眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第6回

眞壁憲治郎のFX長者列伝<第二章> 第6回

当企画は、投資家の眞壁憲治郎さんが募ったトレーダーの皆さんにFXで「わらしべ長者」を目指していただこうというもの。「労働者から資本家へ」をテーマに掲げ、参加者が知識と技量をしっかりと身につけながら、わずかな資金からでも大きく勝てるようになっていくことを目標としています。

裁量とEAを学び合う

眞壁 前回より実際の運用状況を基にお話しすると共に、ツイッターでトレードバトルというものを開催しました。これは30万円以下の資金から運用し、3か月間の成績を競う企画です。どなたでも参加でき、種目は為替・株式・商品先物・仮想通貨(暗号資産)など自由です。30万円から積み上げていくというのも「労働者から資本家へ」がテーマになっています。この記事では、トレードバトルに自動売買のみで参加している金ツッパ侍さんをお呼びして、お互いに裁量トレードとEAトレードを学び合う趣旨になっています。

眞壁 トレードバトルは40人ほどが参加しており、2か月を終えた時点で私が首位、金ツッパ侍さんは2位となっています。大半が退場や損失となっており、相場の非情も感じますが、感想などあれば聞かせてください。

金ツッパ侍(以下、金侍) 僕はステージごとのノルマ達成を目標としていたので、まずはクリアできてホッとしています。裁量とEAの比較という観点からは「裁量は爆発的に勝つ人と破産する人の二極化が散見される一方、EA界隈はトータル収支で手堅くプラスの人が多い」という特徴があると思いました。

眞壁 そうですね。私は完全に裁量トレードで、ここぞというチャンスに仕掛けています。30万円でスタートして最初は1日2万円くらい取れれば良いところだったのが、口座資金が100万円を超えてからは1日10万円ほど取れるようになっています。開始前に構築した運用スキーム通りです。この辺りは以前(第1回~第4回)の話やメルマガでも解説しています。

金侍 僕も複利で回しているのでだんだんとロットが上がっており、一回当たりの損益が大きくなってきています。

眞壁 裁量とEAの根幹には同じ部分も多々ありますが、やはり違いも大きいですよね。例えば、私は裁量でトレードするにあたって「ニュース」「値動きの勢いと指値・逆指値のバランス」「時間帯による傾向」などを加味しています。しかし、EAとなればテクニカル分析だけで売買されるのでしょうか?

金侍 僕のEAは「テクニカル+時間帯での傾向」を骨子にしています。他の市販EAはテクニカルのみのものが多いですが、時間帯をロジックに組み込んでいるのが僕の独自性かなと思っています。

眞壁 裁量とEA、いずれにしても勝てることが大事ですね。今回、私と金ツッパ侍さんの「1日のスケジュール」をまとめました(表①)。この他に、EAを導入するには何が必要ですか?

眞壁憲治郎さんと金ツッパ侍さんの「1日のスケジュール」

金侍 MT4を24時間立ち上げておくためにVPSサーバー(仮想デスクトップ)が必要ですね。あとはGogoJungleなどで市販EAを購入すれば、すぐに運用可能です。

眞壁 金ツッパ侍さんは、メイン口座の方では大きな金額を入れていますよね。逆に私は500万円以上の運用はしないと決めています。今回、トレードバトルでは30万円から始めて200万円を超えましたが、この辺りが限界です。実際、何十万円もの勝ち負けを繰り返しながら外で買い物をするのも感覚がおかしくなりますし、万単位の損切りを連発させたら落ち着いて生活できません(笑)

金侍 そこはEAの優位性が生かせるところだと思います! 現在一番ロットを張るEAだと30ロットを超えてエントリーしていますが、これが裁量トレードだったら見ていられません。1pipの値動きで3万円も動く状況で、まともな判断を下せるのはお金持ちか天才、もしくは変態だと思います(笑)。僕はそのどれにも該当しないので、なるべく見ないようにしています。それが精神的にも運用成績にも良いと思うので。

眞壁 分かります。そんなわけで、私も一部の資金をEAに任せたいと思うようになりました。前回も話しましたが、特にテクニカル分析でのトレードはチャンスを目にしたときにエントリーするくらいだったので、勝手に売買してくれるEAを作りたいと思います。

金侍 そうですね。一定の決まったロジックでエントリー、決済する手法をお持ちならばEA化すると楽になると思います。EAは本人が遊んでいようが寝ていようが24時間張りついて相場を監視してくれる働き者なので、 うまく取り入れると時間に余裕が生まれますよ!

——————————

眞壁 お互いに環境を作ったところで、次回は「EAの制作・稼働」と「裁量トレードの狙い目」を実践します。私はEAトレードに挑戦し、金ツッパ侍さんは裁量トレードを学び直します。詳細は私のツイッターおよびメルマガで記載しています。トレードバトルは2020年3月に第2回を予定しているので、参加したいという方はぜひご連絡ください。

※この記事は、FX攻略.com2020年3月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。

眞壁憲治郎の写真

眞壁憲治郎(まかべ・けんじろう)

大学卒業後、商社に勤めながら為替・株・不動産投資を始める。趣味は読書と映画、現在はポーカーの海外トーナメント上位入賞を目指している。なにごとも計画と実行ありき。マイナーな戦国武将の末裔として現代を生きる。

Twitter:https://twitter.com/mkb1618

メルマガ:投資家の金融マガジン

電子書籍『投資におけるスキーム論』:
上巻「なにを学び、なにを考え、どう計画して、いかに遂行するか」
下巻「どう鍛え、どう実践し、そして成し遂げるか」

金ツッパ侍の写真

金ツッパ侍(きんつっぱざむらい)

FX歴は4年で、裁量トレードからEA運用に転向。2018年からEA運用をスタートし、年利70%の好成績を記録する。ツイッターやブログでEA運用に関する情報を包み隠さずに発信。そのキャラクターから、EA界隈で愛される人物に。全国を飛び回ってトレーダー飲み会を開催する姿は、坂本龍馬のよう。

公式サイト:金ツッパ侍の全ツッパFXトレーディング

Twitter:https://twitter.com/zenttuppa

FX力を鍛える有名人コラム | 眞壁憲治郎 | 眞壁憲治郎のFX長者列伝 | 金ツッパ侍の最新記事
EA開発のスペシャリストが分かりやすく丁寧に解説!ゼロからはじめる自動売買講座|第12回 EAは長期目線で運用しよう[FX貴族]
ユーちぇるのトレードフィットネスジム|第2回 チャートを見る理由とは?
淳一FXのスキャルピング教室|第11回 チャンスタイムと注意すべき時間帯
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)第5回[YEN蔵]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|ドル円と200日線の攻防、豪ドル円のトリプルボトム完成】
私の愛用するFXテクニカル指標[田向宏行]
マーケットのメインテーマは米大統領選へ[井口喜雄]
私の経済指標の見方[水上紀行]
リスクオン・ リスクオフとは何か?[遠藤寿保]
外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|新型コロナのパニック相場を「一目均衡表」で俯瞰する方法】
休む勇気、止める勇気[中里エリカ]
楽観は禁物!コロナ第二波はすでに来ている[雨夜恒一郎]
相場の反転は“実需筋”がきっかけ?[内田まさみ]
陽和ななみと一人前のトレーダーを目指す!ななみんと学ぶFX|第9回 テクニカル分析の基礎④
これからの外国為替場の行方 第122回(FX攻略.com2020年6月号)[田嶋智太郎]