FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2020年2月24日
    ドル円が昨年高値顔合わせ!ひとまずもみ合いに移行か[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年2月24日号 先週のドル円相場 109円台後半でのもみ合いでスタートしたドル円は週央にかけて急伸し、110円台、111円台を一気に通過して一時112.23円と昨年4月以来の高値をつけた。新型コロナウィルスの感染拡大ペースが減速し始めたことや、中国政府の景気対策への期待感が高まったことが背景だ。 110円以上は重いとの大方の予想を覆して大きく上昇したドル円だが、さて今週の相場はどうなるであろうか。 新型ウィルスに対しては楽観 21日時点での中国国内の感染者数は7万5千人あまり、死者は2236人となった。しかし感染の爆発的拡大はピークを付けた可能性が高い。下の図は回復した人や死者を除いた「現存の患者数」の推移だが、湖北省以外では今月10日ごろをピークに患者が減り始め、患者の大半を占める湖北省でも先週ピークアウトした可能性を示している。 出典:2月22日付日本経済新聞 事態が深刻であることに変わりはないが、これ以上悪くならないなら、市場の関心は「終息後」に向かい始める。中国上海総合指数は先週3000ポイント台に乗せ、典型的なV字型を達成…
  • 詳細へ
    2020年2月19日
    ユーロ、豪ドルはダウンサイドに警戒を[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円はレンジ勝負 ドル円は先週からの高値と安値で約50銭程度の値動きしか出ていません。著しくボラティリティが低下するなか、引き続き109.50円~110.30円のレンジで勝負するしかなさそうです。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、米財務省短期証券の購入終了時期や、米利下げを巡る思惑から今後方向感が出てくる可能性はありますが、ゲームチェンジはまだ先だと思います。方向感の見えないドル円はひとまず見限って、動きのある豪ドルやユーロに乗り換えても良さそうです。 ユーロ、豪ドルはダウンサイドに警戒を 新型コロナウイルスの感染者は今朝時点で74,279人(前日比+1,751)と感染拡大に収束の兆しは見えていませんが、感染者の増加率は鈍化しており、パンデミック(大流行)はないというのが今のマーケットモメンタムです。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的なサプライチェーン停滞や、中国の景気後退は避けられず、中国と関連の強いユーロや豪ドルは今後厳しい展開が予想されます。また、ユーロは引き続きドイツの景気減速への警戒感…
  • 詳細へ
    2020年2月17日
    新型コロナウィルス相場の着地点を考える[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年2月17日号 先週のドル円相場は 新型コロナウィルスをめぐる楽観と悲観が交錯する中、109円台後半を中心とした狭いレンジでのもみ合いが続いた。週前半は、感染者数は増えているものの増え方は鈍化しているとの見方から株高・ドル高の展開となり、一時110.13円まで上昇。しかし後半は、中国当局が確認基準を変更し感染者数が急増したことから、109.62円まで反落した。 感染者数の実態は15万人以上? 中国の感染者数は、先週木曜日の基準変更に伴い一日で1万4840人増加し、6万人を超えた。それまで一日2000~3000人ペースでの増加で、増加ペースは鈍化傾向にあっただけに、これをもって「感染急拡大」と騒ぐメディアも少なくなかった。米FOXニュースが「中国当局はコロナウィルス感染を少なくとも10万人過少報告している」と報じているように、今や中国当局の公式発表を信じている人はほとんどいないだろう。武漢市の人口が約1500万人、感染率1%として、実際は15万人程度が感染している可能性が高い。 パンデミックではない ただし、ウィルスの毒性はさほど強く…
  • 詳細へ
    2020年2月12日
    新型コロナウイルスへの対応は[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。 ドル円上値の重さは変わらず 新型コロナウイルスの死者は今週に入って1,000人を超えてきたものの、感染者数が鈍化傾向にあることから過度な警戒感は後退しています。感染は拡大していますが、パンデミック(爆発感染)でなければOKという事なのでしょう。実際に昨夜はNYダウやドイツDAXは史上最高値を更新しており、ドル円も一時109.96円まで上昇する局面もありました。しかし、ドル円に関しては110円の大台に乗せることはできず、相変わらず上値の重さは拭えません。ここからさらに上昇するには何らかの燃料投下が必要となりそうです。 レンジでうまく立ち回れればOK ドル円は2月3日の安値108.32円から110.00円付近まで上昇してきてはいますが、110円の重さが鮮明なだけに、ここから上値追いをするステージではないのかもしれません。再びボラティリティがなくなりつつある相場なので足元の高安である109.50~110.20円くらいのレンジでうまく立ち回っていければと思います。ただ110円前半を明確にブレイクする展開があれば、その上…
  • 詳細へ
    2020年2月12日
    私のバイブル[不動修太郎]
    多くのFX投資家がバイブルと呼ぶ本には、奥が深い内容が数多く盛り込まれています。それだけに何回か読み返すと、そのたびに新しい気付きが得られます。今回は不動修太郎さんにバイブルとして愛読している書籍を3冊紹介してもらいます。 ※この記事は、FX攻略.com2020年1月号の記事を再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。 ファンダメンタルズの分かりやすい解説本  為替を動かす経済指標には多くの種類がありますね。それらの意味、発表機関、発表周期の他、主要各国の景気循環、経済統計、財政収支、金融政策、金融市場などの幅広いファンダメンタルズ(経済の基礎要因)について記した『投資家のための金融マーケット予測ハンドブック』という解説書を紹介します。特に経済指標については、単に内容を説明しているだけではなく、それらの関係性と歴史についても分りやすく説明しているので、初心者を含む幅広い層のFX投資家にお勧めです。  本のタイトルに「投資家のための」とある通り、私を含めて経済学の専門的な知識を持っていない投資家たちにとって読みやすい本です。2016年に改…
  • 詳細へ
    2020年2月11日
    外為オンライン・佐藤正和の実戦取引術|3大通貨の未来を予測するテクノ&ファンダ分析【今月のテーマ|ISMなど経済指標に注目。乱高下相場の短期売買攻略法】
    米中通商交渉や英国EU離脱問題も小康状態となる中、なにかと相場が乱高下しやすい年末がやってきました。ここ4年間のドル円は11月、12月に高値をつけたあと、正月を挟んだ年末年始に急落する流れが続いています。今回はドル円、ユーロドル、英ポンドの最近の値動きから短期売買で利益を得るためのテクニカル指標の選び方、使い方について解説します。 ※この記事は、FX攻略.com2020年1月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。 ISMショックなど市場の焦点は、米中貿易戦争で悪化する米国経済指標に  2019年も余すところ、1か月。欧米のクリスマス休暇も間近に迫り、かつては閑散相場が恒例の時期でしたが、2015年の年末以降、株やドル円は12月までに高値をつけたあと、年末年始に急落する展開を4年にわたって繰り返しています。2019年の金融市場を激震させた米中貿易戦争は、10月初旬になんとか「第一段階の合意」にこぎつけました。英国の欧州連合(EU)からの無秩序離脱も、いまだ見通しは不透明ながら回避される方向に動いています。そう考えると、…
  • 詳細へ
    2020年2月10日
    カニトレーダー式FXを収入の柱にする10のステップ|ステップ1 必ずトレードの収支を記録する
    FXで同じ失敗を繰り返さない  為替相場の基礎知識を勉強したり、MT4の使い方を覚えたり、テクニカル分析を練習したりと、FXで結果を出すためにはやらなければいけないことがたくさんあります。  でも、これからFXを始める人に、一番初めに取り組んでほしいことがあります。それは「トレードの記録を残す」こと。はっきりいいまして、FXで継続的に結果を出している人で、収支を残していない人はいないはずです。というよりも、収支をつけないと、自分が勝っているか負けているかどうかも定かではありませんよね。  なぜ記録をつけるのか。それは、日々のトレードを振り返るためです。ある日のトレード内容は、記録に残しておかなければ、記憶が薄れていくことでいずれは忘れてしまいます。  そして、終わったトレードを振り返ることで、同じ失敗を繰り返さないようになります。一度した失敗を次にはしないことで、トレード手法はどんどんブラッシュアップされ、収支も向上していきます。  おそらくほとんどの方は、勝ったときより負けたときに記録することがストレスに感じるはず。でも、一度した失敗をもうしないため、負けトレードこそ克明に記録するべ…
  • 詳細へ
    2020年2月10日
    ドルが消去法的に買われる展開へ[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2020年2月10日号 先週のドル円相場は 新型コロナウィルスの感染拡大が懸念される中、週初は108円台前半の安値圏でスタートしたが、中国が大規模な資金供給を実施したことを好感して株式市場が反発すると、ドル円も力強く水準を切り上げる展開となった。「中国や英国などで新型コロナウィルスに対応する薬が開発されている」との一部報道や、「中国が約750億ドル相当の米国からの輸入品に対する関税率を14日から半分に引き下げる」との発表も追い風となり、一時110.02円まで上昇した。 まず悲観、やがて楽観へ 筆者は1月27日付のコラムで「悲観のピークが過ぎた後は悲観と楽観が交錯するもみ合いの時間帯に移行し、最終的にはV字型に元の水準に戻る」と予想した。また前回2月3日のコラムでは「春節明けの中国株大幅下落がセリングクライマックス」と想定した。実際春節明けの上海総合指数の値動きはこうなった。 上海総合指数 出所:NetDania 連休明け直後こそ10%近い暴落となったが、その後は下げ幅を縮小する展開となっている。中国国内の患者数が日々増え続ける中で、中国株は…
  • 詳細へ
    2020年2月9日
    私がFXに費やす時間[高野まよ]
    24時間動いている為替相場では、相場と向き合う時間の使い方が大切になります。しかし、研究や準備、取引にどのくらい時間を費やせるかは各トレーダーによって違ってきます。ここでは兼業を経験し、専業トレーダーとなった高野まよさんにFXに費やす時間についての考え方を教えていただきました。 兼業で費やした時間と専業で費やす時間  仕事やプライベートの状況によって、FXに向き合うことのできる時間は人それぞれ大きく違います。現在、私は専業でトレードをしていますが、10年間近く会社員の仕事と兼業でトレードをしてきました。今回は、FXに費やす時間の考え方についてお話しします。  私が兼業時代の中で最も真剣に取り組んでいた時期は、通勤時間の朝8時台と帰宅後の夜10~11時台の1日3時間程度をトレードや相場の勉強などに費やしていました。しかし、早く寝てしまうことも多かったので、平均すると1週間で10時間程度でした。裁量取引以外に収益に貢献してくれていたのが、リピート系の取引です。システムを使わずに手動で注文を入れていたため、1日30分ほど要していました。また、トレードはしないけれどもチャートの動きだけはスマホ…
  • 詳細へ
    2020年2月8日
    私が師匠になるならば[岡ちゃんマン]
    FXで安定した利益を上げるには、チャート分析力を磨き、資金管理を身につけるだけでなく、既に成功している人から学ぶことも必要です。しかし実際問題、手取り足取り教えてくれる師匠のような存在を見つけることは容易ではありません。そこで今回は、専業トレーダーの岡ちゃんマンさんに勝ち組に近づくための秘訣を教えてもらいます。 必ず押さえておきたい大切なポイントは三つ  今回は、私にもし生徒ができたとしたら「何を」教えるかをお伝えしたいと思います。私が師匠になるならば、最初に「資金管理」「検証の大切さ」「続けることの大切さ」の3点を教えます。 ■資金管理  資金管理で最も大事なことは、1回のトレードでの最大損失額です。FXをする上で利益ばかりに目がいきがちですが、重要なのは損失を管理することです。「損失を管理する=生き残る」であり、とにかく生き残ることが大切です。 「生き残る資金管理」とはどのようなものかというと、1回のトレードで自己資金の何%以内に損失が収まるようにするかを決め、絶対にそれを守ることです。ちなみに私は、1回のトレードで自己資金の2%以内に損失が収まるようにしています。  トレードをす…
1 2 3 4 165