

1月30日(火)には108.41円まで下げましたが、その後は3日連続上昇。
先々週までの下落基調から一転、先週は反発した1週間でした。 

そして、1月31日(水)にはイエレン氏最後のFOMCがありました。
タカ派(どんどん利上げをしましょうというスタンス)の発言になり、これで3月に利上げは確実視、さらに年4回の利上げもあり得るのではとの見方が広がりドル円の反発を支える材料となりました。

週末はアメリカの超重要な経済指標である、雇用統計の発表が日本時間22:30にありました。

結果は以下です。

・NFP(非農業部門雇用者数変化:前月比):予想18万人 結果20万人
・失業率:予想4.1% 結果4.1% 

雇用統計の発表は「予想」と「結果」がどれだか乖離しているかがポイントです。
一般的にNFPは予想よりも数字が良ければ(大きければ)ドル円上昇、逆なら下落となります。(アメリカの経済が良いとドルが買われる構造) 

そして今回、NFPの結果(20万人)は予想(18万人)よりも良い結果だったので、そのことを受けドルが買われ一時高値110.48円まで上昇しました。

結局110.182円で週末クローズしました。

ドル円、今週の見通し

EMAをプロットしてみましょう。
パラメータ(設定値)は以下です。 

短期:5
長期:25

今週の反発により、先週から指摘しているこの長期線(赤:25EMA)近辺まで上昇してきました。

この25EMAの方向性は下なのでまだ流れは下です。 

そして、先週の記事でも指摘したようにちょうどこのポイントが「戻り売り」のポイントです。

なのでショート推奨で、損切りラインはこの長期線のラインとなります。

スイングトレードの場合は、シンプルにリスクリワードレシオ(損切りと利食いのバランス)を意識してこういったトレードをすることが結果として年間パフォーマンスを向上させます。 

現在、レートが110円、損切りラインの25EMAが110.50だとすると、「利食い目標>50pips(損切り目標)」として考えると優位性を持つトレードができます。
この場合ですと109.50より下のレートですね。

逆に損切り50pipsなのに利食い目標を5pipsなど小さくしていると「コツコツドカン」と大きく資産を失いかねません。

では、今週もリスク管理に気をつけてトレードしていきましょう。

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい