FXの五十日トレード[Sarah]

五十日ってご存知ですか?

FXをやっているとよく目にする「五十日」ってご存じですか? 毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日、または月末といった日のことで、日本では、これらの日に決済を行う企業が多いそうです。証券市場でも、五十日は米ドルなどの外貨買いの需要が高くなり、仲値が高めになる傾向があるといわれています。

私は毎回、この五十日を狙ってスキャルピングをするのですが、その勝率は8割を超えます。五十日トレードを始めたのはもう5年以上前からですが、私のブログ上で、去年から毎回トレード結果を掲載しています。今回は、その五十日トレード手法についてちょっとだけお教えします。

五十日トレードルール

以下が五十日トレードのルールです。
★時間足:5分足
★通貨ペア:「米ドル/円」もしくは「ユーロ/円」
★取引時間:午前11時前後
【エントリールール】
●11時直前に10pips以上の上昇がみられたとき。
●11時前後の動きをみて、ショートエントリー。
【イグジットルール】
●エントリー後、1時間以上経過しても動かなかったとき(損切りor利食い)。
●5~10pipsの利が乗ったとき(利食い)。

要するに、五十日によくある“米ドルが買われる〟という動きが確認できたら、一服する時間帯である11時前後で逆張りショートをする、ということです。

ショート1本でトレード

よく、五十日は米ドルが買われるから、「米ドル/円」をロングするんじゃないの? って聞かれるんですが、そういったトレードは私はやりません。 なんで仲値が決まる10時に取引しないの? とも聞かれますが、10時、11時共に検証したうえで、11時に決めました。

米ドルが買われるはずだから、東京時間が始まる9時過ぎ辺りから事前にロングを仕込もう! という発想は、私はギャンブルだと思うんですね。なぜなら、本当に買われるかどうかなんて動いてみないとわからないから。だったら、逆に米ドルが五十日の影響で買われたのを見計らって、決済のタイミングに乗っかる、「後出しジャンケン」のほうが、より確実で優位性が高いのではないか! というのが私のセオリーです。

「そうなるはずだ!」に乗っかるのではなく、「そうなったよね!」に乗っかるんです。逆に、「そうならなかった」場合、乗っからなければいいだけ。 なので、月6回ある五十日チャンスのなかで、半分はノーエントリーとし、実際にエントリーできるチャンスというのは2~3回程度です。

五十日トレード取引結果

【表1】2014年の五十日成績

【表1】2014年の五十日成績

2014年五十日トレード結果まとめ

表1が2014年のトレードの結果です。2015年もリアルタイムで毎回、記事のアップをしていますので、ブログを御覧ください(トレーダーSarahのFX日記)。

五十日トレードのコツ

一番大事なのは、エントリーのタイミングではなく、ノーエントリーの見極め方です。

先程もいいましたが、月平均トレード回数3・08回ということは、月6回あるチャンスのなかで、半分はノーエントリーということになります。月によっては、1回のみエントリー、というときもあります。これくらいだったらエントリーしてもいっか、とフィルターを甘くしてしまいがちになりますが、心を鬼にして、ノーエントリーにします。連続してノーエントリーが続くと、しびれを切らしてエントリーしちゃいたくなっちゃうんですけどね。ここは我慢。

これができれば、案外さっくり取れるときはとれるので、勝率が上がります。ぜひ、チャレンジしてみてください。

※この記事は、FX攻略.com2015年11月号の記事を再編集したものです

Sarahさんの著書紹介

「トレーダーsarahが教える FX 7つの成功☆レッスン」 Sarah

筆者はFXで生計を立てている、FX攻略でもおなじみのトレーダー。大判サイズで見やすいチャートもたくさん入っており、FX取引の参考になります。「FXはギャンブルじゃありません。ちゃんと儲かるやり方があるのです。初心者にこそ見てほしい」という筆者のコメントの通り、初心者向けの1冊です。

Sarahの写真

Sarah(さら)

FXトレーダーとして、米紙ウォールストリートジャーナルや、テレビ東京『ガイアの夜明け』等メディアからの取材を数多く受ける。トレードをする傍ら、FXや暗号通貨(リップル)、九星気学のセミナー講師、コラムニストとしても活動中。著書『トレーダーsarahが教えるFX7つの成功☆レッスン』(宝島社)、『わたし、すっぴんジャージで億稼いでます。』(幻冬舎・新刊)。

公式サイト:トレーダーSarahのFX日記

twitter:https://twitter.com/sarahfx1