FX力を鍛える有名人コラム

ドル円は視界不良!当面は売り好機となるか[井口喜雄]

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

特別な円高材料があったわけでないにも関わらず、投機筋の果敢な下攻めが功を奏した格好となって米ドル/円は100円の大台を割れて99.53円まで下値を拡大しました。ダドリーNY連銀総裁が「9月の利上げはあり得る」と発言したほか、複数の連銀総裁がタカ派的な発言をしたことで何とか100円台には回復しているものの、当面の間、下値警戒姿勢は強めておくべきでしょう。

米ドル/円は100円を割れたことで円売り介入が意識される水準になっており、政府関係からも「投機的な動きには対処する」といった発言が聞こえるようになってきました。しかし、直近の値動きを投機的ととらえるには無理があるほか、国際的に今の米ドル/円の水準が円高とは見られておらず、実弾介入するには相当ハードルが高いでしょう。おそらく介入警戒レベルはもう少し下にあり、現水準では口先介入にとどまり、米ドル/円は介入に対する催促相場が続くと考えられ、引き続き弱気バイアスをもって臨むのがよさそうです。

ただし、一点注意しなければならないのがAI(人工知能)の動向です。「介入」というワードに対して「介入=買い」と売買を紐づけており、一定量のワードが確認できれば秒間に数百回という容赦のない売買をしてきます。突っ込みすぎて思わぬカウンターパンチをもらわないよう、ある程度のところではストップを入れておいたほうが賢明です。

イベントでは本日の深夜にFOMC議事録が公表されます。昨日複数の連銀総裁がこのタイミングでタカ派的な発言をしたことを調整のためと考えると議事録は予想以上にハト派的な内容となっている可能性はあります。とはいえ、8月26日にジャクソンホールで予定されているイエレン米連邦準備理事会議長の講演を控えており、値動きはある程度限定されるのかなと思っています。

中期的な米ドル/円の展望にも変化はなしです。日銀金融政策の限界、米利上げペース鈍化、トランプリスク、欧州や中国リスクと円高材料には事欠かない状況下であります。再びの100円割れを意識しつつ、戻りがあれば売っていくのが基本シナリオとなりそうです。

テクニカル面でもダウントレンドは明確で、上値は分厚い雲に覆われていることがわかります。短期的なレジスタンスはもみ合いが続いた100.70~80円付近でこの水準があれば戻り売りを狙ってみるのも面白そうです。一方、下値はこれと言ったサポートがなく、心理的な節目の100円も既に割れていることで意識されることはないでしょう。下値余地は大きめにとっておきます。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい