インタビュー

  • 詳細へ
    FXと人|Vol.4 平野朋之さん
    2021年1月5日
    FXと人|Vol.4 平野朋之さん
    ファンダメンタルズやテクニカルといった各種分析や、自動売買、システムトレードといった運用方法に目を奪われがちですが、FXの本質は人間と人間の関わり合いで生まれる価格推移です。分析や運用方法が相場を動かすことは決してありません。どんな相場も、動かすのは無数の人です。この企画では、徹底してFXにおける「人」にクローズアップします。第4回ゲストは、テクニカル分析の達人として、セミナー講師としても活躍されている平野朋之さんです。投資との出会いや、過去に読みあさった投資関連書について、そしてなぜ人に投資を教えるかについても語っていただきました。 ●聞き手:鹿内武蔵(FXライター) 分厚い海外の投資本にボーナスをつぎ込んだ ——投資を始めたきっかけについて教えてください。  国内と海外の市場の発注やオーダーを取り次ぐ仕事をした経験から、投資の世界の面白さを知りました。特にシカゴやニューヨークの金融市場に憧れました。23歳、24歳くらいのときで、現地にもよく行きました。今はもうなくなりましたが、当時は取引所に実際に人が立って、人間同士で取引が成立していました。あの世界がかっこいいと思ったんですよね。…
  • 詳細へ
    【佐藤正和氏特別インタビュー】波乱含みの2021年相場を勝ち抜く秘訣をまとめた新著が登場!答えは「正しいチャート理解と三種の神器のコンビネーション」
    2020年12月26日
    【佐藤正和氏特別インタビュー】波乱含みの2021年相場を勝ち抜く秘訣をまとめた新著が登場!答えは「正しいチャート理解と三種の神器のコンビネーション」
    単なる勘ではなく根拠を持って分析 編集部 佐藤正和さんの最新の著書、『これだけ!FXチャート分析 三種の神器』について、いろいろ伺いたいと思います。まず、この本のテーマの一つである、「チャートを正しく理解する」とは、どういった意味でしょうか? 佐藤正和(以下、佐藤) チャートを読めなければ、勘で取引するしかないわけですよね。でも、実際にセミナーでたくさんの投資家と話をしていると、勘でやってる方は儲かっていないんですよ。チャートを正しく理解した方が明らかに有利なんです。ファンダメンタルズ分析だけを意識している方もいますが、最近では「リスク回避の円買い」のような相場の定説が通じない場面もあり、これまでと潮流が変わりつつあると感じています。  そこで重要なのが「チャートを正しく理解すること」です。例えば、ローソク足だけを見ると「上がっている、下がっている」しか分からないですよね。そこに、テクニカル指標による分析を落とし込むことで、初めて理論づけて考えられるわけです。ただし、テクニカル指標は多ければ良いわけではありません。これについて詳しくは、テクニカル分析の「三種の神器」で解説しています。 …
  • 詳細へ
    FXと人|Vol.3 鹿子木健さん
    2020年11月28日
    FXと人|Vol.3 鹿子木健さん
    ファンダメンタルズやテクニカルといった各種分析や、自動売買、システムトレードといった運用方法に目を奪われがちですが、FXの本質は人間と人間の関わり合いで生まれる価格推移です。分析や運用方法が相場を動かすことは決してありません。どんな相場も、動かすのは無数の人です。この企画では、徹底してFXにおける「人」にクローズアップします。第3回ゲストは、多くのFX関連書籍を出版している鹿子木健さんです。書籍の主題となり、鹿子木さんの代名詞ともなっている「勝ちパターン」や「資金管理」について語ってもらいました。 ●聞き手:鹿内武蔵(FXライター) 自分の勝ちパターンを見いだすことが大切 ——鹿子木さんが、FXとどのように出会ったかについて、教えてください。  私がFXに出会ったきっかけは、知人からの紹介でした。2012年までの10年ほど中国の奥地に住んでいたのですが、そのときに知り合いの不動産オーナーが何回も訪ねてきてくれて、FXがお勧めであることを教えてくれました。その方自身はFXをやっていなかったものの、とても信頼していたので、それなら勉強してみようと、初めは軽い気持ちで取り組み始めました。20…
  • 詳細へ
    FXと人|Vol.2 愛猫家トレーダーコウスケさん
    2020年11月13日
    FXと人|Vol.2 愛猫家トレーダーコウスケさん
    ファンダメンタルズやテクニカルといった各種分析や、自動売買、システムトレードといった運用方法に目を奪われがちですが、FXの本質は人間と人間の関わり合いで生まれる価格推移です。分析や運用方法が相場を動かすことは決してありません。どんな相場も、動かすのは無数の人です。この企画では、徹底してFXにおける「人」にクローズアップします。第2回ゲストは、国内外のFX大会、ロビンスカップで好成績を収めているコウスケさん。ミュージシャンからトレーダーへ転身した経緯なども語ってもらいました。 ●聞き手:鹿内武蔵(FXライター) メインは音楽活動。副業として投資信託 ——コウスケさんが投資を始めたきっかけについて教えてください。   私の場合、最初からFXに手を出したわけではなく、投資信託からスタートしました。当時2008年のリーマンショック直後だったこともあり、なるべく安定している金融商品として選んだのが投資信託です。  そのころの私はバンド活動中心の生活をしていましたが、音楽業界全体に元気がなくなっていくのを肌で感じていたので、不安を払拭するための副業として投資信託に取り組むことにしました。 ——投資…
  • 詳細へ
    FXと人|Vol.1 蜂屋すばるさん
    2020年9月23日
    FXと人|Vol.1 蜂屋すばるさん
    ファンダメンタルズやテクニカルといった各種分析や、自動売買、システムトレードといった運用方法に目を奪われがちですが、FXの本質は人間と人間の関わり合いで生まれる価格推移です。分析や運用方法が相場を動かすことは決してありません。どんな相場も、動かすのは無数の人です。この企画では、徹底してFXにおける「人」にクローズアップします。第1回ゲストは、平行チャネルトレーダーとして人気を博している蜂屋すばるさん。あえて技法以外について、お話をうかがいました。 ●聞き手:鹿内武蔵(FXライター) ——ツイッター、YouTube、ブログで自身の手法や相場観を惜しみなく情報発信するのには何か理由があるのでしょうか。  最大の理由は、自分にプレッシャーを与えるためです。人間はどうしても自分を甘やかしてしまう生き物です。FXトレーダーは常に自分との戦いなので、甘やかした時点で負けです。機関投資家の方であれば、オフィスに出勤すれば上司や同僚がいて、行動が自動で記録され、日報を提出し、常に周りの目がある状態ですが、個人トレーダーの場合そうではありません。誰かに監視されていたり、矯正してもらえる機会がないんですよ…
  • 詳細へ
    FXライフ♪はじめよう|第5回ゲスト 齊藤トモラニ
    2020年8月1日
    FXライフ♪はじめよう|第5回ゲスト 齊藤トモラニ
    女性トレーダーへのロングインタビュー企画第5回は、老舗のFXスクール講師として多くの受講生を送り出してきた、齊藤トモラニさんをお迎えしました。初心者時代の勉強法や勝っているとき、負けているときの心構えなど、トレーダー目線の良いお話をたくさん聞くことができました。 200万→40万に。最初の大失敗を乗り越えて 編集部 FXを始めたのはいつごろですか? トモラニ 2006年8月です。もともと2002年くらいから株をやっていたんですが、2006年1月にライブドアショックがあって。これからの時代は株が難しくなるかもしれない、他の投資も探し始めなきゃ、と思っていたときに出会ったのがFXでした。 編集部 FXの存在が世間に認知され始めた時期ですね。 トモラニ ネット上にたくさん広告が出るようになって、1万通貨での取引がやっと可能になったくらいの時期ですね。当時、旅行会社に勤めていたので、仕事柄ドル円の値動きを毎朝チェックしていたんです。為替なら自分にもできそうだと思ったのがスタートです。 編集部 株の経験はFXにも生かせそうですね。 トモラニ ところが、そううまくもいかなくて。株のくせがついていた…
  • 詳細へ
    ノックアウトオプション日本市場への想いと基礎知識[FOREX.com]
    2020年6月19日
    ノックアウトオプション日本市場への想いと基礎知識[FOREX.com]
    高い資金効率と、強固なリスク管理を可能にした「ノックアウトオプション」が、急速にユーザーを増やしています。この記事では、ノックアウトオプションが取引できるFOREX.comを運営するゲインキャピタルアジア・パシフィックマネージングディレクターのアレックス・ハワード氏とゲインキャピタル・ジャパン株式会社代表取締役社長のパトリック・マクゴナグル氏に、ノックアウトオプションについて語っていただきました。また、ノックアウトオプションの基礎とメリットも併せて解説しています。 ゲインキャピタル アジア・パシフィックマネージングディレクターのアレックス・ハワード氏 ゲインキャピタル・ジャパン代表取締役社長のパトリック・マクゴナグル氏 導入の経緯 パトリック ゲインキャピタル・ジャパンは、2008年から日本で事業を開始し、FX取引を日本の皆さまに提供しています。品質と透明性への期待値が非常に高い日本人投資家の多様なニーズに応えるため、FXに加えノックアウトオプションの提供を開始しました。 アレックス 開発には9か月間をかけ、日本人トレーダーにとって、通貨を取引するための、新しく直感的に理解できるオプシ…
  • 詳細へ
    「リラレンジャー」を束ねる謎の美人FXトレーダー 、ココミン 5000文字インタビュー「ツイッター上で生まれたエンターテインメント集団みたいな感じです」
    2020年6月2日
    「リラレンジャー」を束ねる謎の美人FXトレーダー 、ココミン 5000文字インタビュー「ツイッター上で生まれたエンターテインメント集団みたいな感じです」
    ●聞き手:蛯沢路彦(編集部) 知人からの勧めでトルコリラにハマる 蛯沢 ツイッターで”トルコリラオフ会“や”リラレンジャー“がバズっていますよね。そんな謎の団体を取り仕切る女性がココミンさんだということで、今回はいろいろお話を伺えればと思います。まずはFXの経歴について、いつ始めたのか、またそのきっかけを教えてください。 ココミン 2018年3月から始めました。もともと投資にすごく興味があって、投資セミナーなどに参加していたんです。仮想通貨に投資したこともあったんですが、始めてから1週間くらいでタイミングが悪いことにコインチェックの事件が起こってしまい、嫌になって止めました。そんなとき、知り合いに「トルコリラ円が今は買い時だよ」と勧められたんです。  トルコリラなんて聞いたことがなくて、FX自体も危険というイメージがあって、絶対に手を出すべきではないと思い込んでいたんですけど、トルコリラ円が27円くらいのときに「今が底だよ。とりあえず買っておけばスワップ金利で利益がどんどん増えていくから」と聞かされ、トルコリラ円のトレードを始めました。 蛯沢 今チャートを振り返ってみると、とても迷惑な…
  • 詳細へ
    超人気FX系ユーチューバーWインタビュー オーリー × カニトレーダー「僕らが顔出し配信を続ける理由」
    2020年5月29日
    超人気FX系ユーチューバーWインタビュー オーリー × カニトレーダー「僕らが顔出し配信を続ける理由」
    カニトレーダーさんプロフィール YouTubeライブの配信で毎日トレードを公開しながら300万円→1000万円を達成。2019年も毎日22:45~顔出し生解説中。【見ている人が勝てるようになる】【健全なFXチャンネル】をテーマに配信中。 YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCDRGBNIAvHMUzyE0tJzy84A       オーリーさんプロフィール 2017年9月からYouTube配信を開始。FX、株、仮想通貨などを幅広くトレード。察知した相場の急変動に乗って大きく稼ぐ投資スタイル。 YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8LyhlRFzh7h_w_eP081rpA         ※この記事は、FX攻略.com2019年10月号の記事を転載・再編集したものです。この記事に記載されている情報は原稿執筆時のものであり、現在のものとは異なる場合がありますのでご注意ください。 顔を出していないと信用されない時代 編集部 お二人はもともと仲良しなのですか? カニトレーダー(以下カニ) 会ったのは…
  • 詳細へ
    山中康司氏特別インタビュー 裁量トレード&シストレ兼用の相場分析術「ボリンジャーバンド1つでこんなに相場が見える!」
    2020年5月24日
    山中康司氏特別インタビュー 裁量トレード&シストレ兼用の相場分析術「ボリンジャーバンド1つでこんなに相場が見える!」
    裁量判断が成功のポイント 編集部 山中さんの新著『着実運用で4年で10倍! ボリンジャーバンド×自動売買FX』はどういったことを学べる本なのでしょうか? 山中康司(以下、山中) 一言でいうと、リピート系運用をこれから始める方向けの入門書です。リピート系運用とは、一定の範囲に新規建てから利食いまでがワンセットになったイフダン注文を敷き詰め、その範囲内の値動きから利益確定を狙うやり方のことです。このイフダン注文は利食いまでが完了したら再設置されるため、範囲内で行ったり来たりすれば、それだけ利益が出ます。 編集部 いくつかのFX会社からいろいろなリピート系運用が登場していますよね。 山中 この本ではFXブロードネットの「トラッキングトレード」の運用について解説しています。通貨ペア、売りか買いか、想定変動幅、投じる資産額を決めるだけで始められるので、リピート系の中でも初期設定は簡単な部類でしょう。しかも、トラッキングトレードは相場の変動に合わせて設定した「想定変動幅」が移動するという機能も兼ね備えています。したがって、売り買いの方向さえ間違えなければ利食いのチャンスを逃さないという特徴がありま…
1 2 3 4 6