全てのページの検索結果 : 2232件

  • 詳細へ
    2015年1月20日
    ギャンブルから学ぶFX〜VOL.3[井上敦禎]
    ギャンブルを分析できる人は、必ずFXをも分析できる FXで得た利益を今後どうするか?利益を得た後で、将来に向けてもまた、大きな違いが出てくる。キャバクラで散財、フェラーリ、いいね。次なる事業展開に目覚めるのはもっといいね。優劣をつける気はないけど、価値観の違いもあるだろうし、でも答えは明らかだと思う。 FX取引で利益を得るのには苦労する。勉強は欠かせない。運だけで勝てるものではないのだ。ギャンブルもきっとそうだ。要はそこから何を学ぶべきか、が肝要なのだ。ギャンルラーで終えることなく、そこで学んだ分析力をFX、そして更なる事業展開にまで伸ばして欲しいものだ。ギャンブルを分析できる人は、必ずFXをも分析できるし、その後の事業展開も然りだ。キャバ嬢にモテル方法なんて考えるだけ無駄。なぜなら「分析」できる人間にはすでに他人を引き付ける魅力を持ち合わせているからだ。FXはギャンブルではないが、そこから学ぶべき事を学ぶ、その姿勢があれば狂うこともないだろう。 (代表 井上敦禎)
  • 詳細へ
    2015年1月19日
    スイスフランの敗戦処理は売り目線で臨む!![雨夜恒一郎]
    「スイス中銀ショック」の余震でリスク回避の動き 先週の為替市場は強烈な暴風雨に見舞われた。先週木曜日、スイス中銀が突然対ユーロでのスイスフランの上限を撤廃すると発表したことを受けて、ユーロスイスはほとんど値がつかないまま1.20フランから一時0.74フラン台まで36%あまり暴落。115円台で推移していたスイス円も、一瞬で160円まで暴騰し、なんと40%もの上昇率を記録したのだ。長く為替相場を見ている筆者もこれほどの大幅かつ急激な値動きは見たことがない。スイス中銀は2011年に対ユーロでのスイスフランの上限を1.20フランに設定し、その防衛のために「無制限」の介入を実施してきたが、安全通貨の筆頭であるスイスフランの需要は根強く、ユーロスイスは1.20フランに張り付いたままだった。一方、投機筋はスイス中銀が1.20フランで無制限に介入してくれると信じてその手前でユーロ買い・スイスフラン売りを繰り返していた。 今回何の前触れもなくその梯子が外されたのだから、暴落するのも無理はない。スイス中銀がいずれ上限撤廃に追い込まれるとの見方もあるにはあったが、つい最近まで中銀当局者が「ユーロスイスの下限…
  • 詳細へ
    2015年1月19日
    【ドル円】今週(1月19日〜)の見通しと「勝負所は116円!」[国府勇太]
    今週のドル円の見通し(1月19日〜の週) 先週の動きです。 これをみると先週は「下がって最後に大きく反発。」前回方向感がないと指摘したとおり、週ベースでみると、大きくは変わりませんでした。 ただ、先週で特筆すべきは、1月15日(木)のスイスショック。 ユーロスイスの日足 スイスの中央銀行がユーロスイスを1.2を割れないように「介入」して支えていたのですが、それを撤廃。たまっていたエネルギーが一気に爆発! 大きく下落し、それに合わせてほかの通貨ペアも大きく動きました。 今週の動きは? 今週のポイントは、116円。勝負をするとしたらここです。 2回反発しているポイントなので、もう一度このラインに近づいたときに明確に抜けるかが勝負です。 明確に抜けるようであればショートがよいかと思います。より慎重な方は、移動平均線の長期線(黄色)の115.374円をしっかり割ってから。それでは、今週もリスク管理に気を付けてがんばりましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではあり…
  • 詳細へ
    2015年1月19日
    東大卒理論派トレーダーは自己流ナンピンをループ・イフダンで自動化[七瀬玲]
    ナンピン手法でストレスなく 「もともと手動でトラリピのような自己流ナンピンを行っていました。一定の値幅で等量を取引していくやり方です。スウィングやスキャルピングでも稼げてはいましたが、負けたときにストレスがたまる。機械的に行う自己流ナンピンのほうが好みでした」 そう話すのは、専業トレーダーの七瀬玲氏だ。 「専業になってからはストレスが少なく、コンスタントに稼げる自己流ナンピンの比率を増やしていましたが、決済されるたびに手動で注文を入れなおすのが面倒でもありました。そこで登場したのが、アイネット証券のループ・イフダン。細かな設定ができない難点もありますが、低コストでリスク管理もしやすいので、手動で発注していた自己流ナンピンをループ・イフダンへ移行しました」 トラリピとの違いはコスト ループ・イフダンの登場以前からトラリピはあったはずだが、なぜ利用しなかったのだろうか。 「トラリピとループ・イフダンの違いを仕組みの面からいえば、『自分で値幅を設定できるか、できないか』。トラリピはエントリーするレートや値幅を自由に設定できる利点がありますが、一方で、取引コストが高いのは非常に大きな難点。ルー…
  • 詳細へ
    2015年1月19日
    「まさか」が起こるFX相場!リスク管理の重要性を思い知らされたスイスショック[FX攻略.com編集部]
    歴史的な大変動により多くの投資家が損失を負う 2015年1月15日、スイス国立銀行(中央銀行)が為替介入を終了すると発表したことを契機に、スイスフランが歴史的大変動を起こしました。「スイスショック」と呼ばれるのは、ユーロ/スイスフランでは15分ほどで約3000pips、スイスフラン/円では1時間余りで2000pipsもの値動きをみせたからです。 そして問題なのが、これにより世界中で決して少なくない数のトレーダーが大損を被り、相場からの退場を余儀なくされたということです。その影響はFX会社にも及び、イギリスのアルパリ(UK) Limitedは、顧客の損失をカバーしきれずに破綻に追い込まれてしまいました。 今回、改めて思い知らされたのは、リスク管理の重要性です。まず損切り注文を入れていなければ、とてつもない損失を被ったことでしょう。FX入門書には、 必ず損切りの重要性を説くパートがあり、そこではリーマンショック(2008年)やギリシャショック(2010年)を例に、さまざまな教訓を示していま す。いつどんなリスクが襲い掛かるかもしれないのだから、自動車でシートベルトを着用するのと同様に、トレ…
  • 詳細へ
    2015年1月16日
    スイスフラン暴騰後、当面はもみ合いだが油断はできない[田嶋智太郎]
    当面はドル/円のもみ合いが続きそう… この一週間もシンプルにユーロ売りが正解であった。スイス国立銀行の行動は想定外であったが、これも来週22日のECB理事会で追加緩和の実施が決定されるとの思惑が強まっていることが一因ではある。ECB理事会を通過すれば一旦は目先の材料出尽くしとなってもよさそうなものだが、その後にギリシャ総選挙が控えていることを考えれば油断はできない。ドル/円は本日(14日)早朝に一時106円を割り込む場面もあり、やはり昨年12月16日安値=115.57円が意識されやすい。同水準あたりで踏みとどまれるかどうかが当面の焦点となる。 本日は、重要な1月の米ミシガン大消費者信頼感指数(速報値)の発表が予定されている。大方の予想は94.1となっており、それ以上であれば米消費の一段の伸びが期待され、ややドルは買われやすくなろう。ただ、すでにドル/円は一目均衡表(日足)の「雲」のなかに潜り込んでおり、当面はもみ合いが続きそうである。(01月16日 09:35)
  • 詳細へ
    2015年1月15日
    【徹底解説】イタリア大統領選挙[松崎美子]
    ギリシャに続き、今度はイタリア!! 欧州連合(EU)では、加盟国が持ち回りで、半年間に渡り議長国を勤めます。昨年後半の議長国はイタリア。そのイタリアが、今年1月13日で議長国の任務を終了しました。翌日、1月14日早朝、ナポリターノ大統領が正式に辞任発表したことを受け、ギリシャに続き、今度はイタリアで大統領選が始まります。ここでは、イタリア大統領選について、知っている限りのことを書いてみたいと思います。 イタリア大統領選の仕組み まず最初に、イタリアの大統領はどのようにして選ばれるのか?それについて説明しましょう。 ・投票資格は、議会の上下両院議員に加え、各州代表者3名(ヴァッレ・ダオスタ州のみ1名)の合計:1,009人に与えられる ・第1回目から3回目までは、議決定数は、合計人数の3分の2(673票)以上が必要 ・第4回目からは、過半数(505票)以上となる ・秘密投票であるため、議長の前に設置された投票箱に自分の手で投票用紙を入れる ・投票順序は慣習に基づき、上院⇒下院⇒州代表の順 つまり、ギリシャの時のように、投票回数に制限がありません。とにかく過半数に達するまで、延々と投票が続き…
  • 詳細へ
    2015年1月13日
    投資【超】初心者必見!!「FXと株」の違い[国府勇太]
    「投資をやってみよう!」と思い立ったはいいものの、株、投資信託、FX…世の中にはいろいろな金融商品があり、説明も難しいものが多いです。そこで、今回ワイジェイFXの現役ディーラーが2つの人気金融商品、株とFXの違いについて徹底解説します。 株とFX、3つの違い 株とFXの違いを、初心者でもわかりやすく、以下の3点に集約してみました。 1.取引所 2.取引時間 3.流動性 決して難しくはないので、ひとつずつ見ていきましょう! 1.取引所 まず違うのが取引所の有無です。 株は”東証”に行っても買えない そもそも皆さん、株ってどこで買えるか知っていますか? 例えば、あなたがヤフーの株を買いたいと思ったとします。 その場合、まずは証券会社(野村証券やSBI証券など)に口座を開設する必要があります。そして、その株の売買が行われている「もと」が「証券取引所」という取引所です。私たちのような一般の人が買うには、証券会社を「通じて」これらの株を買うことになります。(僕は中学生のころ、東証に行けば株を買えると思っていました(笑)) たとえば、ヤフーの株は「証券取引所」の一つ、「東京証券取引所(いわゆる東証…
  • 詳細へ
    2015年1月13日
    ギャンブルから学ぶFX〜バカラ攻略編〜[井上敦禎]
    自身と根拠に基づく攻め際・引き際を学ぶべし バカラ攻略は「FX」に置き換えた場合、参考になるのだろうか?職業柄、ついそんなことを考えてしまうが、やはりギャンブルは次に引くカードの偶然性に成り立つゲームであって、FXのように世界の経済から成り立っている為替変動とは同じテーブルで語るものではないというのが結論だ。もし、参考にするならば掛け方、つまりポジションの取り方である。「見(ケン)」という言葉が頻繁に出てくるのだが、自信、根拠のないときには目の前のゲームに参加しない、ポジポジ病の戒めぐらいにはなるかも知れない。 攻めるべきところと、引くところ、そんな勝負に対する感覚っていうのは本書から学べるところもあるはずだ。ギャンブルをしないし興味もないという人にもお勧めの秀逸作品である。(代表 井上敦禎)
  • 詳細へ
    2015年1月12日
    ユーロの下落が加速!3つの重荷を抱えまだ底は見えない[雨夜恒一郎]
    ますます底が見えないユーロドルの次の下値は… 予想通り先週もユーロ安に歯止めがかからず、ユーロドルは一時1.1754ドルと9年ぶりの安値を示現。ユーロ円も140.57円と2か月ぶりの安値を付けた。ギリシャの政局不安はユーロ圏離脱懸念に発展し、1.20ドル台割れのトリガーとなった。またECBの追加緩和観測が高まる中、ユーロ圏12月の消費者物価指数が前年比-0.2%と予想の-0.1%を下回り、ECBの追加緩和が一段と高まった。ユーロ圏11月の生産者物価指数も前年比-1.6%と予想の-1.4%を下回った。さらにパリの新聞社でイスラム過激派による銃撃テロ事件が発生したこともユーロ敬遠を招いた。容疑者の2名は本稿執筆時点(1月9日)でなお逃亡中だ。 最新のギリシャ世論調査によると、野党・急進左派連合(SYRIZA)の支持率は与党・新民主主義党(ND)を数ポイント上回っており、政権交代の可能性は依然高い。SYRIZAのツィプラス党首はかねてユーロ圏から離脱しないと言明し、メルケル独首相も「ギリシャのユーロ圏残留を望む」と述べているものの、一部では「ドイツ政府は必要な場合ギリシャのユーロ圏離脱を容認…