マネースクエア

  • 詳細へ
    2018年4月4日
    商号変更したマネースクエアがこの春M2JFX新規口座開設キャンペーンを実施!嬉しいプレゼントをゲットしよう!!
    2018年4月1日、トラリピでおなじみのマネースクウェア・ジャパンが創業15周年を機にマネースクエアに商号を変更しました。それに伴い刷新されたロゴマークやシンボルカラーは「マネーゲームではない資産運用としての FX・CFD」という同社のコンセプト(FX攻略.comも目指しています!)が色濃く反映されてると思われます。 ・マネースクエア|2018年4月1日より「株式会社マネースクエア」に商号を変更いたしました。 ・マネースクエア|マネースクエアHDグループ、商号およびロゴマーク刷新のお知らせ~「毎日が財産になる」この誓いを胸にお客様とともに歩み続けます~ 資産運用型FX「トラリピ」とは? 新たに生まれ変わったマネースクエアの代表的なサービスである「トラリピ」は、FX攻略.com本誌および公式サイトで幾度も取り上げてきたので、FXの自動売買を検討したことのある方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 【関連記事】 ・システムトレードで資産運用!season2|第6回 各社のサービス比較とオススメの利用法[ゆきママ] ・プロが考える運用設定【トラリピ プロモデル】の実運用成績を大…
  • 詳細へ
    2017年12月29日
    システムトレードで資産運用!season2|第6回 各社のサービス比較とオススメの利用法[ゆきママ]
    皆さま、こんにちは。ループ系シストレ連載のSEASON2も、これが最後となりました。連載をお読みの読者の方は、理解が深まってきたことでしょう。そこで今回は、各社の特徴や違い、ゆきママのオススメ利用法などを解説していきますので、ご自身にあったサービスを選んでいただければ幸いです。 ※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです 【システムトレードで資産運用!season2 [ゆきママ]】 ・第1回 選択型シストレ・ストラテジーの選び方 ・第2回 MT4を利用したシストレ運用 ・第3回 選択型シストレの運用テクニックと考え方 ・第4回 含み損が膨らんでしまったときの対処法 ・第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方 【関連記事】 ・システムトレードで資産運用!第1回[ゆきママ] ・シストレでFX会社を比較! 注文の自由度が最大の違い! ループ系シストレは、基本的にイフダン注文を自動で何度も繰り返すシステムですから、実は各社ともそれほど大きな違いはありません。したがって、A社でできることはB社でも大抵の場合は再現可能です。ただし、注文の自由度は各社と…
  • 詳細へ
    2017年12月21日
    トラリピのM2Jが外為オンラインとの特許権を巡る裁判に勝訴[FX攻略.com編集部]
    マネースクウェア・ジャパン(M2J)が外為オンラインに対して起こしていた特許侵害訴訟ですが、本日12月21日に知財高等裁判所において、M2Jの勝訴判決が言い渡されました。 これにより、外為オンラインが提供しているサービス、「サイクル注文」は使用が差し止められます(現時点では「iサイクル注文」は対象外)。 知財高裁においては業界で初めて、特許権を保護する画期的な判決が出るという結果となりました。 奇しくも12月21日は、M2Jのマスコットキャラクターであるトラリピくんの誕生日です。M2Jにとっては、特別な日に勝訴判決を勝ち取ったことになります。 トラリピ特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ(M2J公式サイト)
  • 詳細へ
    2017年6月23日
    プロが考える運用設定【トラリピ プロモデル】の実運用成績を大公開!!
    トラリピの設定に自信がなくてもOK レンジ相場に強いFX取引ツールとして、幅広い層からの支持を集めるトラリピ。取引は自動で行われるため、本業が忙しい方でも無理なく運用できると評判です。 トラリピは、レンジ相場内の価格の往復から利益を生み出す性質なので、投資家側がどの範囲をレンジとして想定するかが、勝敗の分かれ目になります。 トラリピの運用はしたいものの、この設定の難しさを敬遠しているのなら、うってつけの情報源があります。それはトラリピの提供元であるM2Jが毎月発表している、「トラリピ プロモデル」。為替オプション市場の動向をソースとした、向こう3か月分のレンジ予測で、前月の25日に翌3か月分がM2Jの顧客専用サイトで公開されます。 3月モデルの実績が公開 ページ下で掲載している表(画像)は、2017年3月に公開された、トラリピプロモデルによる、豪ドル米ドルの運用結果です。サービス提供開始から、一番最初に出された予測となります。5月末時点で保有していた含み損ポジションを決済してもなお、利益が残っています。 もともとトラリピプロモデルは、1年間のバックテストで十分な収益性を示していましたの…
  • 詳細へ
    2017年6月1日
    もう設定で迷わない!M2J「トラリピ プロモデル」でプロ推奨の運用をスタート!
    ※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです マネースクエアのトラリピ®とは? 「○○円で買って、△△円で売る」といったイフダン注文を複数発注でき、さらに決済注文成立後は同じイフダン注文を自動で繰り返してくれる注文のこと。 勝敗に関わるトラリピの設定で悩まない方法とは? 「何度でも復活する、新規→利食いの注文セット」を、指定範囲内にまとめて仕掛けるトラリピは、レンジ相場に特に強い資産運用として有名です。 一度仕掛けた注文は、繰り返しずっと実行されるため、自動売買に分類することもできます。しかし、トラリピを仕掛ける範囲、売買の方向性、注文本数や、注文1本あたりの狙う利益や売買数量、損切りの有無など、投資家が判断しなければいけない要素もたくさんあります。これらの「設定」には、相場観や資金管理のテクニックが求められる部分で、勝敗を直接的に分ける要因となります。 こういった設定は、トラリピを運用する際の醍醐味ともいえますが、ある程度の経験や知識がないと、なかなか自信を持って設定を決めることはできないでしょう。 この問題点を解決するサービスが、「トラリピ プロモ…
  • 詳細へ
    2017年4月29日
    「上げ下げ予測の難しさ」と「突発的乱高下」をトラリピで事前対策
    FXの世界では裁量トレードでつまづく人が多い ほとんどのFXトレーダーは、裁量トレードから、FXの世界に飛び込みますが、継続的に利益を残せる人は多くありません。つまり、多くのトレーダーがつまづく、裁量トレードを難しくするいくつかの要因があると考えられます。 ですが、FXの運用スタイルは裁量トレードだけではありません。機械に売買を任せるスタイルも、また一つの選択肢になります。 トラリピを模倣した自動売買が流行中 自動売買は、2種類に分けることができます。一つは、ミラートレーダーなど、売買の方針がユーザーに公開されていないタイプ。 もう一つは、マネースクエアのトラリピに代表される、相場の値動きを追いかけ、売買を繰り返すタイプ。 後者は売買ロジックが明確で、なおかつ投資家側に相場観が求められます。 こちらのタイプの自動売買は、現在FX業界で勢いがあり、各社から類似した商品がリリースされています。 ですが、これらは全てトラリピを模倣したもの。最も高機能で設定の自由度が高いトラリピを通じて、裁量トレードを難しくしている要因とその対策について考えていきましょう。 ↓↓ 公式サイトでトラリピの魅力と…
  • 詳細へ
    2017年4月1日
    マネースクエア[M2JFX]
    相場を点や線ではなく面でとらえ、値動きそのものを収益チャンスに換える独自の発注機能「トラップリピートイフダン(トラリピ)」でおなじみのFX会社。トラリピは、一度設定すれば自動的に動き続けるため、頻繁にチャートをチェックする必要がなく、時間のないサラリーマンや主婦の間に着実に広がっている資産運用法です。 トラリピを正しく運用するための環境整備に力を入れているのも、マネースクエアの特徴。わかりやすく使いやすいWebサイトはもちろんのこと、オンライン・オフライン問わずセミナーも盛ん。トラリピの運用を補助する各種ツールも充実しています。 口座開設・申込はこちら(公式ページへ) [M2JFX]取引サービスの詳細 基本サービス スプレッド 取引単位 最低証拠金 通貨ペア数 スワップポイント 1.0~2.0銭 1000通貨 取引金額の4% に相当する円 11種類 普通 手数料 信託保全 スマートフォン タブレッドPC 携帯取引 [1万通貨単位以上の場合] 1,000通貨単位当たり30円 (対ドル通貨は0.3ドル) [1万通貨単位未満の場合] 1,000通貨単位当たり50円 (対ドル通貨は0.5ドル)…
  • 詳細へ
    2017年3月23日
    約6年で800万円!「失敗経験からの教訓トラリピ」は驚くほどシンプルな戦略だった
    失敗経験を基にトラリピで800万円の利益 マネースクエアでは、実際にトラリピで利益を出した顧客にインタビューを行い、運用設定の詳細やその戦略に至った経緯を口座保有者限定のページで公開しています。 神奈川県のIさんの「失敗経験からの教訓トラリピ」は、驚くほどシンプルな戦略なのに、200万円の資金でスタートし、約6年間の運用で800万円の利益を獲得しています。 今回は特別に、Iさんの戦略の根幹を記事として紹介します。FXで利益を出す手法を探し求めている方、今取り組んでいる手法でなかなか結果が出ず、トレードにお疲れの方には特にお勧めしたい内容となっています。 大学生時代にFXを始めたIさんは、ビギナーズラックで資産を100万円から1000万円にまで増やしますが、サブプライムショックで60万円にまで減らしてしまいます。 「勘では勝てない」ことを実感するとともに、「損失がある際の心理的負担が大きい」ことを痛感し、「できるだけ感情が介在しない、ルールで管理された売買」を目指すことになります。その結果たどりついたのが、トラリピでした。 トラリピとは? 「○○円で買って、△△円で売る」といったイフダン…
  • 詳細へ
    2017年3月4日
    トレンド相場で大きな利益を狙う「決済トレール」機能付トラリピの魅力
    レンジ相場だけじゃないトラリピ戦略!トレンド相場で利益の極大化を狙う「決済トレール」機能付トラリピの魅力を解説 トラリピ+トレールでトレンド相場を追いかける! マネースクエアのトラリピといえば、相場の総推移(期間中における高低差の合計)から利益をねらう発注管理機能として、幅広い層のFXトレーダーから支持を集めています。 トレンドにあわせて逆指値が移動していくトレール機能を、トラリピと組み合わせたもので、トレンド発生時に、利益の極大化をねらうことが期待できます。 大相場に備えて事前に決済トレールを設定 決済トレールは買いトラリピの場合、決済価格から+0.20円ごとにトリガー価格が自動設定され、いずれトレンドが反転して決済価格を下回ったらシステムが成行で決済して利益を確定します。そのため、一直線の強いトレンド相場ほど効果が期待できます。 これらの条件に当てはまるのは、昨年のブレグジットやトランプ相場のような、いわゆる大相場。加えて、経済指標発表時の相場の急変動も、トリガー価格を動かすチャンスです。 このような相場の急激な動きは、事前に予測することが困難です。そのため、決済トレールを事前に設…
  • 詳細へ
    2017年2月10日
    トラリピのパフォーマンス検証!次の大相場を待ち構える2017年トラリピ運用の秘訣
    大相場の値動きをしっかりとカバーするトラリピ 相場には様々な展開がありますが、ボラティリティが極端に大きく、上昇と下降がごく短いサイクルで入れ替わるような大相場では、裁量(手動)トレードで利益を出すのは至難の業といわれます。 しかし、マネースクエア(M2J)の発注管理機能であるトラリピを活用すれば、設定範囲内に等間隔にイフダン注文を仕掛けるため、いきなり乱高下する展開になっても、設定範囲内の売買チャンスを逃しません。 実際に2016年といえば、「英国EU離脱を問う国民投票」および「米国大統領選挙」という大相場が二度もありましたが、上のデータをご覧のとおりどちらの状況においても利益を出していることがわかります。 これはまさに、トラリピの特性を活かし、大相場での急激な上下動をしっかりとカバーして短期間でありながら利益確定が繰り返された結果だといえます。 トラリピ・フルサポートプログラムで運用の相談をしよう 大相場は、数年に一度のペースで発生する傾向にありますが、事前に予想することが難しいため、あらかじめトラリピを仕掛けておくことをお勧めします。その際に重要なのは、ロスカットリスクをはじめ、…