FXに活かす経済指標|GDPとは?[月光為替]

GDPとは?

では、今回は実生活・実経済における経済指標の王様、GDPについてお話ししていきたいと思います。

GDPを知らないという方はさすがにいないと思いますが、とりあえず簡単にどういうものかをおさらいしていきます。

GDPとは、Gross Domestic Product、国内総生産の略称で、国内で新たに生み出された付加価値の総額のことです。

まぁ、ものすごくざっくり行ってしまえば、国内でどれだけ新たにお金を生み出したかの指標と考えればいいでしょう。現在各国の経済力を表すもっとも汎用的な指標が、このGDPだと考えられます。

GDPには、価格変動を含めた「名目GDP」と、産出量の変化のみを考慮した「実質GDP」があります。

物価影響を受けない「実質GDP」が基本的には最も実態をよく表していると考えられるので、基本的にその国の成長率を指す場合、実質GDPを指しています。

各国によって発表形式が異なり、例えば、

  • 日本:第一次速報、第二次速報
  • 米国:速報値、改定値、確報値 

というように発表されます。

GDPとの向き合い方

では、どのようにこの指標と向き合えばよいのでしょうか。

基本的な原則としては、今までの指標でもそうでしたが、GDP上昇は国力の上昇につながりますので、その国の通貨高につながります。

なので、素直にポジティブなら通貨高、ネガティブなら通貨安、と考えればよいのですが、実践において、相場ではほとんど動きがありません。

ぶっちゃけた話、先行指標となるものがたくさんありますし、その国の経済環境も基本的には相場の流れとあまりにも乖離するということは起こりにくく、ほとんど相場に影響は与えないと考えて良いでしょう。

GDPをFXに活かす方法とは? 

ではFXの実践において、GDPを見る必要は全くないのかというと勿論そんなことはありません。

ポイントは、基本的にほとんど動かない、というところで、逆にものすごくサプライズが起こると、相場の流れを結構な期間変えてしまうことがあるからです。

サプライズは、コンセンサスに対しての乖離ではかることができます。これがかなり大きい、かつ逆張り的な事態においては、指標結果を見てからの後出しで十分に間に合うくらい相場はゆっくりと動いていきます。

基本的にコンセンサスから大きく外れることもないので注目されないですが、重要な指標であることは確かなので、それが大きく梯子を外されたときにあわててポジションメイクやポジション解消に動く人が多いので、このような事態になりやすいのでしょう。

「逆張り的なサプライズ」のときに限り、指標結果をみてから短期トレードでエントリーしていく、というのがFXにおけるGDPの王道的な使い方だと私は考えます。

では、次回は少し耳慣れない、PMIという指標についてお話ししていきましょう。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]