FX力を鍛える有名人コラム

米ジョージア州下院選共和党勝利が意味すること[阪谷直人]

2018年の中間選挙に向け、与党・共和党の強さを図るバロメーターとして注目されていた米ジョージア州下院補欠選挙の決選投票で、共和党のハンデル候補が勝利、共和党議席を守りました。

この選挙区は40年近くにわたって共和党が議席を占めてきましたが、ロシアゲート疑惑でトランプ大統領の支持率が低下する中、予想外の接戦となっていました。もともとこの補欠選挙は、前議員がトランプ政権の厚生長官に就任した事に伴う選挙なので、本来であれば大幅な楽勝であってしかるべきものでした。

トランプ大統領が就任後に行われた補欠選挙は、

●ジョージア州下院補欠選挙(共和党地盤)
●南部サウスカロライナ州下院補欠選挙(共和党地盤)
●カンザス州下院補欠選挙(共和党地盤)
●モンタナ州下院補欠選挙(共和党地盤)

で、全て共和党の勝利となっていますが、その意味は大きく、

1.民主党が共和党支持基盤の強い地域では、共和党の地盤を覆せないことを証明した事
2.一方でこれらの共和党地盤の各州はもともと強固な盤石な共和党地盤であったにも関わらず、かなりの僅差にまで追い上げられていて、今後の政局、特に2018年の中間選挙に向け与党・共和党にかなりの警告・警戒を与えました。

結論としては、

「トランプ大統領は、早急にその求心力を強める必要がある」

という政治的な課題が明らかになりました。

今、市場・投資家の間では、支持率・求心力の低下しているトランプ大統領について、法的な退位、合法的な罷免を政権メンバーが行うのではないかと噂されていて、米国の政治不安も加速するかもしれず要警戒です。

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい