FX力を鍛える有名人コラム

  • 詳細へ
    2015年5月20日
    マーケットのテーマを探る[松崎美子]
    今年に入ってからのマーケットの主要テーマは、「アメリカの利上げ時期」、そして、「ギリシャ危機」の2つであったと私は認識しています。しかし、ここ1カ月くらいは、この2大テーマに加え、【原油価格の動向】が、大きく相場を左右するようになりました。 原油価格とドルの関係 2014年6月に高値をつけて以来、下落に下落を重ねてきた原油価格。この原油価格と正反対の動き(逆相関関係)をするドルは、原油の下落に歩調を合わすかのように、上昇につぐ上昇を重ねてきました。 原油データ:米エネルギー情報局(EIA) ホームページ ドル実効レートデータ:米FRBホームページ しかし、今年3月18日に実施された米連邦公開市場委員会(FOMC)で、「利上げ時期後退の可能性」や「ドル高の弊害に関する言及」が飛び出したことを受け、それを嫌気したマーケットでは一気にドル売りが噴出したのです。ドルの動きと逆相関関係にある原油価格は、このFOMCからの発表を受け、下落がピタッと止みジリジリ上昇に転じたのです。 原油価格に影響を与えるのは、ドルの動きだけではありません。やはり、商品価格ですので、一番影響を与えるのは需給の関係です…
  • 詳細へ
    2015年5月19日
    失敗トレードでも、こんな気分転換ができるのもFXトレーダーの特権!?[木里ゆう]
    昨日はFXトレード・フィナンシャルさんのらくらくFXで2連勝したものの、通常トレードでは上の履歴のような感じで普通にマイナス こんなときは気分転換だと、髪の毛の色に変化を加えてきました。ピンクブラウンからアッシュ系に♪ 髪のカラーやピアス、ネイルが好きな方やバンドマンにも、自由な身なりで技術次第で稼げるFXはオススメかもですね。
  • 詳細へ
    2015年5月18日
    動かないドル円相場。ボラティリティーに低下余地[雨夜恒一郎]
    当面ボラティリティーの低下に賭ける公算が大きく、値幅は一段と縮小する可能性が高い 「米ドル/円」相場はこう着が続いている。今年3月に122.03円の高値をつけた後は、徐々に振り幅を縮小する展開となっており、とくに、ここ1カ月の値動きは118円台ミドルから120円台ミドルとほぼ2円の値幅に収まる。 米国の利上げ見通しに変わりはないものの、このところの景気指標の下振れで早期利上げの可能性は大きく後退しており、ドルの上値を積極的に買い進むムードにはない。また、日本では、日銀が追加緩和に慎重な姿勢を示しており、2%のインフレ目標の達成時期も事実上先送りされた。日本の貿易赤字も縮小に転じており、円売りにも力が入りにくい。日米の景況感や金融政策動向の格差から見て、ドルが大きく下げるとは考えにくいが、ドル買い・円売りとも決定打を欠く状況であり、当面は現状レベルでのもみ合いを想定して臨むのが賢明であろう。 動かない相場は儲けのチャンスが少ないと考えがちだが、発想を変えれば、トレード機会はいくらでもある。下の図は4月以降の「米ドル/円」のチャートだが、119-120円を中立ゾーンとし、120円以上を売り…
  • 詳細へ
    2015年5月18日
    【レンジは続く】現役ディーラーが教える今週のドル円見通し[国府勇太]
    最近のドル円、パッとしませんね。一般にディーリング部は相場が荒れるとものすごく忙しいのですが、最近は比較的のんびりしています。ただ、相場の変動はいつも突然です。 まずは、先週のドル円の動きから 先週120.50円と119円のレンジ内での勝負といいましたが、まさにその通りの展開。結局節目である120.50円を抜けることはありませんでした。 今週の見通しは? 今週もテクニカル的にはレンジの動き。先週高値の120.275円と、安値118.889円での動きがポイントです。 先週の下値よりもレンジ幅が若干下がっている(119円→118.889円)点に注意です。ただ、より大きく稼ぎたい人はレンジを抜けてからが勝負。辛抱強く待ちましょう。 見通し悪い相場なので無理をしないように十分注意してください。ポジポジ病の一番の処方はチャートを見ないことなのです。しかしそれだとチャンスを逃していやだという人はアマウントを減らすことをお勧めします。 プロディーラーでも自信によってアマウントを調整します。例えば、1000通貨でやると心理的負担が少なくいろいろなトレードを試せるのでおすすめです。(1円動いても1000…
  • 詳細へ
    2015年5月15日
    昨日のユーロ/円はナイストレード!!うれしくて画面公開しちゃいます!![木里ゆう]
    FX攻略.com読者のみなさん、こんにちは。木里ゆうです。 今日はお昼過ぎに黒ちゃんの発言があり、今週もそれなりに利益が出たので余裕を持ってトレードはお休みしました。休むのも相場というやつですね。 昨日のユーロ/円はナイストレードだったので、うれしくて画面出します。朝にOCOをセットして仕事に行くのですが、夕方になる前に50pipsの指し値ヒットで利食い♪ ベストなパターンです。 さて、本日はトレードしないと決めているので、朝から相場の分析をする必要がありません。なので、仕事前にソフトクリームをお箸でいただきました。 このビッグサイズで180円ですからね。たまりません。 来週もトレードがんばります~!
  • 詳細へ
    2015年5月13日
    4月まで勝てていた旧手法を公開!とてもシンプルです[木里ゆう]
    4月の初旬まで使えていた、私の旧手法を公開しておきますね。以前の記事でも書きましたが、使っているツールの仕様変更になってしまい、今はもう同じやりかたができなくなってしまいました。 この旧手法ではFXトレード・フィナンシャルさんの未来チャート、インヴァスト証券さんのらくらくテクニカルを使っていましたが、私はこういう感じでFX会社さんが提供しているサービスをよく利用します。口座を作るだけで使えるのに、高機能かつ見やすいものが多いんです。もちろんこういったサービスを単独で使うだけで勝つことはできませんが、トレードの条件を絞り込むためのフィルタリングとしてはとても有効だと思います。 それでは手順です。 1.FXトレード・フィナンシャルの未来チャートの傾向予測で、上下の相場の方向性を見極める。 ※4月6日のアップデートにより、この傾向予測の機能がなくなってしまいました。 2.インヴァスト証券のらくらくテクニカルでエントリーのタイミングを見る。15分足、30分足、1時間足をチェックし、1.の傾向予測と同じ方向に予測が偏るのを待つ。 3.予測の偏りでサインが出たと判断できたなら、その方向に成行でエン…
  • 詳細へ
    2015年5月13日
    ギリシャ危機とマーケットの反応[松崎美子]
    今週は、月曜日にユーロ圏財務相会合が、火曜日にはEU財務相会合が続けて開催されました。そこでは、またしても「ギリシャ危機」について協議が行われましたが、これといった合意には至らなかった模様です。そもそも2009年にギリシャ債務危機が発覚して以来、マーケットは何度も「ギリシャ危機」に直面し、それなりに対応してきました。そのせいなのかわかりませんが、最近はちょっとやそっとの問題がギリシャで起きても、マーケットは反応しなくなっています。 どうして合意に、これだけ時間がかかるのか? これには数々の意見がありますが、私が考えるには、ギリシャのSYRIZA新政権が国家存続に向けた優先順位を誤ったからではないかと考えています。そこが政治の難しいところなのでしょうが、選挙公約通りに反緊縮政策への転換を優先すべきなのか、何よりもギリシャがユーロ圏に残留することが一番大事なのか、それを考えればおのずと答えは出てくると思います。 以前、著名な投資家であるバフェット氏が、「グループに所属(ユーロ圏)しているのであれば、そのグループのルールを守らなければならない」と発言していますが、本当にその通りだと思います。…
  • 詳細へ
    2015年5月11日
    米欧の金利観に変化!「ユーロ/米ドル」は強気局面入りも?[雨夜恒一郎]
    1.13-1.15ドルを突破すれば、一気に上昇気流に乗る可能性も!? 先週のユーロは一時、対ドルで1.1392ドル、対円で136.00円まで上昇し、2月以来の高値を示現した。ギリシャ支援をめぐる協議に進展は見られないものの、長期にわたる交渉停滞により話題性が低下しており、ユーロ売りの材料としては新鮮味が乏しくなっている。また、ECBの量的緩和開始以来、急低下してきたユーロ圏の債券利回りが、ここにきて大幅に反発したことがユーロのショートカバーにつながった。 一時はゼロ%に迫っていたドイツ10年債利回りは、先週は一時0.8%近くまで跳ね上がった。また、イールドカーブは一時、残存9年までマイナス利回りとなっていたのが、現在は4年までとなっている。ユーロ圏の景況感やインフレ期待が一時より改善し、ECBが量的緩和を予定より早く終了するとの見方が浮上している。そもそも国債利回りが長期ゾーンまでマイナスという事態が異常だったのであり、市場参加者がそれに気づいた可能性もある。債券バブルが破裂し、高値で転売できなくなった債券のババ抜きが始まったとすれば、利回りは当面上昇が続くと見るのが賢明だろう。 ドイ…
  • 詳細へ
    2015年5月11日
    【ポイントは120.50円】現役ディーラーの今週のドル円見通し[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。GWはリフレッシュできましたでしょうか? では、今日も今週のドル円見通しを見ていきましょう。 まずは、先週のドル円の動きから 先週の予想は下げ。結果としては下げましたが、先週120円を超えたらチャート的にはますますわかりづらいと述べたように、120円をしっかり抜ける場面もあり、難しい相場でした。 今週の見通しは? テクニカル的にとても難しい直近のドル円。トレンドがなかなかつかみづらいテクニカルアナリスト泣かせの相場です。あえて、トレードをするとしたらレンジ内での勝負が有効です。 先週高値の120.50円を明確に抜けたらロング。抜けなければ、120.50円と先週安値近辺の119円のラインを壁にトレードするのがいいかと思います。 ただ、難しい相場なので損切はきっちりと。 それでは、今週もリスク管理に気を付けてがんばりましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、…
  • 詳細へ
    2015年5月11日
    家族公認でFX!リビングで相場の分析をしています[木里ゆう]
    昨日は、家族を誘って人気イタリアン店に行ってきました。 私は、家族や友人にオープンにしてFXをやっています。1人暮らしをしながらのトレードよりも、家族がいるリビングでトレードする方が私には合っています。また私の家族は投資や運用に対してとても理解があり感謝。 そういうこともあり、トレードの調子が良かった週の週末には、家族を誘って食事に行ったりしますよ☆ というわけで、今週もがんばっていきますが、あくまでコツコツ、スマホでマイペースに相場を見張っていきます。