FX最新情報

世界を驚かせた米国大統領選挙。乱高下をくり返した外国為替市場でのトラリピのパフォーマンス!

トランプ相場の投資成績はいかがでしたか?

すべてのFXトレーダーが注目していたといっても過言ではない、2016年11月9日の米国大統領選挙、みなさんはどのようなトレードをしていましたか? 上のチャートは、米国大統領選挙とその後の「米ドル/円」の値動きです。あとから振り返ってみると、はっきりした上下動、明確なトレンドが発生しており、トレードしやすい展開に見えるかもしれません。

ところが実際にこの流れに乗ろうとしたものの、値動きと変動幅の急激な変化についていけず、損失を出してしまった方、あるいは、相場に乗り遅れてしまっている方も多いのではないでしょうか。

実はここに、裁量(手動)トレードの難しさがあります。値動きのペースが急激に変わるような大相場になると、対応が後手に回りがちで、買ったら下がって損切り、売ったら上がって損切りという、二重に損をしてしまう危険性が高いのです。

FXの極端な値動きをしっかりカバーする

マネースクエア(M2J)の発注管理機能であるトラリピであれば、設定範囲内に等間隔にイフダン注文を仕掛けるため、いきなり乱高下する展開になっても、設定範囲内の売買チャンスを逃しません。

下にデータとしてまとめていますが、米国大統領選挙のその後の相場で、「米ドル/円」のトラリピは約3週間でおよそ57万円もの利益を出しています。また、他の通貨ペアでは、それ以上の利益となったケースもありました。

これはまさに、米国大統領選挙当日の急激な上下動をしっかりとカバーして利益確定を繰り返し、さらにその後のほぼ一直線の上昇をもとらえた結果です。実際に大相場が起きてからでは間に合わないので、事前にトラリピを仕掛けておくことをおすすめするとともに、併せてロスカットリスクをはじめ、為替レートが○○円になったら○○円の損失といった、トラリピでの価格変動リスクを把握することが運用する上で大きなカギとなるでしょう。

ご注意
当記事に掲載しているトラリピのパフォーマンスはあくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の通貨の購入・売却を勧誘するものではなく、その正確性・安全性等を保証するものでもありません。また取引の安全性を保証するものでもありません。
パフォーマンスの結果には、手数料、スプレッド、週初・メンテナンス明けの約定ルール、自動取消機能および再設定機能を考慮して計算されております。ただしパフォーマンスの測定レートは参考値のため、実際のレートとは異なるケースがあります。

↓↓ 公式サイトでトラリピの魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

トラリピとは?

「○○円で買って、△△円で売る」といった指値注文を複数発注でき、さらに決済注文成立後は同じ指値注文を自動で繰り返してくれる発注管理機能のことです。

米ドル/円における米大統領選weekとその後の値動き

約3週間でおよそ57万円の利益!

約3週間という短い期間で57回ものリピートが発生しているのは、米国大統領選挙による乱高下と、その後の上昇トレンドにうまく乗れたことが要因。

\GogoJungleで売れ筋投資商品を探そう!/

トランプ相場から見えたトラリピの強み

・トランプ相場のような乱高下の局面でも、あなたの代わりにリピート機能が売買チャンスを逃さない。
・上がるか下がるかではなく、これから上下しそうな範囲を予想する。
・一度発注すれば再発注の手間がかからないから運用に時間を取られない。
・決済トレールを使えば、上下動だけでなくトレンド相場で利益の極大化をねらうことも可能。

↓↓ 公式サイトでトラリピの魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

マネースクエア 会社情報

・金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2797号
・【加入協会】  日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会
・ホームページ http://www.m2j.co.jp
・FXカスタマーデスク 0120-455-512
・受付時間 9:00〜22:00  ※土日除く
・口座開設に関するお問い合わせ〈受付時間〉9:00〜18:00  ※土日除く

【当社サービスに関しての注意事項】
■お取引に関しての注意事項  取引開始にあたっては契約締結前書面をよくお読みになり、リスク・取引等の内容をご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願いいたします。  当社の店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引は、元本および収益が保証されているものではありません。また、取引総代金に比較して少額の資金で取引を行うため、取引の対象となる金融商品の価格変動により、多額の利益となることもありますが、お客様が差し入れた証拠金を上回る損失が生じるおそれもあります。また、各金融市場の閉鎖等、不可抗力と認められる事由により外国為替取引や株価指数取引が不能となるおそれがあります。  店頭外国為替証拠金取引における取引手数料は価格上乗せ方式で、新規および決済取引のそれぞれに徴収いたします。手数料額は1,000通貨単位当たり10~100円(対ドル通貨は0.1~1ドル)で、通貨ペアおよび諸条件により異なります。取引所株価指数証拠金取引における委託手数料は注文が成立した日の取引終了後の値洗い処理終了時に証拠金預託額より、新規および決済取引のそれぞれに徴収いたします。手数料額は、通常1枚あたり片道300~500円に消費税を加えた金額です。  当社が提示するレートには、買値と売値に差(スプレッド)があります。流動性が低くなる場合や、天変地異または戦争等による相場の急激な変動が生じた場合、スプレッドが広がることがあります。  店頭外国為替証拠金取引に必要な証拠金額は、個人のお客様の場合取引総代金の4%、法人のお客様の場合取引総代金の2%です。取引所株価指数証拠金取引に必要な証拠金額は、商品ごとに当社が定める1枚当たりの必要証拠金の額に建玉数量を乗じる一律方式により計算されますが、1枚当たりの必要証拠金額は変動いたします。  発注管理機能である『トラップトレード®』『リピートイフダン®』『トラップリピートイフダン®』『ダブルリピートイフダン®』は取引の利益を保証するものではありません。投資判断はお客様ご自身にて行っていただきますようお願いいたします。また、同一金融商品で複数の『ダブルリピートイフダン®』を入れる、またはすでにポジションを保有する金融商品で新たに『ダブルリピートイフダン®』を注文すると両建て取引となることがあります。 ■ライセンサーに関する注意事項 「日経平均株価」は日本経済新聞社が、「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)」はS&P DOW JONES INDICESが、「DAX®」はドイツ取引所が、「FTSE100」はFTSEが、知的所有権等一切の権利を有します。各ライセンサーは本商品のスポンサー、保証、販売促進を行っておらず、東京金融取引所の株価指数証拠金取引に一切の義務ないし責任を負うものではありません。

※この記事は、FX攻略.com2017年2月号を転載したものです

ABOUT ME
FX攻略.com編集部
FX攻略.com編集部
日本で唯一の月刊FX情報誌『月刊FX攻略.com』を2008年から10年以上発行してきた編集部です。
トレイダーズ証券 みんなのFX
月額980円で一人前の投資家を目指す〜マネーアップ〜
マネーアップのお知らせ

「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービス。投資系ECメディア「GogoJungle」で展開しています。

有名トレーダー達のトレード手法、トレードロジックなどの記事や動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のほぼすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。

初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学べます。

マネーアップ収録FX・投資動画イメージ

まずは200以上あるFX・投資動画のラインナップをご確認ください!

初月0円キャンペーンについて >>収録コンテンツを今すぐ見る >>

あわせて読みたい