FX力を鍛える有名人コラム

ローソク足2本を見るプライスアクション – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]

【犬トレーダーがるちゅーぶFXX】[Masato Shindo]]

どうも、がるちゅーぶFXXです。いかがお過ごしでしょうか。今回はプライスアクションをもう一個教えちゃいます。

相場の流れ全体を指してプライスアクションと言う人がいれば、僕のようにローソク足1本、2本を捉えてプライスアクションだと言う人もいます。例えば、僕が4時間足で1本、2本を捉えているときって、5分足、1分足でいったら横軸が長いので、一概にローソク足の本数とか横軸の話ではないとは思うんですが、説明してみましょう。

【関連記事】
プライスアクションって何? – 犬トレーダーがるちゅーぶFXX[Masato Shindo]

ヒゲの長いローソク足が出たら…

プライスアクションは“値動”きのことですよね。それが「トレーダーにどう判断されているのか」っていうことを見ることによって、相場のこれからの展望を考えることができるわけですよ。

プライスアクションっていうのは1つ2つではなく、色々なパターンがある。セックスの体位の数と嫁の愚痴の数より多い。それは自分の洞察力、チャートを見てきた時間のボリューム、気付きがどれだけあったかっていうことなんですよ。

今回はその中の一つを紹介しますので、「ああ、プライスアクションっていうのはそういう風に見ればいいのか」っていう気付きが芽生えたらいいなとは1mmも思っていませんが(笑)、行ってみましょう!

プライスアクションの説明(ヒゲの長いローソク足)

こういうヒゲの長いローソク足があるでしょう。僕はこの次のローソク足がどうできるかを見ているんですよ。次のローソク足が陰線で始まった場合は、陽線で終わることが多いんですよ。逆に、下(売り)から始まったら上がっていくことが多いと僕は思うんですよ、僕はね。知らんよ、みんなは(笑)。

プライスアクションの説明(次のローソク足が陰線から始まった場合)

これが上(買い)から始まった場合になると、ヒゲを埋めようとしてから始まった場合は、最終的に陰線になることが多いですね。

プライスアクションの説明(次のローソク足が買いから始まった場合)

ローソク足が作られる過程をチェック!

このヒゲの長いローソク足に対して、次のローソク足が売りから始まるか、買いから始まるかによって、次のローソク足がどうなるか変わってくるということですね。これを一度、みなさんも意識してみてほしい。こういうローソク足を見つけたら、長いヒゲに対して次のローソク足がどう作られていくのか、その動きを見ていただけたらなと思います。

今回は短いですが、以上でプライスアクションについての説明になります。お疲れ様でございます。

億り犬が教える「FX裁量トレード」Garutube FX

がるちゅーぶFX

投資ECメディア、GogoJungleが運営している投資コンテンツ配信サービス「投資ナビ+」で、Masato ShindoさんがYouTube動画をびしびし投稿中!! 動画の方がもっとFXを笑いながら学べる!? 

「Garutube FX」チャンネルはこちら(GogoJungleのサイトに移動します)

トレイダーズ証券 みんなのFX
あわせて読みたい