FXレバレッジ10倍規制

  • 詳細へ
    2018年5月29日
    FXレバレッジ10倍規制への動き、これまでの流れ
    「FXの最大レバレッジが25倍から10倍に制限される?」 レバレッジを10倍に制限するというニュースが流れ、FX業界はただ今騒然としています。これまでに起きたことや、業界内外の反応をまとめていきます。 (2018年6月5日更新) レバレッジ規制の時系列まとめ 2018年5月30日 第5回有識者検討会が開かれました 複数メディアがレバレッジ規制の見送りを伝えた翌日に、5回目の有識者検討会が開催されました。山中康司さんのブログにて詳しくまとめられていますが、「ストレステストを通じた自己資本の拡充」「取引データの報告制度の充実」「レバレッジ規制の前にストレステストを通じた自己資本の充実などを進める」が主に検討されたとのことです。 2018年5月29日 レバレッジ10倍規制、見送りの報道 レバレッジ10倍規制が見送られたとの報道がありました。日経によれば、明日30日の第5回有識者会議にて、「FX倍率のあり方」が議論されるとのことです。 ・日本経済新聞|FX証拠金倍率、健全性低い事業者は下げ ・ブルームバーグ|金融庁のFX規制、証拠金倍率10倍への引き下げ見送りへ ・ロイター|金融庁、FX証拠金…
  • 詳細へ
    2018年3月25日
    FXのレバレッジ規制は誰の幸せ?[鹿内武蔵]
    レバレッジ10倍はやっぱり既定路線? 今、FX業界を賑わしているニュースといえば、レバレッジ10倍規制案でしょう。日経新聞を筆頭とするメディアでは、かなり詳細な内容が報じられているにもかかわらず、金融庁は何ら具体的な発表はしていないという、奇妙な現象になっています。ただ、ここまで具体的な報道がある以上は、それなり以上に高い確率で、このままいけばFXの最大レバレッジが10倍に規制されることになると思います。 こういった動きに対して、反対運動もにわかに盛り上がりを見せているわけですが、ここでは鹿内個人のレバレッジ規制に対する意見を書いていこうと思います。  【関連記事】 ・FXレバレッジ10倍規制への動き、これまでの流れ 得をするのは塩漬けプレイヤーのみ まず、一番思うのは、レバレッジの制限を今より厳しくすることで、得をする投資家はおそらく一人もいないということです。 もしいるとすれば、リスク管理を全くしておらず、一切損切りすることなく、含み損になっているポジションを放置するような投資家でしょうか。最大レバレッジが引き下げられることで、こういった人が保有できる取引量が減ることで、強制ロスカ…
  • 詳細へ
    2017年11月20日
    10倍制限のFX新レバレッジ規制案は見直しを[山中康司]
    FX業者のリスクは本当に無くなるのか? 9月に日経新聞1面に唐突にFXのレバレッジ規制案が出てから早2か月近くが過ぎようとしています。その間、様々な憶測も出てきましたが、当初案は「想定を超える損失を抱えるリスクを避けるため」、「レバレッジを25倍から10倍程度に下げる」というもので、スイスフランショックのような突発的な事態を想定したものでした。  その後、店頭FXと異なり金融取引所のFX(くりっく365)は清算機関の存在から業者の自己資本が痛まないとの論理で、そのまま現行のレバレッジを維持するとの話も出てきましたが、多くの人が目的は取引所取引の優遇復活にあるのではないかと疑惑の目を向け始めたのです。  しかし、そもそも25倍のレバレッジを10倍に下げることでFX業者のリスクが無くなるのかというと、こればかりは想定を超える事態が起きてみないとなんとも言えないとしか言いようがありません。スイスフランショックの時にはスイスフランが急騰したことで、スイスフラン円は当日の東京始値(115.15レベル)から瞬時に値が飛び、一時166円台(瞬間的に値が消えたため、高値を業者によっても異なりました)に…
  • 詳細へ
    2017年11月15日
    FXのレバレッジ10倍規制問題についてのWEB討論会
    11月13日(月)に、直伝チャンネルにて、WEB討論会「どうなる日本のFX!?新レバ規制案の問題点について」が行われました。 こちらの討論会には、高城泰氏、橋本光正氏、だいまん氏、ひろぴー氏、山中康司氏が参加。過去のレバレッジ規制時の流れや、他の商品との比較などについて、濃密な議論が行われました。 また、番組中に視聴者に向けて、「現在レバレッジ何倍で取引しているか」「レバレッジ規制が実施されても、FX取引を続けますか?」というアンケートが実施され、その結果が公開されています。なお、こちらのアンケートには現在も回答可能ですので、これから番組を見る方はぜひともご回答をお願いいたします。 番組の視聴はこちらから! →「どうなる日本のFX!?新レバ規制案の問題点について」
  • 詳細へ
    2017年10月20日
    レバレッジが10倍になったらFXはどうなる?[鹿内武蔵]
    FX業界で今もっともホットなニュースといえば、9月27日の新聞報道で突如明るみに出た「レバレッジ10倍規制」です。10月20日時点では、金融庁からの正式な発表があったわけではありませんが、仮に実現すればFX業界、そしてなにより個人投資家にとって非常に大きな影響があります。そのため、この記事では「もし10倍になったらどうなる?」について解説していきます。 【関連記事】 FXのレバレッジ10倍規制について思うこと FXレバレッジ10倍規制への動き、これまでの流れ FXのレバレッジ10倍規制問題についてのWEB討論会 スイングトレード、スワップ狙いには影響なし 投資において、基本的に利益確定の金額と損失の金額は比例して大きくなったり、小さくなります。クロス円で1円、2円と大きな値幅を狙う中長期のトレードの場合、狙う値幅広い分、損切りの幅も広くなるため、必然的に資金に対してポジションサイズが小さくなります(=低レバレッジ)。 数日から数週間ポジションを保有するスイングトレードや、スワップポイントを狙う高金利通貨ペアの長期保有は、低レバレッジが前提のため、今回の規制が実施されても実質的には影響が…
  • 詳細へ
    2017年9月28日
    FXのレバレッジ10倍規制について思うこと[鹿内武蔵]
    9月28日の日経電子版によれば、金融庁がFXの最大レバレッジを今の25倍から10倍に下げることを検討しているとのことです。 すでにFX業界ではこのニュースについての話題で持ちきりですが、自分なりの意見をまとめてみます。  ドル円1万通貨取引では10万円以上の証拠金が必要  まず、レバレッジが下がればポジションを保有するための証拠金はたくさん必要になります。 よく例えに出るドル円なら、25倍のレバレッジだと1万通貨を保有するためには4万5000円くらいの証拠金が必要になります。これが10倍になると、11万2000円必要になります(ともに1ドル112円の場合)。 つまり、1枚取引するだけで10万円以上、ロスカット水準もあるため、実質的には20万円程度の資金が必要になります。 損切りしないことを前提としたレバレッジ ソースとなっている日経の記事によれば、実際に過去に起きた大きな変動が基準になっています。いわゆる○○ショックが起きたとき、口座が破綻しないためのレバレッジはデータ上は10倍以下、だから最大レバレッジも10倍まで、というロジックですね。  しかし、これは損切りを入れないことを前提に…