FXのトレードを分類してみよう!ジャンル毎おすすめ口座も紹介

FXにおけるトレードの大まかな方向性を分類すると、下の図のようになります。

まず裁量(手動)かシステムトレード(自動)に分かれ、それぞれのなかにいくつかのジャンルがあるイメージです。

実際はこれらは複合しますし、2種類以上の運用を同時に行っている人もたくさんいるはずです。

トレードの種類ごとに適したFX会社も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

1.テクニカル

テクニカル主体のトレードなら、チャート分析が生命線。テクニカル指標が豊富に揃っていて、なおかつパソコン、スマホどちらでも使い勝手が良いことが大切です。また短期の取引になるため、スプレッドが狭いことは絶対条件です。

向いている口座:GMOクリック証券

理由:スプレッドが狭いため、デイトレやスキャルピング向き。

2.ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズ分析をベースにしたトレードなら、ニュースや経済指標といった相場の情報を縦横無尽に駆使する必要があります。必然的に中長期のトレードになるため、スプレッドの影響は低く、あまり気にしなくてOK。

向いている口座:外為どっとコム

理由:セミナーや相場の情報コンテンツが豊富に揃っている。

3.スワップ狙い

長期間ポジションを保持することになるため、ツールの使い勝手やスプレッドの影響は低く、スワップポイントの値がほぼ全てといえます。ただしスワップポイントは日々変動するため、週に一度はチェックしたほうが良いでしょう。

向いている口座 ヒロセ通商

理由:業界最高クラスの買いスワップの高さを維持。

4.自動売買

あらかじめ用意されたプログラムを選ぶ選択型自動売買には、ミラートレーダーのようなサーバログイン型と、MT4などを利用したローカル端末稼働型に大別できます。どちらも、プログラムの選択肢の多さが求められます。

向いている口座:インヴァスト証券

理由:自動売買の自動管理ツールである、フルオートが使える。

5.連続発注

売買は自動ですが、相場の判断を投資家自身が行うタイプのシステムトレードです。想定レンジの的確な見極めと、安全重視の資金管理が必須です。また売買回数が多くなるため、コストの影響も非常に大きい点も覚えておきましょう。

向いている口座:マネースクエア

理由:設定が分かりやすく、相場の情報も充実している。

FX攻略.com編集部 | 編集部コラムの最新記事
6月23日(土)に東京でFXトレーダー交流会を開催!スペシャル特典あり!
【速報】FXトレードニュース|2018年5月21日〜5月27日[FX攻略.com]
FXトレーダーアンケートに答えて「平均足と移動平均線を使ったトレード手法」解説動画をもらおう!
【速報】FXトレードニュース|2018年5月14日〜5月20日[FX攻略.com]
【速報】FXトレードニュース|2018年5月7日〜5月13日[FX攻略.com]
【速報】FXトレードニュース|2018年4月30日〜5月6日[FX攻略.com]
【速報】FXトレードニュース|2018年4月23日〜4月29日[FX攻略.com]
今なら全員もらえる!無料メルマガ会員登録で、FXの基本が身につく電子書籍「FX完全入門マニュアル」プレゼント
トラリピのM2Jが外為オンラインとの特許権を巡る裁判に勝訴[FX攻略.com編集部]
マネックス証券のトレードカルテFXは、AIで投資家を技術指導![FX攻略.com]
フリーアナウンサーうちだまさみさんに聞きました!【FOREX NOTE】私が愛用する理由[FX攻略.com編集部]
国内最強FXトレーダーを決めるWTCへのエントリー受付中!
クリスマスチャリティコンサート無料招待のご案内
FX版天下一武道会!トレーダー日本一決定戦「ロビンスカップ(WTC)」がトレーダーランンキングを公開!
一番FXが上手いトレーダーが決まる! WTC(ロビンスカップ)が参戦者を募集中