FX特集

【FX手法】上位足で引いた高値・安値ラインを1分足に落とし込んでエントリー。ブレイク後のスキャルピング手法[倉本知明]

【FX手法】上位足で引いた高値・安値ラインを1分足に落とし込んでエントリー ブレイク後のスキャルピング手法[倉本知明]

 順張りが得意な書道トレーダーの倉本知明さんに教えてもらったFX手法は、ブレイクアウト後のスキャルピング手法です。欧州~NY市場が活発な16時から27時ごろまでを基本的なトレード時間帯として、倉本さんはこの順張り手法で多くの利益を狙っています。

FX手法のポイント

FX手法のポイント
  • 戦略:上位時間足で引いたラインのブレイクアウトを狙った順張り
  • トレード時間軸:1分足、5分足、15分足、1時間足
  • テクニカル:1分足チャートに900EMAと1200期間のボリンジャーバンド、フィボナッチ比率

新規

  • 上位足(15分足など)に高値・安値のラインを引く。トレンドが出ていれば1時間足も確認して高値・安値ラインを引く
  • 引いたラインをブレイクまたはトレンド転換してから1分足で押し目買い・戻り売りのエントリー

損切り

  • 引いた高値・安値のラインを見てダウ理論を応用した逆指値注文を入れておく

利確

  • レンジや高値・安値の値幅からフィボナッチ比率を目安に指値注文を入れる

※ここでは上昇局面のロングを想定し解説しています。下降局面のショートでは、その逆のルールとなります。

トレード解説

上位足で環境認識 下位足でエントリー

 順張りが得意な書道トレーダーの倉本知明さんが実践しているFX手法は、ブレイクアウト後のスキャルピング手法です。

 エントリーするのは1分足ですが、ブレイクアウトの要となる高値・安値のラインを引くのは15分足などの上位足です。また、1分足でも上位足の動きを確認できるよう表示するテクニカル指標の値は上位足を基準にし、マルチタイムフレーム分析的に表示させています。さらに利幅やダマシ防止の目安にフィボナッチ比率も活用しています。

 倉本さんは欧州~NY市場が活発な16時から27時ごろまでを基本的なトレード時間帯として、この順張り手法で多くの利益を狙っています。

ポイント1|ブレイクアウトを狙ってエントリー

ポイント1|ブレイクアウトを狙ってエントリー

重要な価格水準の突破で勢いづく

ブレイクアウトとは、支持帯や抵抗帯、水平線などの市場参加者が意識している重要な価格水準を突破することです。これらの水準付近には損切りや利益確定の予約注文が多く置かれており、突破後の新規注文なども重なって大きな値動きになりやすいです。

ブレイクアウトのメリット

ブレイクアウトはラインを越えたときがエントリータイミングになるので分かりやすいです。また、レンジの中でもみ合いが長く続いているような場合はブレイクアウト後の値幅にも期待できるため、大きな利益を狙うこともできます。そのためにも高値と安値に引くラインは市場参加者に意識されている価格をしっかりと選びましょう。

ポイント2|テクニカル指標をMTF的に表示

ポイント2|テクニカル指標をMTF的に表示

上位時間軸での値動きも意識

高値・安値のラインを引くのは15分足などの上位足チャートですが、エントリーするのは1分足チャートです。1分足を見ているときでも上位時間軸の値動きの方向性は確認できるようにしておきましょう。

期間を応用して設定する

テクニカル指標を上位足分の時間と期間を乗じた値で表示させることで、一つのチャート画面でもマルチタイムフレーム(MTF)的な分析ができます。例えば、1時間足に表示する20SMAであれば、60(分)×20(期間)=1200SMAを1分足のチャート上に表示することで1時間足における20SMAの位置や傾きを同時に確認できます。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

実戦トレード①|ブレイク後フィボナッチも突破で確信に(ドル円 2020年3月26日)

実戦トレード①|ブレイク後フィボナッチも突破で確信に(ドル円 2020年3月26日)15分足、5分足チャート 実戦トレード①|ブレイク後フィボナッチも突破で確信に(ドル円 2020年3月26日)1分足チャート

トレード結果

  • エントリー:3月26日16時15分 110.45円 Sell
  • 決済:3月26日17時54分 110.15円 Buy
  • 獲得損益:+30pips

本人コメント

30分足で見ると、ラインを引いた価格帯では上昇ウェッジが形成されており、上位足のチャートパターンとトレンド転換が合致した理想的なパターンでした。

このころは「ドル円が112円に到達するのではないか?」という意見がネット上に散見されたので、「大衆は常に間違う」という名言にもあるように買いポジションを持っていた人たちのロスカットが重なり、強い下落になったのだと思います。

実戦トレード②|上位足のトレンド継続で入る王道パターン(ドル円 2020年3月27日)

実戦トレード②|上位足のトレンド継続で入る王道パターン(ドル円 2020年3月27日)15分足、5分足チャート 実戦トレード②|上位足のトレンド継続で入る王道パターン(ドル円 2020年3月27日)1分足チャート

トレード結果

  • エントリー:3月27日20時36分 108.57円 Sell
  • 決済:3月27日23時07分 108.27円 Buy
  • 獲得損益:+30pips

本人コメント

15分足で下降トレンド中の戻しからの再下落を確認し、1分足でエントリーする王道的なパターンです。

エントリーしてからは含み損を抱えましたが、1分足に表示した900EMAに上値を押さえられて再下落し、利益確定できました。上位足のトレンドの方向性に沿ったトレードなので、多少の含み損を抱えたとしても勝つことができます。

実戦トレード③|ボリンジャーバンドをブレイク後の順張り(ユーロドル 2020年3月30日)

実戦トレード③|ボリンジャーバンドをブレイク後の順張り(ユーロドル 2020年3月30日)15分足、5分足チャート 実戦トレード③|ボリンジャーバンドをブレイク後の順張り(ユーロドル 2020年3月30日)1分足チャート

トレード結果

  • エントリー:3月30日21時40分 1.1030ドル Sell
  • 決済:3月30日21時58分 1.1014ドル Buy
  • 獲得損益:+16pips

本人コメント

欧州時間の下降トレンドでスキャルピングパターンがきれいにはまったトレードでした。

引いたラインのブレイクだけでなく、1分足に表示させている1200期間のボリンジャーバンドをブレイクしてからのトレンドフォローは私の得意なパターンです。

ポジションの保有時間が短いのでストレスがなく、決済も反転・上昇に巻き込まれずに済んだ的確なタイミングでした。

実戦トレード④|次の重要ラインが下抜けできず反転に(ドルスイスフラン 2020年3月27日)

実戦トレード④|次の重要ラインが下抜けできず反転に(ドルスイスフラン 2020年3月27日)1時間足、15分足チャート 実戦トレード④|次の重要ラインが下抜けできず反転に(ドルスイスフラン 2020年3月27日)1分足チャート

トレード結果

  • エントリー:3月27日20時22分 0.9609スイスフラン Sell
  • 決済:3月27日21時53分 0.9640スイスフラン Buy
  • 獲得損益:−31pips

本人コメント

上位足が下降トレンドで、1分足も下降トレンド継続パターンなのでフィボナッチ2.0ラインまで到達すると思いましたが、1.618ラインでの反発となってしまいました。

検証すると、エントリー後のフィボナッチ1.236ラインまで上昇して上値を押さえられてから、1.618ラインへ下落してタッチするまでの動きをスキャルピングで取る形が正解でした。

※この記事は、FX攻略.com2020年6月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

倉本知明さんの手法を動画で学ぶ

投資ECメディア「GogoJungle」でFX攻略.comが出品しているコンテンツです。チャートを見ながらトレーダーさん直々の解説が聞けるので、手法のポイントが本当にわかりやすいんです! まずはダイジェスト動画をご覧ください。

ABOUT ME
倉本知明
倉本知明
くらもと・ちめい。書道の師範の免許を持つ短期トレーダー。スキャルピング手法でトレンドに乗ることが得意。自身の手法をYouTubeチャンネルでも詳細に解説。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい