FX力を鍛える有名人コラム

日銀緩和催促モードで円売りどこまで?[雨夜恒一郎]

ドル円大幅上昇、4月1日ぶり高値更新

先週の米ドル/円相場は大幅に上昇し、111.81円と4月1日以来の高値を示現した。きっかけとなったのは、ブルームバーグが関係者の話として報じた「日銀が当座預金に対するマイナス金利の適用拡大とあわせ、金融機関向けの貸し出しにもマイナス金利適用を検討している」とのニュース(ブルームバーグのサイトはこちら)。

「関係者」が日銀に属する人物なのかは不明であり、ニュースの内容も甚だあいまいなものだったが、ニュースが英語で報道されると、海外勢が敏感に反応して急激な円売りの動きとなった。

熊本地震で大きな被害が発生していることもあり、市場心理はもともと「緩和催促モード」になっていた。今週水・木曜日には日銀金融政策決定会合が開催されるが、こうなってくると日銀としては「ゼロ回答」で市場を失望させるわけにはいかず、何らかの追加緩和措置を打ち出さざるを得ないだろう。少なくとも結果が判明する木曜日まではドルを売りづらくなった。

IMM通貨先物の取組を見ると、投機筋の円の買い越しは4月19日時点で約7万2千枚と過去最大規模に膨らんでいる。株安・リスクオフを背景に、投機筋は年初から円買いを仕掛けていたが、先週一週間で米ドル/円が4円あまり上昇したことで大きな痛手を被ったはずだ。日銀の追加緩和の内容次第では、この巨大なポジションが巻き戻され、米ドル/円の上昇余地がさらに拡大する可能性もある。

日経平均先物は猛反発、原油も上昇

円相場と連動して日経平均先物も猛反発し、17500円台と2月以来の水準へ回復している。昨年度(2015年4月~2016年3月)日本株を7年ぶりに売り越した外国人投資家も、今年度に入ってわずかながら買い越しに転じている模様だ。

また世界的な株安の元凶となった原油安も一服し、先週はドーハ会合物別れにもかかわらず44ドル台と昨年11月以来の水準へ上昇した。今年の1~3月に進行した原油安・株安・円高の負の連鎖が断ち切られ、原油高・株高・円安の好循環に再び入っていけるかどうかも注目となる。

弱気局面終了の可能性は?

テクニカルには、年初からの下落時に節目となった110-111円をあっさり突破したことで、弱気局面が終了した可能性が高くなった。ただし2月から3月にかけて110-115円のレンジで長くもみ合ったことを勘案すると、ここからの抵抗感は次第に強くなってくると予想される。

一目均衡表を眺めると、今後は先行スパンの雲が低く分厚く垂れ込めてくる。最短であれば、この先行スパンの下限とぶつかる112円台ミドルで反発が息切れとなってしまう可能性もある。上昇トレンドの確度が高まるまでは、いつでも逃げられるよう半身の体制で臨むのが得策だろう。

米ドル/円・日足一目均衡表 これから先行スパンが垂れ込めてくる

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
あなたに最適なFX会社・取引口座を見つけよう!!
【FX会社比較】10年以上FX専門誌を発行してきたFX攻略.com編集部が調査しました

「これからFXを始めよう」と思ったとき、意外と悩んでしまうのがFX会社、取引口座選びではないでしょうか? でも大丈夫。ご安心ください。先輩トレーダー達も最初は初心者。みんなが同じ悩みを通ってきているんです。

10年以上にわたってFX月刊誌を出版してきた老舗FXメディア「FX攻略.com」編集部が、FX用語を知らない人でもわかるようにFX会社、取引口座のポイントを解説しました!

取り上げているFX会社は、金融商品取引業の登録をしている国内FX業者です。口座開設は基本的に無料ですので、まずは気になったところで2〜3つ口座開設してみて、実際に比べてみてはいかがでしょうか

\FX会社によって違うところをチェック/

スプレッドFX取引における取引コスト。狭いほうが望ましい。
約定力狙った価格で注文が通りやすいかどうか。
スワップポイント高水準かどうか。高金利通貨の取り扱いの数。
取引単位少額取引ができるかどうか。運用資金が少ないなら要チェック。
取引ツール提供されるPC・スマホ取引ツールの使いやすさ。MT4ができるかどうか。オリジナルの分析ツールの有無。
シストレ・自動売買裁量取引とは別に自動売買のサービスがあるかどうか。
サポート体制サポート内容や対応可能時間の違いをチェック。
教育コンテンツ配信されるマーケット情報や投資家向けコンテンツの有無。
キャンペーン新規口座開設時や口座利用者向け各種キャンペーンの内容。

FX会社を比較・検討
したい方はこちら >>
FX会社を一社ごとに
見たい方はこちら >>

あわせて読みたい