フリーアナウンサーうちだまさみさんに聞きました!【FOREX NOTE】私が愛用する理由[FX攻略.com編集部]

FOREX NOTEを使い続けること約10年という、うちだまさみさん。

仕事のスケジュールはスマホで管理するけれど、FXに関してはこの手帳にこだわっているのだそう。 果たしてどんなところに魅力を感じ、どんな使い方をしているのでしょうか。

内田まさみの写真

内田まさみ(うちだまさみ)

フリーアナウンサー、フリーライター。ラジオNIKKEIで数々の経済、投資番組を担当。

FOREXNOTEの魅力とは? 

─FOREXNOTEの魅力は何でしょうか?

うちだ カレンダーに経済指標のスケジュールがまとめられているので、手帳を開いたときに、その日やその週の予定、注意すべき時間帯がぱっと把握できるんです。

経済指標ってネットで確認できるんだけど、その一手間が面倒だったり、油断して忘れたりするときもあるじゃないですか。その点、毎日使う手帳ならば、必然的にチェックできますから、指標を忘れて後悔することが防げます。

それと、日記をつけるには手で書き記すという行為が伴いますから、メモした事柄が記憶に残るようになります。デジタル文書を保存するのとでは、覚え方が断然違うんですよ! 

経済ニュースをメモ!ペンの使い分けがポイント


うちださんのFOREXNOTE。

─具体的に、どのような使い方をしていますか?

うちだ 左ページの週間カレンダーには、経済指標の結果についてのメモをつけ、良かった場合はピンク、悪かった場合は黄色のマーカーを引いています。そうすることで、過去を振り返ったときに、指標の善し悪しや変遷も確認できるようになります。

右ページの方眼ノートには、為替に影響を及ぼすニュースを記しています。ここに私のこだわりポイントがあって、ニュース内容によって6色のペンを使い分けているんです。米国のプラス要因なら赤、マイナス要因なら青。EUや英国を合わせた欧州はオレンジと緑、日本を含むアジア諸国は茶色とネイビー、といった具合。

こうして色分けするとどうなるかというと、手帳を開いたときにファンダメンタルズ的な力関係が見えてくるんです。例えば赤と緑の文字列の占める割合が多ければ、ドルが強くユーロが弱い地合いである…と瞬間的に判断できるわけです。

その日その日に記したニュースは、どんな影響があるか分かりにくいものもありますが、それらが後になって結びついて、相場の潮流や転機を理解できるようになるんです。もともと私はファンダメンタルズが得意ではなかったんですが、ニュースを取捨しながら手書きすることによって、内容がどんどんと頭に蓄積され、苦手意識を克服できました。

「自分が重要だと思うこと」ではなく「苦手にしていること」を書く

─これから2018年版を使おうとしている方へ、メッセージをお願いします。

うちだ 私は「自分が重要だと思うこと」ではなく、「苦手にしていること」を書くようにしています。重要だと思うことは記憶に残りやすいですから、わざわざ書き記さなくても良いでしょう? 無駄は省く(笑)。でも、覚えておくべきなのに覚えておけないことを書くなら、きっとトレード力向上になるはずです。

それと、長続きさせるためには、無理をしてはダメ。ストレスを感じないような使い方をすることが大切です。それなので、最初から目標を高く設けずに、まずは小さなことから始めてみてはいかがでしょうか。手帳を開くだけで、経済指標がチェックできます。これを毎朝の日課にするだけでも、とても意味があると思います。

相場の転機が分かった! 実例を紹介


※画像をクリックすると新規ウィンドウで大きい画面が表示されます。

9月4日からの週は青文字が多かったものの、9月11日の週からは赤文字が増え、ドルが強い地合いに変わったと分かります。チャートでもその変化は明らか!

FOREX NOTEの購入方法

為替手帳「FOREX NOTE」は2017年11月15日から好評発売中。全国の書店、ネット書店で購入することができます。 

取り扱い書店・ネット書店の確認は「FOREX NOTE 2018 為替手帳」公式サイトをご覧ください。 

FOREX NOTE公式サイト

内田まさみの写真

内田まさみ(うちだ・まさみ)

1998年にラジオNIKKEIへ入社。「経済情報ネットワーク」「東京株式実況中継」等の株式情報番組を担当し、その後はフリーに転身。現在はラジオNIKKEIや日経CNBCの番組パーソナリティを務める他、ライターとして複数のメディアに記事を執筆するなど、多方面で活躍中。2017年11月には、初の著書となる『FX億トレ!7人の勝ち組トレーダーが考え方と手法を大公開』を刊行した。
ラジオNIKKEIで出演中の番組/ザ・マネー(月~金15:10-16:00 毎週月曜日担当)、投資戦略ラジオ きらめきの発想(毎週火曜日14:30-15:00)、シグナルトレードファクトリー(毎週火曜日16:00-16:30)、ザ☆スマートトレーダーPLUS(毎週木曜日16:00-16:30)、夜トレ(金曜日21:30-22:30 隔週で担当)。 日経CNBCで出演中の番組/夜エクスプレス(月~金21:00-22:40 毎週木曜日担当)、不動産投資ラボ(20:15-20:45 毎週金曜日他) 現在連載中の雑誌やサイト等/『Forbes JAPAN』(リンクタイズ)、『東洋経済オンライン』(東洋経済新報社)、『All About(FX担当ガイド)』(オールアバウト)

Twitter:https://twitter.com/uchida_masao

FX攻略.com編集部 | インタビュー | 今すぐ役立つ!FX最新情報 | 内田まさみの最新記事
FX攻略.comの編集部員がゴールデンウェイ・ジャパンのオリジナルスマホアプリ(ライブ口座版)を実際に使ってみた!
ユーザー大幅増!いま、一番勢いがある!?自動売買「インヴァスト証券のトライオートFX」はなぜ荒れ相場を味方にできたのか?[FX攻略.com編集部]
山中康司氏特別インタビュー 裁量トレード&シストレ兼用の相場分析術「ボリンジャーバンド1つでこんなに相場が見える!」
FXトレード作戦室|第13回 自動売買が意外にもFX初心者向けな理由[FX攻略.com編集部]
FXトレード作戦室|第12回 トレンドを追いかける2種類のフォーマット[FX攻略.com編集部]
FXトレード作戦室|第11回 なぜ人は損切りができないのか[FX攻略.com編集部]
FXトレード作戦室|第10回 ノウハウだけでなぜ勝てないのか[FX攻略.com編集部]
FXトレード作戦室|第9回 FX取引にたくさんの画面は必要なのか?[FX攻略.com編集部]
FXトレード作戦室|第8回 デモトレードの前に検証していますか?[FX攻略.com編集部]
FXトレード作戦室|第7回 FXではレンジ相場が通常モード[FX攻略.com編集部]
FXトレード作戦室|第6回 テクニカル指標は全能にあらず[FX攻略.com編集部]
本質的な値動きのみを表示し売買シグナル表示&メール通知!練行足MT4インジケーター サインありver.(※1)応募者もれなくダウンロード
プロトレーダー×天才プログラマーが偶然発見した未来予測サイン 天井と大底を人工知能が当てる!AIインジケーター(※1)を無料ゲット!!
相場の方向もエントリーポイントもシグナル点灯で一目で分かる!「WBRインジケーター&シグナルインジケーター(※1)」応募者もれなくダウンロード
副編集長鹿内よりFX攻略.com卒業のご挨拶